【朗報】英検1級の2次試験に合格しましたよ!!⭐︎⭐︎⭐︎ | 東大国語で高得点を目指すブログ

東大国語で高得点を目指すブログ

東大現代文の過去問20年分の私の解答をこのブログに保存していきます。
「解答例」は著作権フリーのため、どなたでもご自由にお使いください。
ただし、本ブログの模範解答例以外の文章や写真画像の著作権は私に帰属します。くれぐれもご注意を。











実は私、去年の10月に英検1級の1次は合格していたものの、2次は大差で落ちてしまい、
そして今年の3月は受かる自信がなくて2次試験の会場にすら行かずに敵前逃亡してしまいました。


今回も事前準備が足りず、2次に受かる自信が無かったものの、敵前逃亡だけは良くないなと思い、2次を受けてきました。


ちなみに、私の地域はあまりにも田舎すぎて英検1級の2次試験をやってる会場が近くに無かったため、
わざわざ東京都まで行って受けに行ったのです。




結果的には予想を遥かに上回る結果が出てしまい、無事合格してしまいました・・・。





以前の私は、英検1級に合格できる人は英語がネイティブ並にものすごく得意で、雲の上の存在のような人じゃないと受からないんだろうなと思っていました。


しかし、今英検1級に合格させてもらった私は、英語でわからないことがあまりにも多く、
それどころか、英語でまともに日常会話を続けることすらできないほどの貧弱な会話力しかありません。

改めて英検1級はゴールなどでは決してなく、むしろようやくスタートラインに立っただけに過ぎないのだということを実感しました。




高校生以下の皆さんは英検1級を必要以上に高いハードルだと感じている人も多いと思います。

が、実際には例えば、東大模試の英語で平均点をわずかに上回る程度の点数さえ取れる人なら、1級に合格できるだけの能力は揃っています。
たとえ語彙パートでほとんど正解できなくても、英作文とリスニングで点数を稼ぐことができるからです。
(実際、私はReadingの点数は5割すら取れませんでしたが、ListeningとWritingで8割以上取ることができたおかげで1次に合格できました。)




私は東大形式の英語はまだまだ苦手ですが、
来年何とか東大入試の英語で90点取れるよう、引き続き頑張っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!




------------------------------------------------------------
※(追記)
以下が前回の2次で不合格だったときの成績です。しょぼいですよね…笑↓