なんのために努力するのか | 資格とっ太郎のブログ

資格とっ太郎のブログ

宅建と行政書士を半年で合格したのがプチ自慢(笑)の資格とっ太郎です。
今はネットで起業してビジネスをやっているので、資格の勉強方法だけでなく
独立開業のためのビジネス情報なんかも記事にしていきます(`・ω・´)

 

どうも、資格とっ太郎です。



つい先日、僕のメルマガの読者の方からいただいた感想の中で、


==========

「夢を叶えるのに必要な事の為に、自分の時間と努力を最大投資する」

良い言葉ですね、励まされました

==========


というメッセージをいただきました。



メルマガ自体は、もう5年以上前から運営していて日々いろんな方からいろいろな感想やメッセージをいただいて

本当にありがたい限りなのですが、


たぶんこの言葉、


「夢を叶えるのに必要な事の為に、自分の時間と努力を最大投資する」



これを書いたのが、5年前くらいの僕だと思います。



たぶん当時はまだ会社員だったと思うんですけど、

僕は会社員の頃、とにかく、


“夢”


っていう事に、めちゃくちゃこだわっていました。



それはもう、周りの人が引くくらいには軽く(笑)



で、当時の僕はとにかく夢を叶えたかったわけですけど、
その夢っていうのも具体的にイメージが固まってて、


こんなこと書いてました。



↓こちら
(昔、パソコンのメモ帳に書いた内容そのまま)



自分がどういう生活をしていたいか?
(金銭的問題は全て解決しているとして)

==平日==
・小鳥のさえずりを聞きながら、部屋に差し込む
 眩しい太陽の光を浴びて起床。

・子供たちが無邪気にどたばた騒いでる。

・眠い目をこすりながら嫁の準備した朝ごはんを食べる。
 味噌汁、目玉焼き、ウインナー、卵かけご飯、簡単なものがいい。

・子供たちが学校へ行くのと、嫁が仕事へ行くのを見送る。

・洗い物、洗濯物の家事を済ませた後、仕事を始める。

・昼ご飯は簡単なラーメンや弁当。

・夕方頃になって、子供たちが帰ってくるのを迎える。

・夕食の準備を始めて、嫁の帰りを待つ。

・夕食の時間になって、みんなでテレビでも見ながらご飯を食べる。

・ご飯の後片付けは嫁に任せて、子供たちの様子をみる。

・子供たちを風呂に入れて、明日の準備をして寝る。
======

==休日==
・車で買い物や、遊びに出掛ける。
・たまには遠くへ旅行にでも行きたい。
======




ここまで。


1行目で、「小鳥のさえずりって・・・」

と、普通に引いてしまいそうな
書き出しをぶっこんでますが(苦笑)


書いた日付が2012年10月だったので、23歳の頃ですね。


もう一度、強調しておきます。


“23歳の頃の僕です”



それはそれは大昔の僕が書いたもので、
すでに消滅時効が成立している(←謎)案件なので

内容に関してツッコミを入れることは、
法律で禁じられているのでご注意を(嘘)。



まぁでも懐かしい(笑)


なぜ「小鳥のさえずり」があって、
今の僕の人生の中心である「コーヒーブレイク」が無いのかが大いに謎ですが、
(コーヒーを飲みたいがために朝起きているようなものなのに。)


で、そんな都合良くさえずらんだろう、小鳥は、


と、結局自分でツッコミ入れちゃったんですが、




こんなこと思ってたんだ、俺、って感じですね。



当時は結婚していて、
まだ子どもが生まれていないタイミングですけど、


23歳の青年、

それはつまり僕のことなのですけれども、

そんな生活を実現しようと思いながら
努力していたってことがわかりますね。






当時は本当に、


「それを実現するためにはどうすれば良いのか?」


っていうことばっかり考えてたし、

自分の努力は、それを実現するための行動に最大限費やそう、

って思ってましたし、実際そうしてきました。


(行政書士や宅建の試験を受験したのも
その過程の一つです。)



で、30歳を過ぎた頃にはそんな生活をしているんだ、
っていう夢見がちな23歳の僕だったんですけど、


気が付くと
ご存じもう僕は30歳になってます。




さて、じゃあ今現在、その夢は叶ったのかっていうと・・・・



もう叶ったどころか、超えてますね(笑)




当時の嫁は「子どもが生まれても仕事続ける」って言っていたので、

23歳の僕の夢の中では、
家に居てたい僕が専業主夫みたいな立ち位置になってますけど(笑)


結局人生の蓋が開いてみると、
産まれてきたのはなんと元気な双子の男の子。


やっぱこのまま仕事続けながら双子の育児は大変だし
ってことで嫁は仕事を辞めているので

僕の専業主夫ルートは消えることになったんですが。。。



ちなみに、僕のこれまでの軌跡は公式HPにプロフィールがあるんで
そちらも参考に。(なんの参考になるのかは大いに不明ですけどね)

http://nishijunhei.com/hp/


HPには僕の三大おススメ事業(?)として、

「資格取得のすすめ」
「ネットビジネスのすすめ」
「バドミントンのすすめ」

っていう記事を書いてますが、
もしかすると近々、

「コーヒー焙煎のすすめ」

の記事を追加して四大おススメ事業になるとかならないとか。(多分ならない)




まあそれはさて置き。。。



僕が23歳の頃に抱いていた、
控えめだけど僕にとって大きな夢は、

30歳を迎えた現在では、概ねほぼほぼ叶った
と言って間違いないと思います。




それは僕が、


“夢を叶えるための行動に最大限の努力を使った”


からです。



それも、一カ月とか二カ月とかじゃなくて、
数年単位の努力の継続です。


その中の、ごく一部の期間として

宅建試験をとるために1ヵ月、
行政書士のために5ヵ月、

っていうのはありますが、
「夢」というのが定まった段階からの努力の継続は
数年単位です。



たぶんほとんどの人にとって、

資格試験に合格することって、
大小さまざまな「夢への“過程”」だと思います。



その過程を、努力し続ける。

進み続ける。


それが唯一の夢を叶える方法だと、僕は昔も今も思っています。



そのために、このブログや僕のメルマガや各種教材たちが、

「サポート」っていうとちょっとおこがましい感じですけど、

少なからず役立てていただけるのであれば
僕としても嬉しい限りです。




どんな夢を描くか、どんな目標を立てるのか、
将来的に自分がどう在りたいのか、


それは人それぞれ、千差万別ですが、


現実の「今」を、それを実現するために努力し続ける必要が
あるってことは、万人共通なんじゃないかと僕は思いますし、

たぶんそれが、この社会を心地よく生き続けていく事に繋がると思います。



ではでは、感想をいただいて
懐かしい思いに浸ってしまって無性に「書きたくなった」内容は以上になります。




最後までお読みいただきありがとうございました!