大原浩の金融・経済地動説

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

情報収集<孫子と三賢人のビジネス>

産業新潮

http://homepage2.nifty.com/sancho/

3月号連載記事

<孫子と三賢人のビジネス>

 

☆その18  情報収集

 

情報と知識

 ピーター・F・ドラッカーは、「情報」と「知識」はまったく異なるものだと述べます。前者は現代風に言えばすべて「ビット」に置き換えることができます。つまり、「ゼロま

たは一」の二進法の数字(またはランプの点滅)で表すことができ、「アルゴリズム」で計

算可能算だということです。このゴットフリート・ライプニッツによって確立された理論

に基づき、現代のコンピュータが生まれました。

 

 コンピュータの情報処理能力のすごさは、ここ数十年間で世界中が体感しましたが、コン

ピュータはあくまで情報を「処理」しているだけで、本当の意味での「判断」は行っていま

せん。最近何回目かの「AIブーム」によって、「AI」が人間にとって代わるとの話が喧

伝されています。しかし、すべての人間の作業をAIがとって代わることなど読者が生きて

いる間には起こらないはずです。

 

 もちろん私が「頭脳の単純労働」と呼んでいる「計算・集計・書き写し・事務連絡」などの現在のホワイトカラーの業務の大半を占めている原始的作業は、AIなどのコンピュータに置き換えられるでしょう。

 

 しかし、これはかつて製造業でも起こったことです。工場制手工業の時代は、人間がいちいち手作業で原材料から製品を製造していました。しかも、その製造ノウハウは親方から伝承され門外不出とされていました。それらの作業が、製造技術の進歩とテイラーの「科学的管理手法」にとってかわられたのです。それらに対して、手工業者などから激しい抵抗があったのは事実ですが、結果的に工場労働者の賃金は劇的に向上し、中学さえろくに卒業できなかった親の世代の子供たちの多くが大学に進学するという歴史上まれに見る大躍進が起こりました。これは、ドラッカーが指摘するように、例えば戦後の数十年間だけを考えても50倍以上という驚異的な生産性向上の恩恵なのです。

 

 ホワイトカラーの業務においても、原始的作業がAIに置き換わることによって生産性の劇的な向上が見込めますから、彼らはますます豊かになります。そして工場労働者が自分で木を削る代わりに、木を削る機械や生産システムの管理の仕事を行うようになったのと同じように、新しい世代のホワイトカラーたちは「計算・集計・書き写し・事務連絡」などの業務を行う機械(コンピュータ)の管理が主要な業務になります。

 

知識が価値を生む

 いくら情報をたくさん集めてもそれらは原材料または半製品にしかすぎません。ですから、新たな世代のホワイトカラーたちは、「情報」を「知識」によって「完成品」にしなければならないのです。

 

 知識というのは「情報」と違ってビットで表すのが困難です。よく会議の席で「やたら表やグラフ(元をただせばビット)」を振りかざす担当者に「ところで君は何が言いたいんだね?」と突っ込みが入ることがあります。このような担当者は「情報」だけで仕事をしているのです。それに対して、ごく簡略な説明で、趣旨が明快で説得力のある話をする担当者もいます。彼こそが「知識」を活用する新しい世代のホワイトカラーなのです。彼が、情報を取捨選択し体系化できるのは「知識」のおかげです。そして「知識」は価値判断の重要な要素です。

(続く)

 

 

続きは「産業新潮」

http://sangyoshincho.world.coocan.jp/

3月号をご参照ください。

 

★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」(JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。

★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。

(毎週木曜日連載)

 

<大原浩の本>

バフェット38の教え(昇龍社)アマゾン・キンドル版

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―アマゾン・キンドル版

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社2018年度版<上・下>アマゾン・キンドル版

昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2018年度版

★投資の神様<バフェット流投資で勝ち組投資家になる>(総合法令)

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」昇龍社(アマゾン・キンドル版)

★「バフェットに学ぶ【永久不滅投資法】」―損を出さないで永遠に資産を増やすことは可能かー(同友館)

★日本株で成功する バフェット流投資術 (日本実業出版社)

★企業情報を読み解け! バフェット流<日本株>必勝法=永久保有銘柄を見抜く18のポイント(日本実業出版社)

