こんばんは。

校舎長の樋口です。

 

今日は英語の音読について大切なことを書いていきます。

音読の意義について理解しているかいないかで効果が変わります。

じっくり読んでみてください。

 

センター試験の英語は、非常に文量が多いので、1つ1つ考えながら文章を読んでいたら、時間が足りなくなります。

例えば、リスニング。

聞こえてきた英文に対し、「toが聞こえたけど、このtoは不定詞の副詞的用法だから・・・」だとか、「おっ、whichが聞こえた!これは関係代名詞なのか疑問詞なのか・・・」なんて考えていたら、その間にどんどん英語の音声が流れていきます。

 

また、日本語訳をしながら、リスニングなんてできるわけないです。

テレビなどで同時通訳者のたどたどしい日本語を聞いたことがあるでしょう。

「この通訳、代わった方がいいんじゃない?」って思うことはよくありますよね。

でも、英語のプロである同時通訳者でさえ、あのレベルが限界なんです。

聞くと同時に日本語に変換するというのは、プロでも相当難しいことなんです。

ですから、高校生のみなさんが日本語に変換しながらリスニングをするなんて、できるわけありません(笑)

そう、できなくていいんです。

できなくていいのに、日本語にしながら聞き取るなんて無理だー!って考えてしまって英語が嫌いになっていくんです。

 

センター英語(筆記)の長文も、リスニングと同様のスピードで読むのが理想です。

日本語の文章を読む場合と聞く場合、読むスピードと聞くスピードは一緒ですよね。

 

リスニング時と同じスピードで長文を読めるために大切なことは2つあります。

①文法を考えない。(文法の完全理解の後に音読しまくって、文法を意識しなくても理解できるようにする)

②日本語に変換しない。(英語を英語のまま理解する)

 

先程も書いたように、文法を考えながら英文を聞くことはできません。

日本語を読んだり話したりする時、文法事項を考えていますか?

五段活用の連体形だから・・・とか、イ音便にするべきか・・なんて考えて日本語を話している人はいないですよね(笑)

 

もちろん、文法をやらなくてもいいわけではありません。

文法を完全に理解し、理解したうえで文法を意識しなくても聞いたり読めたりできるレベルにする。

そのために、理解した英文を音読しまくって、反射的に意味がわかるようにするんです。

文法を理解しているだけの人は、読んだり聞いたり書いたり話したりするのに時間がかかります。

とにかく、理解した英文や問題文を音読して、文法を意識しなくても使えるようにしましょう。

 

次に、「②日本語に変換しない。」について。

 

英語を英語のまま理解しようってよく言われますね。

すごく大切なことなんですが、残念ながら、「英語のまま理解する」がどういうことかわかっていない人が多いです。

 

具体例をあげて説明します。

 

I run in the park every morning.

 

この文章を読んだとき、意味はすぐわかったと思います。

日本語に変換しなくても、意味が理解できたはずです。

 

「run」は日本語にすると「走る」ですが、「走る」なんて日本語に変換しなくても、「run」の意味はわかりますよね。

「run」は「走る」という日本語で覚えるのではなく、「run」は「run」として覚えます。

走っている姿をイメージしながら、I run in the park every morning.  I run in the park every morning. と何度も音読をして、「run」を「run」として覚えてください。

 

「park」は、日本語に変換すれば「公園」ですが、「公園」という日本語に変換しなくても、「park」の意味はわかりますよね。

ブランコでも滑り台でも何でもいいので公園をイメージしながら、何度も音読してください。

「park」は「park」と覚える。

ただ、単語を覚えるときは、単語1語ではなく、カタマリで覚えた方がいいです。

それぞれの単語には相性があります。

「おなか」と「へる」は相性がいいけど、「おなか」と「減少する」は合わない。

「おなかがへる」とカタマリで覚えておかないと使えません。

「in the park」、「every morning」など、音読するときはカタマリを意識しましょう。

(単語帳で単語を覚えるときは、なるべく例文を音読しましょう。もちろん綴りを覚えるには書きまくってください。)

 

音読は、日本語に変換せずに英語のまま理解するために絶対必要なトレーニングです。

棒読みするだけの音読はダメで、意味をイメージしながら音読してください。

手に入るなら、ネイティブスピーカーの音声をマネしながら音読してください。

長文テキストを買うときはCD付きを選びましょう。

(ちなみに東進の英語の講座は、テキストの文章の音声がダウンロードできます。)

 

読解スピードやリスニング力を上げるには、すべての英文を見たことがある、音読したことがある英文にしておけばいい。

読む英文すべてが、「I run in the park every morning.」レベルであればすらすら読めることになります。

初めて見る英文は、理解するのに時間がかかります。

もし、I run in the park every morning.という文章を見るのが初めてだとすると、

「run in はもしかして熟語かな?」だとか、「the park every morning」 でヒトカタマリかな?とか、余計なことを考え出して、読解に時間がかかります。

知ってる人からしたら、まったくの無駄な検討をしていることになります。

 

知ってた場合は、すぐわかる。

知らなかった場合は、悩んでみるけど、結局わからなくて時間を浪費する。

 

「すもももももももものうち」

知っている人は、すぐわかる。

知らない人は、「何だこれは!「も」が多くね?どこで切れるの?」となる。

言葉というのは、知っていれば誰でもできるようになります。

能力とかセンスよりも、「努力」によって語学は身につきます。

 

知ってる英文を増やすためにも、理解した英文はとにかく音読しまくって身体にしみこませてください。

 

もちろん、英文を理解するには日本語の手助けが必要です。

単語帳に、runの意味はrunだと書かれていても意味がわかりませんね(笑)

授業を受けたり、参考書を読んだりする際は、日本語を介すことで理解できます。

ただ、理解することと瞬時に反応できることは全く別の話。

日本語を介して理解した英文から、日本語を追い出すのに必要なトレーニングが音読です。

(日本語を使って理解した英語から日本語を追い出すってことは、そもそも英語の授業は日本語を使わず英語で教えればいいって話。でも英語で英語を教えられても理解が難しい。)

 

 

英語ができる人

イルカ → dolphin

 

英語で苦労している人

イルカ → イルカ → dolphin

 

英語ができる人は、イルカを見たらすぐ「dolphin」が出てきます。

英語で苦労している人は、イルカを見たら、「これはイルカで、イルカは英語でdolphin」と考えます。

日本語を経由することで、スラスラ読んだり聞き取れたりできなくなります。

 

dolphinは「イルカ」ではなく、「dolphin」と覚える。

イルカを頭にイメージしながら何度も音読して覚えましょう。

イルカdolphinイルカdolphinイルカdolphinイルカ・・・・

「イルカ」という言葉を忘れるくらい、音読しましょう。

 

~英語の勉強法~

①学校・塾・参考書などで、英語を日本語を使って理解する。

②理解した英語から日本語を追い出すために音読をする。

 

英語で苦労している人たちは、だいたい①で終わっています。

英語ができるようになるには、②の音読が絶対に必要です。

 

さあ、毎日音読がんばろう!

 

音読についてもっと詳しく聞きたい方は、ぜひ校舎に質問しにきてくださいね。

分詞

こんばんは。

校舎長の樋口です。

 

今回も、生徒からの質問を共有するために書いていきます。

 

All the money was gone.

生徒: 「goは自動詞で、自動詞は受動態にできないと習ったけど、この文はどういうこと?」

 

確かに、自動詞は受動態にはできません。

受動態にできるのは、目的語をとる他動詞のみです。

SVO、SVOO、SVOC のOが主語になります。

 

このgoneは受身ではなく完了を表しています。

 

一般的に、過去分詞形は受身を表します。

a novel written by AI 「AIによって書かれた小説」

a boiled egg 「ゆでられた卵 →ゆで卵」

stained glass 「着色されたガラス →ステンドグラス」

 ※stainは「変色させる」 そこから、①汚す、しみをつける②着色する

 名詞の「しみ」でつかわれることが多い単語。発音はステイン。

 

過去分詞形は基本的には受身(される)を表しますが、「完了」の意味になる場合があります。

そんなに数があるわけではないなので、音読しまくって覚えてしまいましょう。

例文をつけたので、例文をとにかく音読しまくってください。

 

fallen leaves

「落とされた葉っぱ」ではなく、「落ちるのが完了した葉っぱ」つまり「落ち葉」

We built a fire with fallen leaves and enjoyed baking sweet potatoes.

私たちは落ち葉でたき火をして、焼き芋を楽しんだ。

 

retired players

「引退させられた選手」ではなく、「引退が完了した選手」つまり「引退した選手」

Some retired players launch a new business.

引退した選手の中には新しい事業を始める人もいる。

 

escaped prisoners

「逃がされた囚人」ではなく、「逃げるのが完了した囚人」つまり「脱走した囚人」

The police are now searching for the escaped prisoner.

警察は、今脱獄囚を捜索している。

 ※policeはsがついていないですが、複数扱いの単語

 

developed countries

「発展させられた国」ではなく、「発展が完了した国」つまり「先進国」

African countries have surpassed the developed countries in economic growth for the past decade.

アフリカの過去10年間の経済成長は先進国のそれを上回っている。

 

be married

「結婚させられる」ではなく、「結婚が完了した状態である」つまり「結婚している」

I'm married, but I've fallen in love with another woman.

私は結婚しているが、別の女性を好きになってしまった。

 

be used to

「使われている」ではなく、「使うのが完了した状態」つまり「(使い)慣れている」

She is used to speaking in public.

彼女は人前で話すことに慣れている。

※慣れているってことは、実際に「している」わけなので、「している」を表すing形がうしろに来ます。

(「これから」を表すto不定詞ではありません)

 

be gone

「行かされる」ではなく、「(どこかに)行ってしまっている」つまり「なくなっている」

All the money was gone.

すべてのお金が無くなってしまった。

 

例文をとにかく音読して、英語のまま覚えてしまいましょう。

 

How about

こんばんは。

校舎長の樋口です。

 

生徒からの質問があったので、ブログに書いて共有します。

 

How about you go shopping with me?

生徒:「この文の構造がわかりません」

 

how about ~ で、「~はどうですか?」という意味になります。

中学校では、how about の後ろには、名詞(または動名詞)がくると習っているので、混乱してしまうのでしょう。

 

How about には、名詞だけでなく、SVを続けることもできます。

How about S V   SがVするのはどうですか?

 

冒頭の文の意味は、

How about you go shopping with me?

私と一緒に買い物に行くのはどうですか?

 

how about の後ろは名詞という固定観念を取っ払うために、いくつか例文をあげるので、何度も音読して覚えてください。

 

How about we eat ramen tonight?

今夜はラーメンを食べるのはどう?

 

How about I go to your house?

私があなたの家に行くのはどう?

 

How about you clean your room?

部屋を掃除したらどう?

 

くれぐれも、「how about の後ろは文が続くこともある」のように日本語で覚えないこと。

日本語で覚えてしまうと、英文を瞬時に読み取ったり聞き取ったりできません。

とにかく例文を音読しまくって、覚えてください。

 

こんにちは。

名古屋新瑞橋校の校舎長の樋口です。

 

前回に引き続き、GWライブ授業の残った問題の解説を書いていきます。

前回の記事を読んでいない方は、そちらからご覧ください。

https://ameblo.jp/toshin-aratamabashi/entry-12373651994.html

 

時制の一致とは、過去のことは過去形にするという、ごく当たり前のことで、無意識に行うものでした。

この無意識レベルのものを、意識的に、わざと、意図的に崩すことがあります。

 

時制の一致の例外① 「今もそうだよ!」を伝えたいときは現在形

 

参考書には、不変の真理だとか現在の習慣だとかいろいろ書かれていますが、「この文は不変の真理だから、現在形を使おう」なんて思っていたら、英語は話せないし聞き取れません。

現在形は、今を中心とした過去現在未来を表す形なので、「今もそうだ!」と伝えたければ現在形にすればいいだけ。

(もちろん、「今もそうだ!」に視点を置かなければ、無意識に過去形でもかまいません。)

 

He said that he goes fishing every Sunday.

彼は毎週日曜日に釣りに行くと言った。

 

過去に言った(said)ことなので、goesではなくwentを無意識に使うところを、現在形を用いています。

言ったのは過去ですが、今も日曜日は釣りに行っていることを伝えたい場合は現在形を用います。

 

その感覚を練習しましょう。

He said (← 過去形・・・遠くを見つめる感じで「あの時彼は言ったんだ・・・」)

that he goes fishing every Sunday.(← 現在形・・・身近に感じて「ふだん釣りに行ってるんだ、日曜にね・・・」)

「He said 彼、言ってたんだけど(過去)、that he goes fishing every Sunday いつも日曜は釣りに行ってる(現在)んだって。」

遠い・近いの距離感を意識して、何度も音読してください。

 

もちろん、時制の一致は無意識レベルなので、現在の習慣や不変の真理であっても、時制の一致をしてもかまいません。

He said that he went fishing every Sunday.

彼は毎週日曜日に釣りに行くと言った。

過去にそういう発言をしたってだけで、現在も釣りに行くかどうかは、わかりません。

 

30. We learned that the earth (   ) around the sun.

   ①goes  ②go  ③went  ④to go

 

正解は① (③もOK)

「地球は太陽の周りをまわっていることを学んだ。」

地球がまわっているのは、今でも変わらないこと。

学んだという過去の出来事より、地球はまわっているということに視点を置けば、現在形goes。

「学んだんだ~(過去)、地球は太陽の周りをまわってるって(現在)。

 

もちろん、③も問題ありません。

昔はこういった問題がよくありましたが、最近は見かけなくなりました。

時制の一致は無意識レベルなので、不変の真理であっても時制の一致をしてもかまいません。

 

People in those days didn't believe that the earth went around the sun.

当時の人々は、地球が太陽の周りをまわることを信じていなかった。

 

話し手の視点は、当時の人たちは信じていなかったという過去にあります。

「今もまわっているよ!」を伝えるのではなく、当時の人々は信じていなかったという過去に視点を向けているので、無意識に、自動的に、何も考えずに時制の一致をします。

 

「時制の一致の例外」という言葉に惑わされている人が多いですが、「過去のことなら過去、現在のことなら現在」を意識して過去形と現在形を選べばいいんです。

ルールでガチガチに決まっているわけではなく、過去形にするか現在形にするかは、話す人つまり自分で勝手に選んでいいんです。

 

時制の一致の例外② 歴史上の事実など、明らかに過去のことは、わざわざ過去完了を使う必要はない

 

I learned that Nobunaga was killed in 1582.

信長が1582年に殺されたと学んだ。

 

本能寺の変で、信長はいちごパンツ(1582)をはいていたとかいないとか・・・って語呂合わせは大人になった今でも覚えています(笑)

 

過去完了形(had pp)には大過去という用法があります。

これは、時間がずれていることをハッキリ伝えたいときに用います。

 

I think he was rich.

私は彼が金持ちだったと思う。

この文を過去形にすると、

I thought he had been rich.

私は彼が金持ちだったと思った。

金持ちなのは、思った時よりももっと前のことだっていうのを、ハッキリと伝えたい場合に大過去(had pp)使います。

 

信長というのは、誰でも知っている歴史上の人物です。

信長が殺されたのと、私が学んだ時間は、明らかにずれていますから、わざわざ大過去にしてハッキリと伝えてあげる必要はない。

I learned that Nobunaga had been killed in 1582.のように大過去を使うと、

「信長が死んだのは私が学んだ時よりも昔のことだからね!時間ずれてるよ!誤解しないでね!信長ってもっと過去の人なんだよ!」という感じ。

信長くらい知っとるわーってなります(笑)

 

「歴史上の事実」という言葉だけを覚えている人は、いちいち歴史かどうかを判断しないといけなくなる。

「過去の出来事だっていうのを相手が知っている場合は、わざわざ大過去にしなくていい」

ただそれだけ。

 

時制の一致の例ではないですが、例えば、

He arrived after you left.

