日本タッチケア協会|より良い親子関係の確立と子供の健全な育成・育児支援を目的としてタッチケアの普及や学術的研究の活動支援

日本タッチケア協会|より良い親子関係の確立と子供の健全な育成・育児支援を目的としてタッチケアの普及や学術的研究の活動支援

日本タッチケア協会は1998年設立
『タッチケア』という名称は、日本タッチケア協会が命名し、
“タッチケア”の普及活動を支援しています。

【予告】第8回日本タッチケア学会
東京開催 2019年6月9日(日)

【予告】秋の講習会
東京開催 2019年9月21日(土)22日(日)

【予告】2020年 春の講習会
西日本予定 開催地未定 2019年

テーマ:

2019年2月開催
指導者認定取得講習会開催は盛岡県です。
HPをご覧ください。

 

第37回タッチケア指導者講習会in盛岡

2019年2月16日(土)17日(日) 2日間開催

 

11/15(木)から、会員様優先受付開始ニコニコ
(2018年10月末現在会員の方)

 

12/17(月)から、新規ご入会、すべての会員
受付開始です。

 

 

2019021617盛岡 第37回チラシ(1)

 
2019021617盛岡 第37回チラシ(2)

 

 

 

 


 


テーマ:

2018/9/23  11:00現在のお知らせ

秋の指導者講習会は、

8/31をもちまして受付を締め切りました。

*準備の都合、会場席数の都合により

期限以降のお申込受付が出来ません事

何卒ご了承ください。

 

すでに受付済みの方は

参加費の払い込みを

お早めにお願いします。

9/14までに入金確認

できない場合は、

キャンセルさせていただく

場合もあります。

ご注意下さい。

 

当日の受講証は、ただ今準備中です。

中旬頃目安で発送します。

今しばらくお待ち下さい!

 

 

 


テーマ:

6/10開催
日本タッチケア学会では
一般演題を募集しています。
*タッチケアを研究、実施をしての
成果を是非ご報告して下さい。
 
タッチケアを通して、
赤ちゃんの変化、お母さんの変化
タッチケアをする側の変化、など
 
落ち着きのない幼児がおとなしくなった。
むやみに乱暴、反抗する子が甘えるようになった。
保育施設、医療施設、地域、家庭、
さまざまな場所でのタッチケアを
お待ちしています。
 
・言語の困難な障がい児
・NICUの赤ちゃん
・子育てにとまどっているお母さんへの支援
・被災地でのタッチケア
・タッチケアのひろがり
・兄弟への愛着
・その他

※タッチケアは、
だっこ、手をつなぐ、遊ぶ、読み聞かせる
という、当たり前のふれ愛の原点です。
 

子どもの心身、そして環境、少子化の現代
問題となっている虐待
それらを含めて、タッチケアをより多くの方へ
伝えて行くために、学会を開催しています。
 
https://touchcare.net/society/

-------------------------------------------------
 

1)演題募集  

2)演題応募は、抄録をメール添付でお送りください。
宛先  info@touchcare.net

演題抄録作成要項
サイズはA4版縦  本文 10.5ポイント(明朝体) 
(約400~800字程度)
・白黒印刷となりますので、カラーの使用は避けてください。
・図表を入れても構いませんが、
A4サイズ1枚に収まるようにお願いします。


・抄録は基本的にはそのまま印刷しますので、
用紙サイズ、余白等お守り下さい。


・演題名  発表者名(演者に○)  所属
本文400~800字程度 
(目的・方法・結果・考察・結論をお書き下さい。)


・発表者は会員に限ります。非会員の方は入会をお願い致します。
・提出された原稿(データ)は返却致しません。ご了承下さい。
・演題の採否ならびに、発表時間、形式、会場につきましては

 5月中旬、演者宛にお知らせいたします。


尚、演題の採否につきましては、会長に一任願います。

たくさんの演題応募お待ちいたしております。

 

 

 

 


テーマ:

講習会参加の方の声

(講習会 1日目)

チューリップ参加して本当に良かったです。

先生方のどのお話も勉強になり、

みんなに聞かせてタッチケアの大きな目標、今後への活動

世の中の母子、家族に大変な幸せを感じさせてくれるものと

思いました。

 

チューリップとても興味深くすごく楽しかった

臨床でできなければ、自分が出産した際に

ママ友と一緒に普及して、何か取り組みたいと思った。

 

チューリップ橋本先生の基本理念、藤代先生の母子手帳の話、

子育て支援施設の中で一時預かりをしているので、

とても参考になりました。

 

チューリップ私たちは、親に対し伴走者として寄り添うことが

大事だと思いました。

 

チューリップ基本理念から丁寧に教えていただいたことで

先生方がどのような思いで取り組んでいらしたのか、

また、母を見守り、子の未来をみつめる熱い思いを

しっかり受けとることができました。

母子のかたわらにいる者として、その思いこそ

受け継いでいきたいと感じました。

 

チューリップ母子手帳の活用について、新しい視点をいただきました。

 

チューリップ1日長いと思っていましたが、あっという間に1日が過ぎ

有意義な講習会でした。

 

チューリップどの講師の先生もとてもユーモラスお話で、時間があっという間に

過ぎました。ポイントを押さえたお話でとても分かりやすく

勉強になりました。

 

チューリップ先生の、講習が楽しく、とても興味深かった。

タッチケアが出来るまで~タッチケアの大切さを知ることが

出来ました。

 

チューリップ子どもたちをとりまく困難な状況の中のタッチケアでつながる

貴重なお話を聞かせていただき勉強になりました。

 

チューリップ各先生方の一言一言が心に響き、とても充実した時間をすごす

事が出来ました。現場の生の声にドキッとさせられました。

 

チューリップタッチケア=赤ちゃんにふれる。はもちろんですが、それに関わる

回りの話や実施者の先生のお話がたくさん聞くことができ、

中身の濃い研修でした。

すぐ職場で役立つ事もおおく、とても嬉しく思います。

 

チューリップ想像以上に濃い内容で、大変勉強になりました。

 

チューリップこどもやおとなのふれ合いにもさまざまなものがあり

提供する側、される側、どちらにも効果があるということを

理解できました。

 

チューリップどの講義もわかりやすく、納得できる内容で、とても勉強に

なりました。保育士として、今日学んだことをしっかりみんなに

つたえるべきだと思った。

その講義からも、先生の温かさが伝わってきて心が温かくなった。

 

チューリップタッチケアの手技を念頭に受講を申込しましたが、思いもよらない

タッチにつながる色々な内容の講義を受けてとても勉強になりました。

 

チューリップ自分のすぐ隣にいつもいてくれる彼に対して冷たくあたってしまって

いたことに気付き、まずは一番近くにいてくれる相手への感謝の気持ち

愛情のきもちを表す、タッチケアをしようと思いました。

 

チューリップ藤代先生の母子手帳からローリスク対象者をスクリーニングするという

点で、とても勉強になりました。

 

チューリップタッチケアという言葉をあまり聞いたことがなかったので、

基本的なことをわかりやすく教えていただきました。

 

チューリップタッチケアは心の繋がりだと思った。

小さい子だけを相手にするものだと初めは思っていましたが、

そうではないのだと良くわかった

 

つづく・・・・・・・・・・・・

 

 

 


テーマ:

講習会参加の方の声

(タッチケアについて)

うさぎクッキー今回初めて〝タッチケア”について学び、

 子どもだけでなく、親(タッチする側)にとっても

 素晴らしいことだと、とても思いました。

 

くまクッキータッチケアをすることによって、どんな効果があるのか

  わかってよかった。

 

うさぎクッキー愛着形成支援と言うことが、よくわかりました。

 

くまクッキーふれ合うこと、相互関係であること、あなたが大切だということを

  伝えるには、一番わかりやすく伝えやすい方法だと感じた。

 

うさぎクッキータッチケアは、日常の中でもできるしやりやすいです。

 

くまクッキー日本のべったり育児が子だけでなく、母親にも影響していたことを

  データに関係なく、先人たちの育児法に頭が下がります。

 

うさぎクッキー実践のDVDを見てとても良かったですし、自分が癒されました(笑)

  相手も癒されることが分かったのが収穫でした。

 

くまクッキータッチケアの再確認が出来て良かった

 

うさぎクッキーNICUで出来るタッチケアをしていきたいと思った。

  言葉では表現できない奥深いものがあると思った。

 

くまクッキータッチケアのすばらしさ、親子のきずなを深める育児法

  であることを知ることが出来た。

 

うさぎクッキー講習会に参加して、イメージが変わった。

  より、プラスになり、ふれることの大切さを知った。

 

くまクッキータッチケアの理念を理解でき、より興味がわきました。

 

うさぎクッキー触れる、手が触れる事だけではない奥深さにふれることが出来た。

 

くまクッキーあなたを想ってくれる人がいる、を感じてもらうことが

  原点なんだなと思いました。

  

うさぎクッキー先生の育児支援への思いが伝わり、自分の仕事の姿勢を

  見直す機会となりました。

 

くまクッキー3回目の参加です。毎回色々な話しを拝聴させていただき

   人としての原点、愛の大切さを感じ満たされた気分になります。

 

うさぎクッキータッチケアを広めて、幸せな親子が1組でも多くなるようにしたい

 

つづく・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  


テーマ:

名古屋講習会受講の皆様
ありがとうございました。
参加の皆様に沢山のアンケート
感想、ご意見をいただけました。ニコニコ

 
少しずつ紹介していきます。えんぴつ☆勉強


タッチケアのアンケートの特徴は
みなさんの書き込みがぺーん3びっしりで
講習会受講で多くのことを感じ、
学んでいただいたと感じることができます。

感謝申し上げます。
 


(タッチケアについて)
うさぎクッキー身体だけでなく、心にふれることも
 タッチケアとわかりました。


くまクッキーまずは母子が気持ちいい、楽しい、幸せと 
 感じられるように、支援して行けたらよいのだと
 わかりました。


うさぎクッキー皮膚接触のことの大切さを理解しました。


くまクッキーDVDだけでは分からない、ポイントを教えて
  頂き、復習します。


うさぎクッキー児を中心に考えていましたが、広域にわたり
 母性を育むためにもっと実践していこうと思った


くまクッキーわかっていた気でいましたが、改めて聞くと
 そうだった!と忘れていたことが沢山あり、反省しました。


うさぎクッキータッチケアは決まったものではなく、より良い
 親子関係の確立のための支援
 広い意味の概念があることがよく理解できた。


くまクッキー参加するまでは、単純にベビーマッサージと同じと
 思っていたが全然違った。参加できて非常に良かった。


うさぎクッキータッチケアは、万能の薬ではない、親子のふれあいの
 ひとつと言うスタンスに深く共感しました。


くまクッキー手技で「必ずこれを守って!」といいことではなく
 お母さんが心地よくよくふれ合うことが主眼で
 あることを知り、安心しました。

 

うさぎクッキーさまざまなタッチケアの紹介で、タッチケアの良さを

 再認識できました。

 

くまクッキータッチケアは、みつめあい、語りかけ、抱きしめる、ふれ愛

  そのものの手段であることをしっかり理解し、

  すべての子どもたちに、愛される体験を記録してほしいと  

  思いました。

 

うさぎクッキー愛着の大切さをタッチケアから伝えたいと思います。

 

くまクッキー普段の自分の赤ちゃんとの関わりが、その赤ちゃんの

  将来に関わっていることを知り見直そうと思った。

 

うさぎクッキータッチケア=ベビーマッサージでないことが

  良くわかった

 

くまクッキー営利目的でないのが、共感できました。

 

うさぎクッキー保育研修では学べなかった、最も大切な部分

  保育に携わる者としての基本をあらためて学ぶことが

  できました。

 

くまクッキータッチケアと言うのは、寄り添いであり、

  育児支援の中の、愛着形成支援だということが

  良くわかった。

 

うさぎクッキータッチケアとは、ただマッサージするという意味でなく

  五感を通した”ふれ愛”などあらためてわかりました。

 

くまクッキー赤ちゃんの変化を見て、タッチケアの効果は本当に

  素晴らしいと思いました。

 

うさぎクッキー”ケア”という言葉へのこだわりがわかりました。

  手技ありきのベビーマッサージよりも、おおらかな

  スタンスだと思いました。

 

 

つづく・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

====================
日本タッチケア協会 年末年始休業期間
【 年末年始休業期間】
2017年12月27日(水)~2018年1月8日(月祝)
事務局の作業お休みをいただきます。

休業期間中は、各種サービスに関する問い合わせ等
への回答は、遅くなりますことご了承ください。

=========================
※メールなどの対応は、期間中でもお返事する場合が
ありますが、基本作業はお休みですのでご理解を
よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

自動代替テキストはありません。


テーマ:

☆新規ご入会の皆様へ

 

入会手続きは申込・入金確認後

10日~2週間お時間をいただいています。

その後、クロネコメール便にて

会資材のお届けをしますので、

数日かかりますことご了承ください。

また、年末で現在配送が大幅に遅れているようです。

重ねてご理解をよろしくお願いいたします。

 

【重要なお知らせ】

会員登録いただいたご住所やお名前、お届け先の不備による

郵送物が戻った場合、再発送は、着払いのみとなります。

登録入力には、十分ご注意をお願いいたします。

(協会側不備の場合は、元払いで再発送します。)

 

 

 

 

 

2017年12/18現在

 


テーマ:

日本タッチケア協会へ

多くご相談、ご質問のある、

入会資格、指導者認定取得講習会受講資格

について、ご説明致します。

 

クリップメモ

当会は基本医療従事者、子育てに
携わる専門家を対象としております。
これは、基礎ベースに医療、保育等の教育を
受けているという方々向けの内容になるためです。

 


子育て経験、子育て支援をしているという方々から
ご入会希望、講習会受講希望を多くいただくのですが
会の趣旨、理念から、専門家のみとさせていただいております。

 

対象は、 チャイルドヘルスプロフェッショナル
(医師・助産師・看護師・保育士など医療・

保育関連のお仕事をされている方々)
となります。

 

 

お問い合わせの前に、

上記対象に該当されているか?

ご確認をお願い致します。

 

 

専門家の育成という会の規約になります。


ボランティアやサークル活動、子育て支援など
に参加されている方、経験がおありの方でも、
大変心苦しいのですがお断りをさせていただいております。

ご理解いただけますよう

よろしくお願い申し上げます。

 

当会は、
厚生労働省 「すこやか親子21」(第2次)
推進事業参加団体です。
 

推進協議会参加団体名簿
36、日本タッチケア協会

 

 


 

「日本タッチケア協会」は、
より良い親子関係の確立と子どもの健全な育成、
育児支援を目的として1998年10月に設立されました。 
 

日本タッチケア協会

 


テーマ:

(事務局よりお願いです)

指導者認定の写真提出は、
  8/31で締め切ります。
メールでのデータのみ受付です。

提出の際、
いちお名前フルネーム
に会員番号
さんご住所
を必ず明記お願いします。


写真だけでタイトルも無し、
内容も無し写真は事務局では、
判断しかねますので
ご理解をよろしくお願いいたします。
泣