桃土紹介・現代農業12月号に紹介される | 生活学舎桃土

生活学舎桃土

高知県土佐山の小さなパン工房。
自家栽培の野菜や山の様子をお伝えします。


テーマ:

         桃土紹介・現代農業12月号に紹介される

2013年12月の現代農業「小さい加工に欠かせない道具拝見」コーナーにて、『ショウガの皮剥ぎ棒を自作』P296です。

  生活学舎桃土で、ジンジャージャムを作る時、ショウガの皮をひとつひとつ包丁を使って皮を剥いでいました。剝ぐためには高圧の水を吹き付けてみたこともありましたが、ショウガの表面が掘られて、傷をつけてしまいました。ショウガの薄皮と本体との間にある微妙な栄養価の高い部分まで、剥ぎ取ってしまうので、使うのはやめました。そこで「オール手動式皮剥ぎ木」を作った訳です。

  くわしくは「現代農業・12月号」をお読みください。











このようにして、日本で初めてのジンジャージャムを1999年から、作っています。



生活学舎桃土さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス