福田家の食卓:皿うどんバイキング | 福田敏也 オフィシャルブログ PEACE! Powered by Ameba
2014年04月09日

福田家の食卓:皿うどんバイキング

テーマ:Blog


出張に出かけて
先週末の福田家の食卓を報告し忘れていました。
先週末第一弾は、皿うどん。

皿うどんはそれほどポピュラーな食べ物ではないのですが
個人的には、
その独特の風味と香ばしさに
限りない魅力を感じてきたのです。

それにしても世間は、
皿うどんという食べ物にとても冷たい。
これほどに古くから愛され続けている
メニューであるにもかかわらず
さしたる進化もなく
淡々と今に至っているのです。

福田家では、
そんな皿うどんの歴史に一石を投じるべく
さまざまなあんかけ具材を考案し
皿うどんバイキングなる企画を実施してみたのです。

材料:皿うどんの麺(スーパーで市販されている細麺)4人前、鶏ガラスープの素、あんかけ1の具:タケノコ水煮の小1、ブロッコリーの茎1本分、豚のひき肉200g、オイスターソース、あんかけ2の具:豚のバラ肉200g、生ザーサイ1個、パスタソースのボンゴレ1袋、あんかけ3の具:むきえび6~7尾、棒ネギ1/2本、Cook Doエビチリ1袋

つくりかた:
まずは、あんかけ1から。ブロッコリーの茎は薄くスライスしたら、3分ほどゆでる。→タケノコの水煮をみじん切り。ゆでたブロッコリーの茎もみじん切りに。→フライパンにごま油を敷いて、豚のひき肉を軽く塩こしょうをしながら炒める。肉に火が通ったら、たけのことブロッコリーのみじん切りを投入。オイスターソース大さじ2と砂糖小さじ1、塩小さじ1で味をつける。→鶏がラスープ1カップを投入。塩で味を整えたら、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。



あんかけ2:豚のバラ肉は5ミリ幅に切る。生ザーサイも、2ミリ程の厚さにスライスした後、5ミリ幅に切る。→フライパンにサラダ油をひき豚のバラ肉を軽く塩こしょうをしながら炒める。肉に火がとおったら、ザーサイを投入しさらに炒める。→ボンゴレソースと水200CCを投入。→よく混ぜながら塩で味を整え、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。



あんかけ3:むきえびはよく水で洗ったら、片栗粉を軽くふり片栗粉をなじませておく。→棒ネギ1/2はみじん切りに。→フライパンにサラダ油をひきエビを炒める。エビに火がとおったら、棒ネギを投入して炒める。→フライパンにCook Doエビチリを投入。同時に鶏がラスープ200CCを。全体がよく混ざったら、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。



麺の準備:皿うどんの細麺を大皿に。適度に小さな塊に崩しておくと取りやすい。
具と麺をテーブルに並べ、好きなアンをかけて食べる。

777さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース