『百歳長寿名言』『たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ』(彫刻家・北村西望102歳) | ジャーナリスト 前坂俊之のブログ

『百歳長寿名言』『たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ』(彫刻家・北村西望102歳)

百歳学入門(34)―『百歳長寿名言』
たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ』(彫刻家・北村西望102歳)
いつ何時(なんどき)でも怖れないで死を迎えられる(徳富蘇峰94歳)
楽隠居は絶対にしてはならない』渋沢栄一 91)

前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
●『たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ』

(彫刻家・北村西望
102歳)
 
長崎の平和記念像を制作した北村西望(1884―1987)は、生涯たゆまぬ努力を貰き、文化勲章を受賞した彫刻界の第一人者である。
昭和六十二年(1987)三月、百二歳で亡くなったが、平櫛田中に次ぐ日本でも最長寿の彫刻家である。もともと彫刻家には長寿が多いのは、
肉体労働であるからだろう。大作の彫刻に挑むと相当の肉体労働がともなう。それが体に良い、創造力の燃焼によって脳は活性化する。
一挙両得せある。

「わたしは天才ではないから、人より五倍も十倍もかかるのです。いい仕事をするには長生きをしなければならない」が口癖で
、平和記念像をつくるのにも昭和二十六年から四年間をかけて完成させた。
晩年、北村はきごうを頼まれると、よく「決心之大成」「洗心長寿」と書いた。
こんなエピソードが伝わっている。
ある朝、北村が自分の制作した平和記念像を見にいくと、足元に一匹のカタツムリがいた。夕方もう一度像の前に行ったとき、
なんと、そのカタツムリは九メートルもある像のてっぺんに登っていたではないか。いま都会の子供たちはカタツムリなど見たことないかもしれぬ。
昔は梅雨のシーズンなど、どこの木造家屋や庭や道端の雑草にもカタツムリがたくさんいた者だ。可愛い角をだして、歩いているようで一向に
進むのはのろい、動きはあるようなないようなー、それがいつのまにかてっぺんまで登っているではないか。北村は感動した。カタツムリに持続の
エネルギーの驚異をみた。カタツムリを生涯の師としたのである。
 
百歳記念のとき、島原市、玉宝寺の聖観音像の台座に、「たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ」という座右銘を書き、その後も研鑚を続けた。
 
とにかく日々継続、毎日毎日積み重ね,創造し続けていくと、カタツムリの目に見えないゆっくりした動きでも、1年、2年、10年、50年で膨大なものができていくのだ。私もカタツムリを師として尊敬している。 
 
●「九十年間生きてきて、たった1ついえることは、いつ何時(なんどき)
でも怖れないで死を迎えられそうな気がしてきたことです」
        
 
明治・大正・昭和三代の評論家・徳富蘇峰94
 
徳富蘇峰は、明治十九年(1886)二十四歳で熊本から上京して、民友社を結成、雑誌「国民之友」、さらに「国民新聞」を創刊。進歩的民主主義の立場から華々しい論陣を張ったが、日清戦争前後から国家主義に転じ、一部から変節者と非難された。
 
第二次大戦中は大日本言論報国会会長をつとめ、敗戦後、公職追放の身となった。明治、大正、昭和の三代を、一身で体現した人物である。
 その蘇峰のライフワークに 『近世日本国民史』がある。大正七年(一九一八) に書き始め、34年間かけて昭和二十七年(一九五二)数えで九十歳になったときに、ようやく百巻目を書き終えた大著である。日本最大、最高の歴史書である。
 
ここに掲げた言葉は、二十七年、秘書の藤谷みさをに述懐した言葉だ。蘇峰はさらに五年の余命を保ったが、昭和三十一年ごろから病臥を繰り返すようになり、翌三十二年最後の床につくと、十一月二日、九十四歳で亡くなった。

枕もとには、蘇峰の最後のことばを残そうとした紙片が置かれていたが、「イタイイタイ」、「ユックリサセテクレ」であった。
 
 
●『楽隠居は絶対にしてはならない』

渋沢栄一
(91)
 
第一国立銀行、王子製紙、東京ガスなどを生涯500社以上の企業を創立した「日本資本主義の父」・渋沢栄一(一八四〇-一九三一)は、昭和六年(一九三一)に九十一歳で亡くなるまで「財界の大御所」として最後まで生涯現役を貫いた。渋沢は八十七歳のとき、新聞のインタビューで健康法を開かれて、次のように答えている。
 
「若返って元気になるには、不断の活動が大切です。つねに計画を立て、六十から九十のあいだに実行することです。同時に節制も大事で、活動が過度にならないように注意しなければなりません。活動と節制とが、車の両輪のように調和してこそ、元気の要素となります」。
         
 また精神的に、憂いがあってはいけません。現状に満足し、穏健で平和な毎日を送る。イギリスの学者は、この活動、節制、平和が完全に行われた人間は百四十歳まで生きられると言っています。
 
煩悩、苦悩、すべて快活に愉快にというのが、わたしの秘訣です。酒は飲まない、たばこは三十三年前にやめ、食物に好き嫌いはない。畷を見て経書(儒学の経典)を読むくらいですね」
 
渋沢の九十のときの日課を見てみると、
 
午前六時から七時に起床。午前八時から八時半に朝食。午前九時から十一時まで読書し、午後は仕事で外出。昼食はとらない。
午後五時から六時に帰邸し、午後六時から七時に夕食芸後は十時まで読書して、十時から十一時までに就寝する。ちなみに渋沢は、昼寝、仮眠などをいっさいしなかった。
 
「老人になれば、若い者以上に物事を考え、楽隠居をして休養するなどということは、絶対にしてはいけません。逆に、死ぬまで活動をやめないという覚悟が必要なのです」