白河桃子オフィシャルブログPowered by Ameba

Facebook


Facebookページでも最新の活動をお知らせしています。
 「御社の働き方改革、ここが間違ってます!」
 「ハラスメントの境界線」
 「仕事、結婚、出産、女子学生のためのライフプランニング講座」

白河桃子Facebook 〔日常のこまごました日記がわりです〕
※お友達申請は直接お名刺交換した方に限っておりますがフィード購読は自由ですので、こちらもご覧ください。


連載情報





新刊




ハラスメントの境界線 セクハラ・パワハラに戸惑う男たち(中公新書)


「働き方改革実現会議」の一員として、法改正などの議論の渦中にいる著者の実態調査と最新対策事情。今現在働く男女や、企業の法務担当として活躍する弁護士へのインタビュー、ITでできる最新ハラスメント対策など、“これからの働きやすい会社のかたち”を提案。ハラスメント対策が問われる時代。雇用する側される側の正しい未来像とはなんだろう。「どうすればハラスメントの加害者・被害者にならずに済むのか」を知りたい人必読の1冊。





御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社 (PHP新書)

政府の働き方改革実現会議で有識者議員を務めた著者は、真の働き方改革とは言わば「会社の魅力化プロジェクト」と説く。本書で取り上げた働き方改革先進企業では、改革を経て、低迷商品の売上V字回復、制約社員の活躍、職場の雰囲気改善などの成果が出ている。また、働き方改革は社会も変える。女性活躍・少子化改善・地方創生にも効果を発揮することが分かってきた。第一人者による、新しい働き方の理論とノウハウを徹底解説した1冊。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

連合芳野会長と意見交換

昨日は連合芳野会長と懇談し、新しい資本主義、連合のジェンダー平等施策などについて、意見交換させていただきました!

 

芳野会長は「新しい資本主義会議」の委員なので、「男女賃金格差の開示」が「新しい資本主義のグランドデザイン 実行計画」に入ったのはどういう経緯かうかがったところ「最初は入っていなかった。私が入れました」とおっしゃっていた。

 

連合はすでにクオータ制を入れて「ジェンダー平等」推進に舵を切っています。その議論の際、課題となったところ、ハードル、どうやって合意したのか、また新しい働き方やインターバル規制、労働時間の把握など、話がはずみました。

 

G7の労働組合版L7はすでに女性トップが多数だそうです。

あっという間の貴重な時間、ありがとうございます!

【出演情報】NHK「クローズアップ現代」

昨日はNHK「クローズアップ現代」にスタジオゲスト。白石監督と一緒に安心安全な環境から良い作品が生まれるという話をしました。「ここで断ち切りましょう」という監督の言葉に同意!

 

韓国で良質な作品が生まれアカデミーをとっている。これは韓国がmetooから取り組んできた環境整備の努力と決して無縁ではありません。

 

再放送は下記です。

NHK BS1 2022年6月15日(水)17:30~17:57

※NHKプラスで2022年6月21日(火)まで見逃し配信

封じられてきた声 映画界の性暴力〜被害をなくすために〜 

『第1回・意外と変われる霞が関大賞』グランプリおよび河野太郎賞

『第1回・意外と変われる霞が関大賞』グランプリおよび河野太郎賞は「【2】意外と変われ「て」る!ボトムアップで切り拓く文部科学省改革…文部科学省職員有志」でした。おめでとうございます!

「有志x担当部署の連携がポイント」で、スラック、ボックス伝道師とシステム担当課がスラック、ボックスを使いこなし「63問の国会対応をその日のうちに終える」ことが可能に。これは素晴らしい。

 

小室淑恵賞は和歌山県にある総務省のデータセンター。「統計データ利活用センターにおける業務見直しのチャレンジ…統計データ利活用センター一同(総務省)」移転したことでリモートな働き方にコロナ前から対応し残業なしを達成。さらに「やめる仕事をやめ切る」ことが評価の対象に。「いらない帳票を廃止(年間712.7時間の業務量削減)」しています。また60点主義で、完璧主義をやめ、心理的安全性のものにまずは60点でやってみる。改善しながら3回回すと3回目には90点以上になるそうです。

 

千正康裕賞(株式会社千正組代表取締役/元厚労省官僚)は、「中途採用をきっかけに多様な人材が新しい社会を創り出す霞が関へ…ソトナカプロジェクト(有志)」。

霞ヶ関の中途採用は1%。それも民間から給与が下がってもきてくれる志の高い人ばかり。その人材をただの穴埋めではなく、全体の改革の原動力としようという中途採用有志による企画です。キャリアビジョン、モデルを丁寧に面談で構築、中途人材を「サポート」することでフルパワーを出してもらい、さらに内部の変革につなげるという試み。これは「お手並み拝見」になりがちな民間にも大いに参考になるところ。

 

全8チーム、どれもすばらしく、また民間企業の課題に通じるところがあまりにも多く、逆に学ばせてもらいました。

霞ヶ関が変われば、日本も変わる。有志のみなさまにあかるい未来の兆しを見せていただきました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>