★『勝ち組投資家は5年単位でマネーを動かす』(PHP研究所)

★「銀座の投資家が「日本は大丈夫」と断言する理由」(PHP研究所)

★「韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか」(講談社)

★The Roshi-老子81章・乱世を勝ち抜くための【決断】の書-(戦う経営者・ビジネスマン・投資家のバイブル)大原浩著・昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★未来世紀エルサレム、昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★時空小説「ルンビニ」、昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★素晴らしき映画の世界<第1巻><第2巻>昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★読書は知性と教養を高める<第1巻>

他多数

 

 

 

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

備忘録:映画レビュー:観た映画

 

★ヴァレリアン 千の惑星の救世主

デイン・デハーン 、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン 、リアーナ他

95点

 

リュック・ベッソン監督の実績と、はデヴィッド・ボウイの1969年の傑作「スペース・オディティ」をBGMとした始まりで、否が応でも期待が高まる。

 

しかしながら、全体としてはスターウォーズとインディ・ジョーンズを合わせて、ラブ・ロマンスをふりかけたありきたりな内容だ。

 

もちろん、アクション・シーンを描かせたら天才的なベッソン監督なので、CGを多用した「宇宙アクション」でも大いに魅せてくれるが、絵空事のアクションは「生身のアクション」には勝てない。

 

いかにも製作費をたくさん使いましたというゴージャスな内容なので、娯楽作品としては大いに楽しめる。

 

また、リアーナの踊りも「加工」がしてあるのかもしれないが、とても魅力的である。最初、ジェシカ・アルバに見えたが、そう思うのは私だけだろうか?

 

「宇宙人」のデザインも、スターウォーズなどに比べて「芸術性」を感じるのも見どころだ。

 

https://eiga.com/movie/86682/

 

夕刊フジ第1面 新型コロナ 対中入国拒否拡大 中国にも「戦略的放置」断行を

大原浩の執筆記事

<新型コロナ 対中入国拒否拡大 中国にも「戦略的放置」断行を>が、本日(2月22日午後発売)の夕刊フジ第1面に掲載されます。

ネット版(ZAKZAK)には週明け掲載予定です。

https://www.zakzak.co.jp/search/?q=%E5%A4%A7%E5%8E%9F%E6%B5%A9

 

☆大原浩(おおはら・ひろし)プロフィール

 

GINZAXグローバル経済・投資研究会代表

人間経済科学研究所(https://j-kk.org/)執行パートナー

()大原創研代表取締役

 

1960年、静岡県に生まれる。

 

1984年、同志社大学法学部を卒業後、上田短資(上田ハーロー)に入社。外国為替・インターバンク資金取引などを担当。

 

1989年、フランス国営・クレディ・リヨネ銀行入行。金融先物・デリバティブ・オプションなど先端金融商品を扱う。

 

1994年大原創研を設立して独立。国内外のビジネス・投資に広くかかわるが、特に中国株投資・日本株投資などで成功を収める。

 

また、2007年に中国・韓国の変調を感じ、両国のすべての投資から撤退。2008年の著書『韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか』(講談社)では、現在の中国や韓国の状況をズバリ的中させた。

 

また、リーマン・ショック後の日本経済復活・株価上昇も著書やブログで的確に予想。

 

『証券新報』の顧問を7年半にわたり務める。

 

現在、夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」(毎週木曜日)、「産業新潮」(産業新潮社)にて「ドラッカー18の教え」を長期連載中。

 

2018年、大蔵省(財務省)OBの有地浩と人間経済科学研(https://j-kk.org/)を設立。

 

著書は、『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)【総合法令】、「銀座の投資家が『日本は大丈夫』と断言する理由」「勝ち組投資家は5年単位でマネーを動かす」(いずれもPHP研究所)、「日本株で成功するバフェット流投資術」「企業情報を読み解け! バフェット流【日本株】必勝法=永久保有銘柄を見抜く18のポイント」(日本実業出版社)、「韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか」(講談社)他多数。

 

 

★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏とシンクタンク「人間経済科学研究所」<Institute of Economics for Humans>を設立しました。HPは、https://j-kk.org/ です(English https://j-kk.org/english)

