【適当考察】新たに判明した「煌龍サッヴァーク」について適当考察 | ととまる屋

ととまる屋

デュエルマスターズの対戦動画を投稿中。
その他デッキレシピやカード考察、またはDM関係の適当な雑記がメイン。


テーマ:

 

どうも、【傷ノ塞ガリシモノ】、いーさんです

 

俺はDGだったのか

 

今回は単発の適当考察。

今月のコロコロにて新規判明した新たなメタリカについて書きます

 

 

煌龍サッヴァーク 光 コスト7 P11000 マスター・ドラゴン/メタリカ

 

■ドラゴン・W・ブレイク:各ブレイクの前に、自分の山札の上1枚を、裏向きにして新たなシールドとして追加するか、表向きにして自分のシールドの上に置く

■登場時、相手の場のカード1枚を、相手のシールド1枚の上に表向きにして置く

■自分のクリーチャーが場を離れるとき、かわりにいずれかのシールドゾーンの表向きのカード1枚を墓地に置いてよい。

 

ドラゴン復活。

既に判明しているサッヴァークDGの完全版。

あちらはマスター・DGだが、ところでDGは「ドラゴン・ギルド」の略なのか、「raon」の略なのか、どっち?

 

本題。マスターWブレイクを持つ。

ジョリー・ザ・ジョニー同様、シールド追加効果は二度、使うことができる。

ブレイク数が増えるとその分増える。

ただし効果は強制なので、LOに注意。

 

純粋に守りを固めるか、自身の置換効果のためにシールドに貼ってもいい。

後者はDGヒト造やオヴDGの効果で狙い撃ちが可能。

 

ふたつめの能力はカード指定除去。相手の既存のシールドの上に置く能力であるため、相手のシールドが0枚の場合は効果が発揮されない。

コストを問わないカード指定なので、クロスギアからD2フィールドまでなんでもござれ。

ただしサイキックやドラグハートは超次元ゾーンに最終的には帰る。

 

シールド・ゴー持ちのクリーチャーはこの効果でシールド存在時の能力が発動する。だからどうした。

 

本来、城以外でシールドの上にカードが表向きで置かれることは無いはずだが、このカードの登場により、シールドの上にクロスギアまで乗るカオスな状態に。

なんならドルマゲドンの禁断コアもシールドの上に乗る

 

除去としては、相手のシールドが増えないシールド送りなので強力。

サッヴァークが持つもう一つの能力により、間接的な墓地送りという手段も可

ただし、カード除去の宿命か、進化クリーチャーは構成するカードのうち1枚しか除去できない。

 

もう一つの能力。自身のクリーチャーに対する除去耐性付与。

「いずれかのシールド」であるため、相手のシールドに表向きに存在するカードも対象。ずるい。

もちろん、自身のドラゴンWブレイク能力や、裁きの紋章がシールドに置かれていればそれも対象となる。

 

登場時、Wブレイク時に計3枚の除去耐性が保障されるので、かなり強力な除去耐性。

サッヴァークDGやヒト造を守れるのはかなりデカイ。

 

全ての能力が三つ目の除去耐性と噛みあっていて、裁きの紋章をふんだんに使えば場持ちは良い

 

新規の光のドラゴンで、サッヴァークDGの能力によって踏み倒すことができるが、7コストとそこまで高くないコストに加え、光のメタリカであるためエメスレム・ルミナリエ、ジャスティ・ルミナリエ、ノヴァルティ・アメイズ、翔天、DGヒト造など踏み倒す手段も豊富。

ターンの終わりに裁きの紋章を唱えることで除去耐性を追加し続けられるサッヴァークDGをこのカードのために破壊する必要性がほぼなくなった。

ていうか、踏み倒してまで除去を飛ばしたい場合以外に無い。

 

結論。結構強い。

単体で3回分の除去耐性を持つことができるので、メタリカの打たれ弱さをある程度補強できる。

シールドが0枚の時でもドラゴン・W・ブレイク時に2枚は増やせる上、1枚を新規で追加し、1枚を表向きで除去耐性を得る、ということもできる。

 

裏ワザ的にシールド・ゴークリーチャーを運用するという手も()

 

ちなみにコスト7の非進化でパワー11000はそれだけで化け物級のスペック。

昔のコスト論で言うならコスト7の標準パワーは9000であり、能力を持っていながらそのパワーを2000も上回るのは超オーバースペック。

 

メラビートのコスト7でSA持ってて踏み倒しもっててパワー10000も大概だったが、これはそれを上回っているかもしれない

 

インフレを象徴するようなカードパワーである。

 

 

……コスト対パワーで言ったらグランセクトのグレート・グラスパーもぶっ飛んでるが。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス