センター試験 実況(1日目・2日目) ※数学2Bまで終了 | 東大国語で高得点を目指すブログ

東大国語で高得点を目指すブログ

東大現代文の過去問20年分の私の解答をこのブログに保存していきます。
「解答例」は著作権フリーのため、どなたでもご自由にお使いください。
ただし、本ブログの模範解答例以外の文章や写真画像の著作権は私に帰属します。くれぐれもご注意を。


日本史:
多分易化。読解問題も多いし、(去年もそうだったが)ほとんど知識がいらない問題が多いと感じた
そして、倫理の知識で解ける問題がやたら多い。
去年も去年で、戦後史を中心に政経と被ってる問題がかなり多かったが…


倫理政経:
倫理は易しい。政経は普通。ただ全体的には昨年よりは易しい
倫理の1問目は、多分読解問題と消去法の合わせ技で解く問題なのかな?
ただ、考える問題が多かったから1問(問題33だけど)あまり考えられずに終了時刻になってしまった。
どうでもいいけど、東大文系なのに倫政受けてる人ってかなり奇特な人間ですよね。


国語:
漢文(漢詩)がかなり易化したし評論も難しい文章ではなかったので、国語全体の平均も高そう。
ただ、評論の問2の選択肢が全部少しずつ欠陥があるように見えてかなり迷ってしまったので、評論だけで35分もかかりました。
おかげで古文を解く時間が9分しかなく、古文の最後の問題の根拠を見つけることができないまま終了。(まあでも古文も最低限の点数は取れたかなといったところか。)

漢文は漢詩が出ましたが、「窓」という漢字1文字を選ばせる問題があり、押韻と対句を併用して解く問題だった模様。
同様の考え方をする(押韻と対句を使う)問題が2014年の追試にあり、これを解いた経験がある人は少し有利。(私は試験3日前に解いた)


英語(筆記):
いつもどおりだったと思います。
ただ、なぜか時間はギリギリだった。
第2問Aは知識というより論理的思考を問うてくる問題が多かったです
第3問Aは背骨の問題がすごく難しかったです。
去年200点だったので、今年ももし満点なら2年連続になります。
(追記:現時点で2ミスが確定しており、満点取れませんでした。。)


リスニング:
いつも通りでした。brochureという単語(TOEICではよく見かけるけど受験英語ではほとんどみない)が出てきたことだけ少し驚いたぐらい。
でも第2問が全体的にイディオムが難しいから満点を狙うのは難しかった。


(2日目)
生物基礎・地学基礎:
勉強不足であまり出来なかった。よくて60点ぐらい


数学1A:
難しくはなかったけど時間が足りなくてデータの後半に手がつかなかったです。
確率と整数は序盤さえ乗り切れれば最後の問題以外は簡単だからある程度は稼ぐことはできたかなと思います。
ただ、よくて80点ぐらいでしょう。


数学2B:
例年より問題自体は簡単で、難しい問題もあまりなかったけど、計算量が例年より一気に多くなってて微積の最後らへんと数列ベクトルの後半を解く時間がなかったです。
途中までマークの解答欄を思いっきり間違った場所に塗りまくってたハプニングもあり、そのマークの修正に結構時間を使ってしまいました。(でも気付いて良かった)
数列ベクトル微積でそれぞれ10点ぐらいずつ落としてるし、最後のlogの問題で領域の利用に何とか気づけたのはいいものの、xじゃなくてXの最大値を求めてしまうミスをしたため完答できなかったし、よくて70点ぐらいでしょう。


平均点は
英語118点ぐらい、
国語122点ぐらい(評論古文微難化、小説漢文易化のため。)、
数学1A61点ぐらい、
数学2B52点ぐらい
と予想してます。
(2Bは大問の最後まで解くのはかなり時間的にキツかったけど、各大問の前半はどれもかなり簡単なので結局平均はそれほど下がらないと思いました。)



とりあえずくたくたなので、1回帰って寝ることにして、夜にもう一回2Bを解き直してみようと思います。
私は今回全然頑張ることができず、何か全国の受験生の皆さんに申し訳ないなあという気持ちでしかないですが、皆さんの方は本当にお疲れ様でした。