講習会受講で感じたこと、学べたこと(2) | 日本タッチケア協会|より良い親子関係の確立と子供の健全な育成・育児支援を目的としてタッチケアの普及や学術的研究の活動支援

日本タッチケア協会|より良い親子関係の確立と子供の健全な育成・育児支援を目的としてタッチケアの普及や学術的研究の活動支援

日本タッチケア協会は1998年設立
『タッチケア』という名称は、日本タッチケア協会が命名し、
“タッチケア”の普及活動を支援しています。


テーマ:

講習会参加の方の声

(タッチケアについて)

うさぎクッキー今回初めて〝タッチケア”について学び、

 子どもだけでなく、親(タッチする側)にとっても

 素晴らしいことだと、とても思いました。

 

くまクッキータッチケアをすることによって、どんな効果があるのか

  わかってよかった。

 

うさぎクッキー愛着形成支援と言うことが、よくわかりました。

 

くまクッキーふれ合うこと、相互関係であること、あなたが大切だということを

  伝えるには、一番わかりやすく伝えやすい方法だと感じた。

 

うさぎクッキータッチケアは、日常の中でもできるしやりやすいです。

 

くまクッキー日本のべったり育児が子だけでなく、母親にも影響していたことを

  データに関係なく、先人たちの育児法に頭が下がります。

 

うさぎクッキー実践のDVDを見てとても良かったですし、自分が癒されました(笑)

  相手も癒されることが分かったのが収穫でした。

 

くまクッキータッチケアの再確認が出来て良かった

 

うさぎクッキーNICUで出来るタッチケアをしていきたいと思った。

  言葉では表現できない奥深いものがあると思った。

 

くまクッキータッチケアのすばらしさ、親子のきずなを深める育児法

  であることを知ることが出来た。

 

うさぎクッキー講習会に参加して、イメージが変わった。

  より、プラスになり、ふれることの大切さを知った。

 

くまクッキータッチケアの理念を理解でき、より興味がわきました。

 

うさぎクッキー触れる、手が触れる事だけではない奥深さにふれることが出来た。

 

くまクッキーあなたを想ってくれる人がいる、を感じてもらうことが

  原点なんだなと思いました。

  

うさぎクッキー先生の育児支援への思いが伝わり、自分の仕事の姿勢を

  見直す機会となりました。

 

くまクッキー3回目の参加です。毎回色々な話しを拝聴させていただき

   人としての原点、愛の大切さを感じ満たされた気分になります。

 

うさぎクッキータッチケアを広めて、幸せな親子が1組でも多くなるようにしたい

 

つづく・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

日本タッチケア協会 公式ブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります