第1回東進東大本番レベル模試が返却されたので、近日中(明日とか?)にアップします。 | 東大国語で高得点を目指すブログ

東大国語で高得点を目指すブログ

東大現代文の過去問20年分の私の解答をこのブログに保存していきます。
「解答例」は著作権フリーのため、どなたでもご自由にお使いください。
ただし、本ブログの模範解答例以外の文章や写真画像の著作権は私に帰属します。くれぐれもご注意を。


なかなかブログを書くタイミングを逃してしまいました。


東進の東大本レは、今年も第1回だけ受けるつもりだったので、先週予定通り受けてきました。

模試を受験した当日の夜に難易度の感想などを含めてブログに書くつもりでしたが、あまりにも疲れていたので書くことができず申し訳ないです。


成績ですが、ざっくり言うと昨年度の偏差値と比べて、
英語は微減、数学は大幅減、国語は上昇、日本史は微増(といっても一桁得点ですが…)、地理は変わらず、
といった感じです。
総合偏差値は昨年度よりわずかに上がりました。

詳しいことは、科目別の難易度分析も含めて近日中に成績表とともにアップします。
(全教科の答案復習を完了させた上で、感想を書きたいため。)


現代文はなぜか東大受験生内で偏差値81.6とか取ってしまい全国2位の成績でした。
現代文の先生を目指すものとしては嬉しい限りですが、やはり他の科目が大したことないので素直に喜ぶべきでもないな、というのが正直なところです。

一応、現代文で私が試験場で書いてきた答案についてもいつも通り次の記事で画像アップしますね。
(正直に言うと、今回は私の中ではあまり完成度の高くない答案だったので、試験場では精神的に落ち込みました。)


日本史については、古代の問題で最低限の部分点を取ることができたので、その問題についても答案をアップしつつ、次回のブログ記事で自己分析してみます。



(追記)
現代文の答案だけ先にアップします↓
(60点中30点しか無いのに全国2位なの!?って感じですよね)