今日は、前から気になっていたアメリカミズアブについて

---

まずは、副産物のイエバエ発生について

---

最初、アメリカミズアブをゲットしたく、牛乳パックを横向きにし、油かすを少し入れて、水を入れて、湿らしたモノを雨の当たらない屋外へ放置

コバエが発生。。失敗。。

ただ、夜になると、ヤモリが来て食べていたみたいだから放置

---

次、前回は油かすの量が足りなかったのかな?と思い、ジャガリコの半分位まで油かすを入れて、水を入れて、湿らしたモノを雨の当たらない屋外へ放置

まぁ、失敗してもヤモリのエサになるし、ヤモリも増えると、いいなぁ~と思っていた。

そして、また、コバエが発生したが、その後、イエバエが頻繁にたかるようになる

とりあえず、気にせずたまに水を入れて放置していたが、、、

今日、もう処分しよう。と思い、網戸を開けて、回収しようとすると、、

えっ、盗人がいた!

そう、ハエトリグモが、なんと、ウジムシをくわえているのであった。

  

そうか~、ハエトリグモも食べるんだ~

ってことで、回収したモノは、別途、捨てずに、この幼虫の正体(多分イエバエ)を知りたく、羽化させるために別途管理

ただ、また、ハエトリグモやヤモリの餌場の為に今回は牛乳パックにて作成。

ただ、主目的のミズアブが欲しいので、底部から「発酵堆肥→油かす→コーヒーかす→発酵堆肥→油かす→コーヒーかす→発酵堆肥」

の順で入れてみました。

---

続いて、ミズアブについて

---

もともと、コーヒーかすの堆肥というより、コーヒーかすをゴミとして処分するのではなく、家の庭で循環させたく、コーヒーかすの再利用法を色々試した。

1.コーヒーかすをそのまま土にまく

⇒うーん、緑色のカビが生えてくる

2.ダンボールに腐葉土や米ぬか入れて、コーヒーかす投入して、毎日、かき混ぜる

⇒毎日?ムリ。ダンボールやら色々用意して大変そう

3.コーヒーかすを貯めてみる

⇒袋の底の方から緑色のカビが発生、乾燥させればいいということで、、、

4.乾燥させたコーヒーかすを貯めてみる

⇒乾燥させるという手間を惜しまずに頑張って、毎日、乾燥させ、ビニール袋に入れて保存した。しかし、やっぱり緑色のカビが生えてくる。コーヒーかすは、吸湿能力が高いらしい。

5.現在(色々試したのち)

⇒米(5kg)が入っていたビニールの袋に、コーヒーかす(乾燥させていないしカビも生えていない)、腐葉土、油かす、発酵鶏糞を入れて、たまに振って混ぜるをしていた。最近、サボって、放っておいたが、見てみると、、、ウジムシがいた。

おぉ、これはアメリカミズアブに違いない!

やっと会えたぜ。ただ、このウェット具合、それに、うーん、そうだ、雑草堆肥に入れてみよう。

---雑草堆肥について---

雑草を抜いて、ただ、乾燥させて土に埋める、や、ゴミに捨てるのなら、堆肥化しようと思い始めたこと

手順

園芸土が入っていた袋を裏返しにして黒い方を外側にし、雑草をどんどん袋に投入、上がギリギリ閉まるまで投入し、石など乗っけて水が入らないように放置、しばらくしてから、油かすを投入、2,3カ月後に土になっている。(ただ、ドクダミなどの地下茎などで増える植物は、更に時間がかかる。)

---

てことで、雑草堆肥に入れて、様子を見ると、一応、生存しているのは確認できた。

最近は、エダマメを食べるので、その食べ終わった部分を入れている。

---

その時、一応、参考として、ジャガリコに数匹入れておいた。

それを今日ひっくり返すと、まだ生きていた。

とりあえず、ミズアブか知りたいので、もう一度、入れ直し、ネットで蓋をして、保管

---最初のイエバエのと一緒にして、屋外で保管

左がイエバエで、右がミズアブ

ミズアブにはエダマメのサヤを入れて、備忘記録

---

雑草堆肥に入れたミズアブは、

ゴミ箱に雑草堆肥のビニールを入れる形とした。

ビニールから脱走する幼虫もいるとのことで。

そんで、今日、試したいことをやる。

ミズアブは、フレッシュな残渣も食べるのか?

最近、家からは麦茶の麦が大量にゴミとして出てくる。

(それを貯めておいたが、やっぱり乾燥させなかったら、緑カビが生えてきた。)

カビていない麦茶のかすとコーヒーかすをそれぞれジャガリコに入れて、さらに雑草堆肥+コーヒーかすの3パターンで、試してみた。

左上:麦茶

下:コーヒーかす

右上:雑草堆肥+コーヒーかす

---

さて、どうなることやら

とりあえず、サナギになったところを見たい。

 

---最後は、幼虫の写真

イエバエかな?

ミズアブかな?

 

---イエバエの有効利用

 

---アメリカミズアブの有効利用

https://www.grubin.jp

 

 

---なんで興味を持ったのか?

 

---なんで飼育したかったのか?