携帯

テーマ:
2日程は電話はしてるようだったけど
不自然な残業もなく、合っている様子もなく
過ぎた。

この日は午後から家族3人でお買い物。

ただ、ずーっとLINE?してる様子。

普段からスマホでゲームを仕事とお風呂以外はしてる人なんだけれど

いつものゲームではない。


何か文字を打ってる。


気になる。


気になる。


相手は誰?


お買い物。

やたらと服を買いたがる夫。

どれが似合ってる?

とか

どれがいいと思う?

とか。



デートのための服じゃないの?
と思いながらも
見ないと不自然になるから一応えらぶ。

夫「似合ってる?」
私「似合ってるよ。」
と言うと満足そう。

退屈そうな子供のことも私のことも
全く気にかけず
ただただ、自分の服を選んでる。

夕方からまた夫の実家へ行く約束だったので、
もう行かなくちゃと急かすとようやく切り上げた。


この日は他県からの親戚が来ていた。
けれど実家にいる間も夫はずっと1人でスマホ。
LINE。ただひたすら。

そんなに夢中になる相手が
気になって仕方なかった。

帰宅して
子供も寝たあと
夫がお風呂に入った。


今しかない。


夫の携帯を見るのは初めて。


手が震える。


全身が心臓になったかと思うくらいドキドキする。


パスコードかかってる。


大丈夫。


夫が使いそうなパスなら大体予想がつく。



画面が開く。


LINE。


さっきまで通話していた相手がいる。


打ちっ放し行ってくるって出たけど嘘。


知らない苗字。


間違いない。


これが不倫相手。


いくつかのやり取りを自分の携帯に残して

携帯を閉じた。





相手の存在が目に見えて

急にどうしようもない絶望感に襲われた。

夫がお風呂から出てきたけど

おやすみも言わず寝室へ逃げた。