今日は近畿産婦人科学会に参加するため滋賀へ。

三宮から大津までは新快速で1時間です。

お昼からはエイズに関する講演を聞きました。

医療の進歩に伴い、HIVに感染しても予後が良くなってきたことは知っていましたが、

具体的に感染後にしっかり治療を受けることで、エイズが元で患者さんが亡くなることは本当に少なくなったこと、

また、治療の継続によってパートナーや胎児への感染もほとんど起こらないことなど

HIV感染のコントロールが非常に進歩したことを学びました。

医師ですら、エイズに関する最新の知識が不足していたり、まだまだ偏見があると思います。そこから変えていかなければなりません。