★夕刊フジ(産経新聞社)にて「バフェットの次を行く投資術」<毎週木曜日掲載>および月刊「産業新新潮」(産業新潮社:http://sangyoshincho.world.coocan.jp/)にて「ドラッカー18の教え」を長期連載中。

 

<大原浩の本>

★バフェットから広がる次の時代 第1巻<アマゾン・キンドル版>

★バフェット38の教え(昇龍社)<アマゾン・キンドル版>

★バフェット38の教え<応用編>(昇龍社)<アマゾン・キンドル版>

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>2020年度版、

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―アマゾン・キンドル版

★投資の神様<バフェット流投資で勝ち組投資家になる>(総合法令)

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」昇龍社(アマゾン・キンドル版)

★「バフェットに学ぶ【永久不滅投資法】」―損を出さないで永遠に資産を増やすことは可能かー(同友館)

★日本株で成功する バフェット流投資術 (日本実業出版社)

★企業情報を読み解け! バフェット流<日本株>必勝法=永久保有銘柄を見抜く18のポイント(日本実業出版社)

★『勝ち組投資家は5年単位でマネーを動かす』(PHP研究所)

★「銀座の投資家が「日本は大丈夫」と断言する理由」(PHP研究所)

★「韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか」(講談社)

★「銀行の終焉」(あいであ・らいふ)

★「複雑系」ビジネスー資本主義・社会主義を超える“新経済”入門(あいであ・らいふ)

★「代表取締役平社員」(あいであ・らいふ)

★The Roshi-老子81章・乱世を勝ち抜くための【決断】の書-(戦う経営者・ビジネスマン・投資家のバイブル)大原浩著・昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★未来世紀エルサレム、昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★時空小説「ルンビニ」、昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★素晴らしき映画の世界<第1巻><第2巻>昇龍社<アマゾン・キンドル版>

★読書は知性と教養を高める<第1巻>大原浩箸

他多数

 

 

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

備忘録:映画レビュー:観た映画

 

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

エマ・ロバーツ 、デイヴ・フランコ 、ジュリエット・ルイス 、エミリー・ミード

105点

 

ライアー・ゲームなど、秘密のゲームで賞金を稼ぐというコンセプトの映画・ドラマはたくさんあるが、本作品もその一つだ。

 

ただ、使い古されたネタにも関わらず、今風な疾走感がうまく織り込まれていて、十分楽しめる。

 

特に、日常から、この危険なゲームにのめり込んでいくあたりの描写は、リアリティがあり秀逸だ。

 

しかし、途中オートバイで二人が疾走するあたりから、やや現実離れして嘘くさくなるのが残念である。

 

また、ユーチューブで危険な映像をアップしてアクセス数を稼ごうとして事故死する事件が多いが、それらの映像と比べると、後半部分は創られた感がありありで少し興ざめだ。

 

もっとも、「良い子は真似をしないように」とは申し添えておく。一瞬のアクセスのための自らの命を落とすのは悲しすぎる。

 

また、最後のまとめも少々陳腐だ。恋愛ものとしては、このようなエンディングもありだが、「みんな、結局はいい人」的な終わり方は物足りない。

 

ただ、全体としては大いに楽しめる作品だ。

 

https://eiga.com/movie/85403/

 

残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋

備忘録:映画レビュー:観た映画

 

残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋

竹内結子 、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一他

75点

 

ホラー映画としてそつなくまとまっている。また、それなりの怖さ、不気味さもある。

 

ただ、ミステリー仕立てでなぞ解きをしながらの恐怖体験という構成が、うまく機能してい無いように思える。過去から連綿と続く怨念の連鎖がこじつけっぽく感じられるのは残念だ。

 

また、冒頭のエピソードと最後のつながりも、今一つインパクトが無い。

 

最初の「気配を感じて後ろを振り返っても、誰もいない」的な恐怖はよく描けているが、後半になっても殆どそれで終わっている感がある。

 

竹内結子は、なぜかそのさわやかな感じがホラー映画によく似あう。今回も、彼女が画面を引き締めなければ、惨劇に終わったかもしれない・・・・

 

特にラストは、「なんだかなあ・・」という感じだ。

 

ただ、エンディングロールの仕掛けは、凡庸ではあるが、こじゃれていると思う。

 

https://eiga.com/movie/82365/

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>