2019年度 第1回駿台全国模試 【結果】 | 東大国語で高得点を目指すブログ

東大国語で高得点を目指すブログ

東大現代文の過去問20年分の私の解答をこのブログに保存していきます。
「解答例」は著作権フリーのため、どなたでもご自由にお使いください。
ただし、本ブログの模範解答例以外の文章や写真画像の著作権は私に帰属します。くれぐれもご注意を。



駿台全国の成績をブログに載せるのをすっかり忘れてました。
慌てて今から晒します。








英語:157/200 (偏差値79.5)
数学:161/200 (偏差値71.5)
国語:122/200 (偏差値73.3)
日本史:21/100 (偏差値40.6)
地理:19/100(偏差値37.7)
合計:480/800 (偏差値66.1) 文3B判定



久々に文3でB判定でしたが、
英語と数学の採点がかなり甘かったり、現役生の学力がまだそんなに高くない時期だったりといった複数の理由が重なって、比較的高めの成績が出たのだと思います。

ちなみに、駿台全国を受験した直後の感想記事はこちら→ https://ameblo.jp/toudaikokugo/entry-12465828059.html




《英語》
英語は偏差値だけ見れば比較的高めではありますが、
駿台全国模試の英語は「受験勉強」をどれだけ真面目にやってるかを図るだけの確認テスト的な問題に過ぎないので、
これだけで東大英語の高得点が保証されるわけではありません。それは痛いほど自分でもわかっています。(駿台全国ですらそうなのだから、ましてや全統記述や進研模試はなおさら東大英語の得点を占う材料としては不向き。)

英作文は満点近くの点数を取るつもりでいましたが、やはりだいぶ減点されてました。一応答案をアップします。


※自由英作文は、文法的にはノーミスだったものの、内容点で6点減点されてしまったようです。
※答案では"It is sure that"という表現はなぜか減点無しでしたが、これは自分なりに調べた結果、明らかな間違いだと判明したので、実際にはあと2点ほど減点されると思います。




《数学》
130点ぐらいだと思ってたのに、予想の斜め上の点数でかなり驚いた記憶があります。
今回私が断トツでできなかったのが整数でしたが、その整数の問題が良問でした。
整数の問題で書いた答案がこちら。↓


私は旧課程の人間ゆえ、modの概念を習ってないです。このmodについては独学で学んだので答案での使い方に自信が無かったですが、
一応modの使い方で減点はされてないようなので、安心しました。
modは結構答案に書く文字数を少なくしてくれるので便利な奴です。





《国語》
特に可もなく不可もなくで、ノーコメントです。
以下に現代文の答案を晒します。






《日本史》
まずは私の6月初旬時点での答案がどれだけひどいものだったか↓



ダメだこいつ・・・早く何とかしないと・・・

色々と突っ込みどころがある答案ですが、
論述答案を書く以前に、まず事実確認の時点で全然頭を整理して覚えられてないことが改めてわかりました。
これ以後に受ける東大模試ではもう少しマシな答案になってるはずですが、
これからは基本的に何かしらの日本史の答案は恥ずかしがらずに晒していこうと思います。


《地理》
なんていうか、ノーコメントです。
特に晒す価値のある答案もありませんでした。