フジテレビに対する抗議 | 田母神俊雄オフィシャルブログ「志は高く、熱く燃える」Powered by Ameba
2011-08-23 22:12:44

フジテレビに対する抗議

テーマ:ブログ

私は、頑張れ日本!全国行動委員会 の会長をしている。平成23年8月21日、頑張れ日本全国行動委員会は、最近のフジテレビの放送が韓国寄りになり過ぎていることについて、フジテレビに対し抗議行動を行った。台場のフジテレビ周辺を日の丸を持ってデモ行進し、最後に抗議文をフジテレビに手渡しする予定であった。デモ、集会には約4,000人もの人たちが参加してくれた。また、ネットの中継では全国13万人のユーザーがこれを見ていた。多くの日本国民が、フジテレビの韓国寄りの放送に危機感を抱いているのが分かる。


デモは整斉と行われたが、最後の抗議文をフジテレビに渡す段階で一揉めした。


フジテレビ側は、会社が直接抗議文は受け取らず、警備をしているALSOKの警備責任者に手渡すように言ってきた。しかし我々は、抗議行動に参加している人たちの中には現職の地方議員などもおり、代表数名でもいいから中に入れてくれるよう申し入れをし、若干の小競り合いがあった。これは叶わなかったが、最後はフジテレビの社員が門のところまで出てきて抗議文を受け取ってくれた。


国際政治の本質は富と資源の分捕り合戦であると思う。第二次大戦までの世界では軍事力を直接使って富や資源の分捕りに行った。しかし、いまは軍事力が直接使われることはほとんど無くなった。その代わりに、ウソ、デマ、捏造の情報を流して、富や資源を合法的に分捕ろうとする動きが日常的に行われている。現代は情報戦争の時代なのである。マスコミは情報戦争の時代にあって大きな役割を担っており、その社会的責任を果たしてもらわなくては困る。そういった中でフジテレビの韓国寄り放送は、韓国の情報戦略に協力し、日本を不利な立場に追い込むものである。公共の電波を使って国民を裏切るような放送を行うことは我が国の国益を害するものである。そういう思いで我々は集会、デモを実施したが、これほど多くの人たちが集まってくれるとは思っていなかった。時折、雨が吹き付ける中であったが、我々の思いがフジテレビ側に伝わってくれればいいと思う。多くの皆様に私たちの思いを理解して頂くために、私たちがフジテレビに渡した抗議文を以下に添付しておきたい。








平成23年8月21日
株式会社フジテレビジョン代表取締役会長 日枝久 殿
                    

抗議文


私達は、日本を愛し行動する国民と地方議員の有志です。
平成23年8月7日、ご承知のとおり、フジテレビ局に対し多くの若者が抗議の意を表明しました。この抗議は、ここ数年のフジテレビによる放送内容が極端に韓国寄りになっている事が理由とされております。次代を担う若者の抗議に対し真摯に耳を傾けて頂きたいと強く願っています。


貴局は、私達国民の財産である電波を、国民からの付託と許可を受けて利用しているのですから、放送法に則って国民のための番組制作をするべきです。しかし、昨今の貴局で放映する番組を見ておりますと、日本のテレビ局として、その義務と責任を放棄した如き、目に余る番組内容が多く見られます。 


韓流番組が多いとの指摘については、視聴者からの要望が多い番組を放送した結果であるとのことですが、そうであれば、あれほど多くの若者がフジテレビに抗議に押し掛けることはなかったはずです。


貴局の放送内容に対し抗議すると共に、以下の点につき、解答を求めます。


1. 一週間に15時間以上も韓国の番組を放送しているが、その意図について。
2. 平成22年10月の日本対韓国のサッカー戦を“韓日戦”と表現した理由について。
3. 平成21年の世界フィギュアスケート選手権で、韓国人のキム・ヨナ選手が優勝した際は、表彰式での登場シーンから韓国の国歌をノーカットで放送し、ウイニングランも放送したにも関わらず、平成19年の世界選手権で安藤美姫選手、平成22年の浅田真央選手が優勝した際には、多くの日本人が見たかった場面である日本の国旗掲揚、国歌斉唱の映像部分をカットし放送しなかった理由について。
4. 平成23年の女子サッカーワールドカップで、なでしこジャパンが優勝した時も国旗掲揚、国歌斉唱をカットし、選手が日の丸を背負って誇らしげに走る姿も放映せず、スタジオでの試合解説を行っていた理由について。
5. 貴局の外国人株主枠が、28%を超え、放送法の規定による二割以内の規定を超えている事は、放送法違反ではないのか。例え、議決権のない株主としても、それは日本国民に対する裏切り行為では無いのか。こういう行為についての説明と理由を。
6. 韓流K-POPの音楽著作権を貴局の連結グループ会社が、大量に所有し、それを貴局が大量「宣伝」を番組やイベント等で行い、収入を得ていることは、放送局と放送人としての倫理に反し、放送法の趣旨にも違反する重大な行為ではないのか。ヨーロッパ各国の放送局では、このような道義にも悖る行為は恥ずべきものとして禁止されている。国民から安価に地上波電波枠を与えられながら、このような反道徳的な商行為を続けている理由と説明について。

上記6点につき、平成23年8月末日までに、正式な書簡とFAXにて解答を頂きたく、よろしくおねがい申し上げます。




頑張れ日本全国行動委員会
会長 田母神俊雄
幹事長 水島総
事務局長 松浦芳子
(草莽全国地方議員の会 会長 杉並区議会議員)

TEL:03-5468-9222
FAX:03-6419-3826
メール:info@ganbare-nippon.net



草莽全国地方議員の会
会長 松浦芳子 杉並区議会議員
会長代行 二瓶文隆 前中央区議会議員
副会長 三井田孝欧 柏崎市議会議員
    桜井秀三 松戸市議会議員
    小島健一 神奈川県会議員
    三宅博 元八尾市議会議員
事務局長 本橋弘隆 豊島区議会議員
会計 植松和子 函南町議
   天目石要一郎 前武蔵村山市議会議員
監査 水野むねひろ 前港区議会議員
   鈴木正人 埼玉県会議員
顧問 小礒明 東京都議会議員
   浅川喜文 荒川区議会議員
   宍倉清蔵 千葉市議会議員
   森高康行 愛媛県議会議員 

166-0003 東京都杉並区高円寺南1-32-6
TEL・FAX:03-3311-7810

田母神俊雄さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み