白河桃子オフィシャルブログPowered by Ameba

Facebook


Facebookページでも最新の活動をお知らせしています。
 「御社の働き方改革、ここが間違ってます!」
 「ハラスメントの境界線」
 「仕事、結婚、出産、女子学生のためのライフプランニング講座」

白河桃子Facebook 〔日常のこまごました日記がわりです〕
※お友達申請は直接お名刺交換した方に限っておりますがフィード購読は自由ですので、こちらもご覧ください。


連載情報





新刊




ハラスメントの境界線 セクハラ・パワハラに戸惑う男たち(中公新書)


「働き方改革実現会議」の一員として、法改正などの議論の渦中にいる著者の実態調査と最新対策事情。今現在働く男女や、企業の法務担当として活躍する弁護士へのインタビュー、ITでできる最新ハラスメント対策など、“これからの働きやすい会社のかたち”を提案。ハラスメント対策が問われる時代。雇用する側される側の正しい未来像とはなんだろう。「どうすればハラスメントの加害者・被害者にならずに済むのか」を知りたい人必読の1冊。





御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社 (PHP新書)

政府の働き方改革実現会議で有識者議員を務めた著者は、真の働き方改革とは言わば「会社の魅力化プロジェクト」と説く。本書で取り上げた働き方改革先進企業では、改革を経て、低迷商品の売上V字回復、制約社員の活躍、職場の雰囲気改善などの成果が出ている。また、働き方改革は社会も変える。女性活躍・少子化改善・地方創生にも効果を発揮することが分かってきた。第一人者による、新しい働き方の理論とノウハウを徹底解説した1冊。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

超党派議員による「クオータ制実現に向けての勉強会」2月

【超党派議員による「クオータ制実現に向けての勉強会」2月】に参加してきました。

 

(株)ワークライフバランス社の小室淑恵社長、京都大学の柴田悠教授から「2024年政治にこれだけはやってほしいこと」をテーマに提言していただき、超党派議員で議論しました。いつもは女性議員だけですが、国民民主党は玉木代表が参加していたのが新鮮でした。

 

京都大学の柴田悠教授:労働時間対策、労基法改正についてのインプット。少子化対策には労働の柔軟化、効率化、賃金を下げずに労働時間短縮をすることが重要。労基法改正が必要と提言。

 

小室さん:少子化を克服した欧州はみな「労働時間政策」をいれている。労働時間改善策に未来がかかっている 

野田聖子:「法律を作るのが立法府。企業が「政府が言うからやらないと」という言い訳を作るのも役割」

 

出席議員 :自民党    野田聖子議員

      立憲民主党  辻元清美議員

公明党    竹谷とし子議員

      日本維新の会 石井苗子議員

国民民主党  玉木雄一郎代表

日本共産党  田村智子議員

      社会民主党  福島みずほ議員 

      れいわ新選組 櫛渕万里議員       

(株)ワーク・ライフバランス社 小室淑恵社長

京都大学 柴田悠教授(VTR)

ジャーナリスト 田原総一朗氏 長野智子

 

 

スズカンさんの還暦祝い

昨晩は、スズカンさんの還暦祝いに夜遅くに滑り込み。おめでとうございます。

明けましておめでとうございます

みなさま、明けましておめでとうございます。

 

 

元旦から、次から次にと大きな災害、そして事故のニュースが入り、なかなかおめでとうの投稿をできませんでした。

被災された方の1日も早い回復を、そして震災と飛行機事故で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

 

(寄付のリンクは企業が寄付された分だけ上乗せする上乗せ寄付。友人が考えた仕組みです)

 

写真はいつもの年越しそばの食卓、いつもの氏神様、自宅からの初日の出、などなど、地味で代わり映えのしないものですが、この日常の貴重さを思い知らされる幕開けでした。

 

訓練を重ね、ヒューマンエラーを織り込み事故対応を磨く民間の努力で、400名近くの方が飛行機から短時間で避難するという快挙は「すばらしい」と海外のメディアからも絶賛されています。

 

他方、被災地で救助や支援に尽力される皆様の不眠不休の活動には頭が下がります。しかし東日本大震災を経ても日本の危機管理は「自治体ベース」で場所によって格差があることがわかりました。アメリカの危機管理庁のような全体を見るシステムがないようです。未だに地面に雑魚寝の避難所も多いのです。

 

ジェンダー目線に対応した避難所の設置基準。例えば個人のスペースの広さの基準や女性のトイレの数は男性の5倍必要などは守られているのか?東日本大震災時に避難所で性被害にあった、女性に必要な支援物資、生理用品などがなかった、欲しいと言い出せなかったという話がたくさんツイートされています。変わっていてほしい。

 

今年も引き続き、社外取締役として、大学の講師として、ジャーナリストとして、一人でも多くの女性を意思決定層に送り、見える光景を変えていくことを目指したいと思います。

 

個人的には実家の母のためのリフォームを機会に挑んだ年末の実家断捨離・・・まだ終わっていませんが、皆様の知恵のおかげで、外注の使い方などだいぶ詳しくなりました。次はもっとうまくやれると思います。同じ悩みを抱える方、私でよければお役にたちますよー。

 

健康で活動できていること、つながってくださる皆様に感謝!!!本年もよろしくお願いいたします。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>