少林寺拳法 慰問演武会&公開演武会 | 『生涯修行 生涯青春』
2016-06-02 09:23:20

少林寺拳法 慰問演武会&公開演武会

テーマ:少林寺拳法®
「運動は”運”を動かす」、山口県宇部市のパーソナルトレーナー&武道家・鈴木道臣です。
久し振りのブログ更新は少林寺拳法 宇部恩田スポーツ少年団の活動報告です。
5月は老人ホームへの「慰問演武会」と初の試みとなる「公開演武会」を開催しました。
少林寺拳法は単なる武道やスポーツではなく、修練を通して身心を練磨する「人づくりの行」です。
「鍛えた拳は何のために―。鍛えた拳をどう活かすか―。」
もちろん第一は自分のため、しかし、自分は”第一”であっても”唯一”ではありません。
「半ばは自己の幸せを 半ばは他人の幸せを」
僕たちの拳は自分のためだけではなく、世のため人のために活かす「活人拳」なのです。
少林寺拳法の素晴らしさを発信しようと、道場内に留まらず対外活動にも力を入れています。





5/21(土) 山陽小野田市の老人ホーム「ココフレ紫苑」様で慰問演武会を行いました。
当部の代表拳士5名を引き連れ、一緒に少林寺拳法の技法を披露いたしました。
こどもたちは挨拶に始まり演武と、堂々とした振る舞いで頼もしく思えました。
利用者の皆さんも喜んでおられ、こどもたちに温かい言葉をたくさん頂きました。
「自分たちの演武で人を喜ばすことができる」、こどもたちも自信になったようです。





5/29(日)は日頃の修練場所である宇部市野球場で、当部が主催の公開演武会を開催しました。
2012年に開設以来、今年で5年目を迎えた当部の拳士たちが修練の成果を発表いたしました。
‥大勢を前に拳士たちは緊張気味、こちらの問いかけにも反応が薄くて困りました(苦笑)
しかし、緊張しているのは本気になっている証拠、この緊張感が人を成長させてくれます。
緊張から逃げるのは簡単ですが、立ち向かっていくことで腹ができ、自信がみなぎってきます。


演武は帯の色によりグループを編成し、グループごとに演武を披露してもらいました。
少林寺拳法の帯の色は5種類あり、「白・黄・緑・茶・黒」と階級が上がるに連れて色濃くなります。
はじめに拳歴の長い茶帯・緑帯のグループが披露、その後は黄帯・白帯のグループです。

「大地」をイメージする茶色は”堅実”、拳士としての基礎を固める重要な時期です。
「木」や「森」をイメージする緑色は”安心”、徐々に気持ちに余裕が出て落ち着いてくる時期です。
ところが当部の緑帯は落ち着くというより怠け気味な傾向があり、一番の悩みの種です(苦笑)
何色にも染まらない”自信”をイメージする黒色の帯を締めるにはまだまだ時間がかかりそうです。







「光」や「太陽」をイメージする黄色は”活発”、明るく楽しく元気よく学ぶ時期です。
白色は”純粋”、生まれたばかりの赤ちゃんのように教えたことを素直に吸収する時期です。
今回の演武会で一番元気だったのが白帯のグループ、一生懸命な姿がとても可愛いです。
‥先輩拳士たちにはどう映ったか⁈ 初生の赤子の如く、気持ちを引き締め直してほしいです。


溜まったことをグチグチと書きましたが、これは拳士たちの可能性を信じているからです。
「武道による人づくり」を志し、縁あって共に修行する拳士たちは確実に変わってきています。
これからも少林寺拳法の修練を通して、身心を練磨し、”強くて優しい志士”を育てていきます。
もちろん僕自身もそうあるように、一修行者として、先頭に立って頑張っていくつもりです。

さあ、次は6/5(日)に第44回 山口県少林寺拳法大会が控えています。
宇部恩田スポーツ少年団の拳士たちよ、「拳に魂を込めて、大きく羽ばたけ‼︎」







山口ブログに参加しています。クリックして頂ければ幸せます。



One to One Leading あなたの町のホームトレーナー

パーソナルフィッ トネスジム トータル・ボディ・サポート

トータル・ボディ・サポート

【修練日時】 幼年部│月曜日・金曜日 16:00-16:30 少年部│月曜日・金曜日 17:00-18:00 
【修練場所】 ユーピーアールスタジアム(宇部市野球場)

見学・体験随時受付中!!
<お問い合わせ> 鈴木道臣 (部長) TEL 090-9463-8728

鈴木 道臣さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス