先日、ネスレのキットカットの外袋が、プラスチック製から紙製へと変更され売られていました。昨今のプラスチック問題に対する対策として、行われた変更であるとの事。

ほとんどの食品関連のパッケージがプラスチック製なのに対し、このような前例が出来ると

今後も、そういった変更が後に続いていきそうで、紙関連の仕事に携わる我々としては

嬉しいニュースであるともいえるでしょう。

 

 さて、これに関連して、昔から紙袋のままの食品もあります。それが、小麦粉等のパッケージです。

 これには、きちんとした理由があり、小麦粉に含まれるグルテンというタンパク質が、空気と

触れ合っていないと固まってしまうという特性があり、空気を通さないナイロン等の包装では

中で固まってしまう事がある為だそうです。つまり、紙の袋は空気を通すので呼吸をしている

とも言われています。

 

先のプラスチック問題とも合わせて、今後も紙の袋の需要が増えればそれに伴い付加価値の

ついた紙や加工手段等、仕事の幅も増えていくものと期待したいと思います。

 

by Tanaka