オシャレな街 代官山でタンポポを売る! | 時代考証家 山田順子の東奔西走とうほんせいそう

時代考証家 山田順子の東奔西走とうほんせいそう

私の職業は時代考証家です。本業の映画やテレビの時代劇を制作する以外にも、現代のいろいろな問題に興味がわいてきます。時代考証の話はもちろん、好奇心いっぱいで東奔西走し、八面六臂する姿をこのブログでは、ご紹介したいと思います。


テーマ:
毎日のようにブランチを食べている代官山の「GARDEN HOUSE CRAFTS」
東急東横線が地下に潜ったため、その線路跡地を活かして作った新しい散策路「ログロード代官山」にあるパン屋カフェです。
「ログロード代官山」が開業2周年を記念して、連休初日に開催された「クラフトマーケット」
その中で、「GARDEN HOUSE CRAFTS」の軒先を借りて、ちゃっかり『信州真田の郷のめぐみ』ブランドのタンポポを売っちゃいました。
本業の八百屋さんの橫に居候です。

日頃、真田の郷のめぐみをお裾分けしている中で、スタッフの皆さんが美味しいから売ってみたらと勧めてくださった結果です。
もちろん「タンポポって食べられるの?」というお客様のために、タンポポサラダの試食をたっぷりご用意いたしました。
「GARDEN HOUSE CRAFTS」のシェフが考案してくださったタンポポサラダのための「オレンジ味のドレッシング」と「リンゴとマスタード味のドレッシング」です。
食べた人は「タンポポってこんなにおいしいだ!」と言ってビックリされていました。
春の野草独特の苦みと、ドレッシングがマッチングして、いい味を出してくれました。
2日間の販売でしたが、どちらも予定時間よりも早く完売してしまい、買いそびれたお客様には、ご迷惑をおかけしました。
タンポポも美味しかったけれど、私の売り口上が面白くて、買った人が多かったのでは?という批評もあり、
どちらにしても、楽しくて美味しいタンポポ販売でした。
「タンポポは、フランスでは春のサラダの代表です。
パリのマルシェに行くと、山積みにされたタンポポが売られています。
冬の間に溜まった悪いものを、タンポポの苦みが流してくれると言います。日本でもタンポポは利尿や快便に効く漢方として食べられていました。(苦いといってもクレソンやルッコラくらいです)
今回販売するタンポポは、信州真田! そうです『真田丸』の故郷、430年前、真田幸村が耕していた畑で収穫されたタンポポです。
(嘘ではありません!
 『新説真田三代ミステリー』の著者が保証します)
3月まで雪が残り、これから一斉に花が咲きます。花が咲くと、葉が固くなるので、食べるならこの1週間が一番おいしい時期です。
さあ、食べたり食べたり!!!」
 

山田順子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります