みなさん、こんにちは。師走のあわただしい季節となりました。

 

今回は、いま注目を浴びている新素材、CNF(セルロースナノファイバー)をご紹介します。

 

CNFとは簡単にいうと、強度は鉄の5倍もあり、重さが1/5のプラスチックや、耐衝撃性が200倍にもなるガラスの替わりにもなるようです。

 

では、なぜ紙を扱う当社がCNFを紹介するかというと、CNFは紙の原料となるパルプの繊維をナノ(ナノは100憶分の1メートル)単位に細かく解きほぐしたものだからです。

 

製紙メーカーとしては、磨いてきた技術や生産ノウハウを活用して、紙と並ぶ事業にしたいところなのですが、今の現状ではコストが約100倍かかるという点が大きな課題となっているのです。

 

今後、技術や生産が上がれば様々な製品にも採用され、コストダウンも可能となるのではと思われます。

 

そして、今後は紙の販売(紙頼み)だけでなく、CNF販売ですと言える日が、近い将来来ることを楽しみにしています。