大原浩の金融・経済地動説

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

経済学ルネサンス・人間経済科学登場<人間経済科学と賢人たちの教え>

産業新潮

http://homepage2.nifty.com/sancho/

4月号連載記事

 

<人間経済科学と賢人たちの教え>

1) 経済学ルネサンス・人間経済科学登場

 

役に立つ経済学とは

経済学が経済やビジネスの実践で役に立たない机上の空論であるという話はよく聞く。欧米では「経済学がどれほど役に立たない学問なのか」ということは、むかしから繰り返しジョークのタネにされているほどだ。実際、私が大学を卒業してから35年あまり、金融市場を中心に経済・ビジネスと向き合ってきた中でも経済学(いわゆるマルクス経済学、近代経済学)が何かの役に立ったという記憶はほとんど無い。なぜ経済学が役に立たないのか?それは、現在主流の経済学が「唯物論」に傾斜し、「生身の人間」のことを忘れ去っているからである。

 

 現在の欧州からは想像できないが、中世暗黒時代はカルト的なカトリック教会が支配する、現代で言えば北朝鮮に匹敵するおぞましい時期であった。人間の創造性・探求心は封じ込められ、神の代理人を称するカトリック教会の教えに少しでも反すれば、拷問師という教会が雇ったプロフェッショナルのむごい拷問を受け、そのうえ生きたま火に焼かれたり八つ裂きにされたりしたのである。アダム・スミスが1776年に「国富論」を著し、合理的かつ科学的に「経済」を学問として捉えることに成功したときでさえ、欧州ではまだ魔女狩りが行われていて、「国富論」や「道徳感情論」の中には、カトリック教会に対して(異端審問でつるし上げられないように)かなり気を使った文章が散見される。

 

 したがって、アダム・スミス没後の経済学において「神の呪縛から逃れるための唯物論」が発達したのはある意味自然であったかもしれない(念のため、アダム・スミスは道徳哲学の教授であり、唯物論とは対極の「人間中心の経済」を研究していた)。

 

経済学ルネサンス

 古代ギリシャ・ローマが偉大な繁栄を遂げていたということに異論はないであろう。しかし、テオドシウス1世によって392年にキリスト教がローマ国教とされて以来、おおよそ10世紀(1000年)の間のキリスト(カトリック)教会支配のもと、西ヨーロッパ圏では素晴らしい古代ギリシャ・ローマ文化の破壊が行われたということは、大多数の研究者が認める事実である(古代ギリシャ・ローマの英知はイスラム圏で継承され、後に逆輸入された)。

 

 したがって14世紀にイタリアで始まったルネサンスが無ければ、いまだに欧州は恐怖と暴力で支配される暗黒大陸であったはずだ。神(キリスト教)による非人間的支配から解き放たれ、「人間性」に満ち溢れていた古代ギリシャ・ローマ時代の文化が「復興」されたのである。

 

 ところが不幸なことに、経済学の分野では、人間性にあふれたアダム・スミスの研究が唯物論という(神とは別の)「非人間的」要素によってその偉大な成果が破壊される時代が長く続いだ。

 

 そこで、私と有地浩(大蔵省(財務省)・国際金融公社(世界銀行グループ)OB)は、「人間性に満ち溢れた経済学」を復興すべく、2018年4月に「人間経済科学研究所(https://j-kk.org/)を設立した。

 

続きは「産業新潮」

http://sangyoshincho.world.coocan.jp/

4月号をご参照ください。

 

★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」(JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。

★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。

(毎週木曜日連載)

 

<大原浩の本>

バフェット38の教え(昇龍社)アマゾン・キンドル版

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―アマゾン・キンドル版

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社2018年度版<上・下>アマゾン・キンドル版

昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2018年度版

★投資の神様<バフェット流投資で勝ち組投資家になる>(総合法令)

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」昇龍社(アマゾン・キンドル版)

★「バフェットに学ぶ【永久不滅投資法】」―損を出さないで永遠に資産を増やすことは可能かー(同友館)

★日本株で成功する バフェット流投資術 (日本実業出版社)

★企業情報を読み解け! バフェット流<日本株>必勝法=永久保有銘柄を見抜く18のポイント(日本実業出版社)

★『勝ち組投資家は5年単位でマネーを動かす』(PHP研究所)

★「銀座の投資家が「日本は大丈夫」と断言する理由」(PHP研究所)

★「韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか」(講談社)

★The Roshi-老子81章・乱世を勝ち抜くための【決断】の書-(戦う経営者・ビジネスマン・投資家のバイブル)大原浩著・昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★未来世紀エルサレム、昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★時空小説「ルンビニ」、昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★素晴らしき映画の世界<第1巻><第2巻>昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★読書は知性と教養を高める<第1巻>

他多数

 

 

 

悪と仮面のルール

備忘録:映画レビュー:観た映画

 

悪と仮面のルール

玉木宏、新木優子、吉沢亮、尾上寛之他

55点

 

原作の小説のクオリティはわからないが、映画作品としての出来上がりはプロフェッショナルの域に達していないように思える。

 

まず、主人公の玉木宏の説明的せりふが多すぎて興ざめだし、ラストの長台詞は最悪だ。

 

もちろん、台本に問題があるわけだが、玉木宏もミスキャストだ。

 

相変わらずかっこいいし、悪い俳優では無いのだが、この作品の主人公のように善と悪が絡んだ複雑なキャラクターには向いていない。

 

「蛇」の恐ろしい男のはずなのに、のび太のようにしずかちゃんを思い続ける設定というのは、よほど物語の構成をしっかりとしないとギャグになってしまうのだが、まさにそれが起こった。

 

また、色々なシーンが唐突に汲み込まれているため、ベテラン俳優の演技も、臨場感が無く上滑りだ。

 

「愛と誠」の純愛物語の敵役に「巨悪」を配置して壮大な物語にしようとした試みはわかるが、どちらも失敗だ。

 

新木優子が物語の進行とは関係なく、ひたすらキュートなのが救いかもしれない・・・・

 

https://eiga.com/movie/86972/

 

"Paradigm shift in supply/demand could boost the

A report by Sozen Fujiwara has been posted
"Paradigm shift in supply/demand could boost the crude oil price"

https://j-kk.org/reports/paradigm-shift-in-supply-demand-could-boost-the-crude-oil-price

 

 

★【Sozen Fujiwara】

Research partner、Institute of Economics for Humans

Private investor

Bachelor of Arts, Hiroshima University

Master of Economics, Nihon University

Worked as a reporter for US-based financial media after engaged in futures markets in China and Southeast Asia as a trader. Before that started work experience as a local newspaper reporter.

Immigrated to New Zealand for children’s educational opportunity. Participated in the management of a nutritional product manufacturer that is owned by wife’s family.

Having more than 30 years experience in commodity markets and operating a crude oil market specific blog since 2010: https://ameblo.jp/sozen22/

 

原油需給のパラダイム転換で大相場到来か

研究パートナー藤原相禅の研究レポート「原油需給のパラダイム転換で大相場到来か」が研究調査等紹介ページ>に公開されました。

 

*原油需給のパラダイム転換で大相場到来か

https://j-kk.org/reports/%e5%8e%9f%e6%b2%b9%e9%9c%80%e7%b5%a6%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a0%e8%bb%a2%e6%8f%9b%e3%81%a7%e5%a4%a7%e7%9b%b8%e5%a0%b4%e5%88%b0%e6%9d%a5%e3%81%8b

 

*藤原 相禅 (ふじわら そうぜん)*

個人投資家

広島大学文学部卒業

日本大学大学院で経済学修士

地方新聞記者、中国・東南アジア市場での先物トレーダーを経て、米国系経済通信社で商品市況を担当。子育てのため一家でニュージーランドに移住。台湾出身の妻の実家が営む健康食品メーカーの経営に参画。

商品相場歴30年余。2010年から原油相場ブログ「油を売る日々 (https://ameblo.jp/sozen22/)」を運営。

 

夕刊フジ第2面 <世界に謝罪せよ 欧米が中国を「隔離」へ>

大原浩の執筆記事

<世界に謝罪せよ 欧米が中国を「隔離」へ>が、本日(3月8日土曜日午後発売)の夕刊フジ第2面に掲載されます。

ネット版(ZAKZAK)には週明け掲載予定です。

https://www.zakzak.co.jp/search/?q=%E5%A4%A7%E5%8E%9F%E6%B5%A9

 

☆大原浩(おおはら・ひろし)プロフィール

 

GINZAXグローバル経済・投資研究会代表

人間経済科学研究所(https://j-kk.org/)執行パートナー

()大原創研代表取締役

 

1960年、静岡県に生まれる。

 

1984年、同志社大学法学部を卒業後、上田短資(上田ハーロー)に入社。外国為替・インターバンク資金取引などを担当。

 

1989年、フランス国営・クレディ・リヨネ銀行入行。金融先物・デリバティブ・オプションなど先端金融商品を扱う。

 

1994年大原創研を設立して独立。国内外のビジネス・投資に広くかかわるが、特に中国株投資・日本株投資などで成功を収める。

 

また、2007年に中国・韓国の変調を感じ、両国のすべての投資から撤退。2008年の著書『韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか』(講談社)では、現在の中国や韓国の状況をズバリ的中させた。

 

また、リーマン・ショック後の日本経済復活・株価上昇も著書やブログで的確に予想。

 

『証券新報』の顧問を7年半にわたり務める。

 

現在、夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」(毎週木曜日)、「産業新潮」(産業新潮社)にて「ドラッカー18の教え」を長期連載中。

 

2018年、大蔵省(財務省)OBの有地浩と人間経済科学研(https://j-kk.org/)を設立。

 

著書は、『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)【総合法令】、「銀座の投資家が『日本は大丈夫』と断言する理由」「勝ち組投資家は5年単位でマネーを動かす」(いずれもPHP研究所)、「日本株で成功するバフェット流投資術」「企業情報を読み解け! バフェット流【日本株】必勝法=永久保有銘柄を見抜く18のポイント」(日本実業出版社)、「韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか」(講談社)他多数。

 

 

★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏とシンクタンク「人間経済科学研究所」<Institute of Economics for Humans>を設立しました。HPは、https://j-kk.org/ です(English https://j-kk.org/english)

★夕刊フジ(産経新聞社)にて「バフェットの次を行く投資術」<毎週木曜日掲載>および月刊「産業新新潮」(産業新潮社:http://sangyoshincho.world.coocan.jp/)にて「ドラッカー18の教え」を長期連載中。

 

<大原浩の本>

★孫子と三賢人のビジネス(昇龍社)<アマゾン・キンドル版>

★バフェットから広がる次の時代 第1巻<アマゾン・キンドル版>

★バフェット38の教え(昇龍社)<アマゾン・キンドル版>

★バフェット38の教え<応用編>(昇龍社)<アマゾン・キンドル版>

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>2020年度版、

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―アマゾン・キンドル版

★投資の神様<バフェット流投資で勝ち組投資家になる>(総合法令)

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」昇龍社(アマゾン・キンドル版)

★「バフェットに学ぶ【永久不滅投資法】」―損を出さないで永遠に資産を増やすことは可能かー(同友館)

★日本株で成功する バフェット流投資術 (日本実業出版社)

★企業情報を読み解け! バフェット流<日本株>必勝法=永久保有銘柄を見抜く18のポイント(日本実業出版社)

★『勝ち組投資家は5年単位でマネーを動かす』(PHP研究所)

★「銀座の投資家が「日本は大丈夫」と断言する理由」(PHP研究所)

★「韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか」(講談社)

★「銀行の終焉」(あいであ・らいふ)

★「複雑系」ビジネスー資本主義・社会主義を超える“新経済”入門(あいであ・らいふ)

★「代表取締役平社員」(あいであ・らいふ)

★The Roshi-老子81章・乱世を勝ち抜くための【決断】の書-(戦う経営者・ビジネスマン・投資家のバイブル)大原浩著・昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★未来世紀エルサレム、昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★時空小説「ルンビニ」、昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★素晴らしき映画の世界<第1巻><第2巻>昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★読書は知性と教養を高める<第1巻>大原浩箸

他多数

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>