NO.621
 

いつもブログを読んでくださり

ありがとうございますキラキラ

 

会津でたくさんの笑顔が生まれる
ぬくもりある木の家づくりを
お手伝いさせていただいている
 
長井 雄仁(かつと)です爆  笑

 

 

永く安心してお住まい頂くために・・・

 

 

来週、土地・建物の

ご契約をいただくお客様と

ご契約前最終のお打合せをさせていただきましたニコニコ

 

今回の土地は現況が

「畑」として利用していた土地です

 

 

お客様のご両親からも

「地盤はどうだろうな・・・」と

ご心配の声が・・・!

 

 

当社では住宅を建築する際に

”地盤調査”というものを

必ず行わせていただいております

 

 

この”地盤調査”

言葉の通り、建物を建てようと思っている

土地の地質などを専門の第三者機関が

調査するものですひらめき電球

 

 

その土地の固い地盤がどの深さにあるかを

機械を使い調査します!

 

 

↑地盤調査の様子

 

 

結果に伴い、改良工事が必要であれば

建物の大きさに合わせ工事を行います

 

 

改良工事には主に2つあり、

 

深いところ(2~8m)に

固い地層がある場合の

「柱状改良」

※柱状のコンクリート杭を

固い地盤まで注入し建物を支える方法

 

浅いところ(約1~2m)に

固い地層がある場合の

「表層改良」

※軟弱地盤の土を鋤き取り、固化剤を混ぜた土を

良好地盤の上に締め固める方法

 

 

 

↑地盤改良(柱状改良)の写真

 

いやいや・・・・

 

”昔、建物が建ってたから調査しなくても大丈夫だろう”

”調査結果で改良が出ても、やらなくていいよ”

 

と、思われてたあなた!

 

 

実は、昔建物が建っていても、

地盤が固い保証はありませんもやもや

 

 

 

 

”地盤調査”は平成11~12年頃から

本格的に導入されているんですびっくり

 

なので、昔からあっても地盤については、

調査したほうがいいですよね上差し

 

調査の結果、

”地盤改良”が不要と判断されれば、

改良工事なしで建築工事がスタートできます

 

また、

”地盤改良”が必要と判断されれば、

改良工事後に建築工事スタートです

 

 

いずれにしても、

”地盤調査”を行い、

結果に準じて工事等を行えば、

地盤に対する補償がつきます上差し

 

 

 

 

せっかくの建物も、

「まさか・・・」

壊れてしまわないために

弊社では必ず”地盤調査”

お勧めしております

 

 

詳しくはご来場の際にお尋ねくださいニコニコ

 

※地盤改良により大地震等の天災でも

壊れないということではありません。

 

 

 

 

喜多方市にて

4/10)、11)の2日間

完成見学会を開催させていただきます

 

一部2階建ての平屋がベースの

木の家ニコニコ

 

造作ベッドや造作洗面、

ネコちゃんも楽しいキャットウォークなど

見どころ満載です上差し

 

 

 

 

 

ぜひ、ひのきに包まれた

ぬくもり空間へご来場ください爆笑

 

 

”百聞は一見に如かず”

 

ぜひ、1度ご体感頂き、

全国で広がっている

サイエンスホームの

”ひのきづくしの家”

実例を見てみませんか?

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの感染予防対策について

新型コロナウイルスの感染予防対策について

サイエンスホーム会津若松店では

引き続き、

【新型コロナウイルスの

感染拡大防止対策としまして】

 

展示場見学へ御来場者の方には

ご準備させていただいている

「消毒液での消毒」、

「手袋」の着用をお願いしております

※マスクの着用もお願いしております

 

見学の合間には換気などの

時間をもうけさせていただき、

案内時はスタッフもマスク着用にて

ご対応させていただきます!!

 

何卒、ご理解とご協力の程を

お願い申し上げます。

 

image

 

 

展示場見学や

資料のご請求などは

ホームページから

お申込みいただけます下差し

サイエンスホーム会津若松店

 

 

会津で建てる”ぬくもりのある木の家”

サイエンスホーム会津若松店

(K-Style Design株式会社)

 

 

℡:0242-23-8988(会津若松展示場)

 

店長 長井 雄仁(ながい かつと)

 

■サイエンスホーム会津若松店

 ホームページ

https://www.sciencehome-aizu.com/

 

■サイエンスホーム会津若松展示場

image