福沢諭吉のお出かけ

テーマ:
おはようございます。

昨日はマツエクとネイルしてきました(`・ω・´)

before

after

自爪が伸びすぎてて日常に支障をきたしてたので、ちょっとだけ短くしました。
最近はナチュラルなのがマイブーム(´・ω・)

最近不妊治療での財布からの諭吉お出かけ率がやばすぎる。。保険効かないから毎日薬だけで1万くらいかかっとる。
あぁ鬱(´・ω・)
今生きてて一番怖い瞬間は、産婦人科の会計です。



話は変わりますが、、、67条2項新設の趣旨はこのアンダーラインがポイントだね(`・ω・´)


67条2項新設の趣旨


特許権は審査を経て設定登録されるが、審査には一定の期間を要することが想定され、通常、この一定の期間内で審査は終了する。しかし、出願人の書類提出の状況等によって、特許出願から特許査定を経て特許権の設定登録がされるまでにこの想定される一定の期間よりも長い時間を要するものが生じる可能性がある。

『特許権の存続期間は、特許出願の日から20年をもって終了するが(671)、権利行使は、設定登録により権利が発生してから可能となるため、特許権の設定登録が、想定される一定の期間を超えた時期にされた場合には、特許権者にとっては権利行使ができる期間が短くなることになる。特許権者が権利行使できない期間に特許権の存続期間の延長を行うことは、特許権者にとって利益となるが権利行使をされる可能性のある第三者にしてみれば、事業の安定性等に影響する可能性もある。

そこで、特許権者の権利行使の期間を十分確保する一方で、存続期間の延長による出願人間の公平性、第三者への影響等を考慮し、一定の条件の下で延長登録の出願により存続期間を延長できる、「期間補償のための特許権の存続期間の延長」制度を設けることとした。』