あなたが出た後に、彼が到着した。

 

厳密には、あなたが出た時間と彼が到着した時間はずれています。

He arrived after you had left.

のように過去完了形にしたいところですが、afterやbeforeは前後関係が明らかになる接続詞ですね。

前後関係が明らかな場合は、わざわざ過去完了を用いる必要はないんです。

 

時制の一致はネイティブスピーカーは無意識にやっていること。

「時制の一致をしよう!」なんて考えずに時制の一致ができるよう、いろいろな例文を音読して覚えましょう。

 

こんにちは。

校舎長の樋口です。

 

4月30日と5月5日に開催した英語の授業ですが、2日間で計42名という非常にたくさんの参加がありました。

3時間の授業でしたが、いろいろと関連する英語の話をし過ぎて、残ってしまった時制の一致の解説を書いておきます。

 

「時制の一致」とは、現在のことは現在、過去のことは過去のように時制を一致させること。

ものすごく当たり前の話です(笑)

日本語の仕組みが変なので、難しそうに感じるだけです。

 

私は顔を洗って、朝ご飯を食べ、歯を磨きます

I wash my face, have breakfast and brush my teeth.

日本語の文末が「ます」という現在形なので、この日本語はすべて現在の内容(ふだんのこと)になります。

英語ももちろん、wash、have、brushのように現在形。

 

私は顔を洗って、朝ご飯を食べ、歯を磨きました

I washed my face, had breakfast and brushed my teeth.

日本語の文末が「ました」なら、過去の話になります。

英語は過去のことは過去形を使うので、当然、washed、had、brushedのようにすべて過去形を使います。

でも日本語は、文末を過去形にすると、その文の内容が一斉に過去になるという特殊な言語です。

文の最後まで聞かないと、時制がわからない言語なんです。

 

私は顔を洗って、朝ご飯を食べ、歯を磨き○○○

文末を隠すと、これが普段のことなのか過去の事なのか全くわかりません。

 

私たち日本人は、「文末を過去にすると、一斉に過去になる」という不思議なルールに慣れきってしまっています。

英語はそんな不思議なルールはなく、過去の事はすべて過去形で書きます。(←当たり前のことですが・・・)

 

I think he is rich.

「私は彼は金持ちである思う。」

この文を、「思った」という過去形にしてみます。

日本語は、文末を過去形にすれば、その文の内容が過去になるので、

「私は彼は金持ちである思った。」

というように、文末を過去にするだけで過去の文になります。

(「金持ちである」を「金持ちだった」に変えなくてもいいわけです。)

 

ところが英語は違います。

think を thought に変えるだけでなく、is も was に変えないといけません。(←当たり前)

I thought he was rich.

思ったは当然thought、思った内容も過去のことだからwas。

金持ちだと思ったのは、今現在の彼ではなく、思った時の彼(過去の彼)を見て金持ちだと思ったのです。

だからともに過去形。

 

これが時制の一致。

過去のことは過去形にする、よく考えたら、当たり前のことをしているのです。

 

28. I told her that she (   ) pale.

   ①looks  ②looked  ③is looking  ④will look

 

正解は②のlooked

told が過去形なので、続く内容も過去形にする。

過去形には過去形を続ける。

3秒で解いてください。

これを無意識レベルでできるように、何度も音読しましょう。

 

日本人が文末を過去形にすると一斉に過去になるというのを無意識にやっているように、ネイティブスピーカーも時制の一致を無意識に行います。

大事だからもう1回言いますが、日本人が文末を過去形にすると一斉に過去になるというのを無意識にやっているように、ネイティブスピーカーも時制の一致を無意識に行います。

I told … ときたら、そのあとは無意識に過去形。

「時制の一致だから、過去形にしよう」と考えて過去形にしているのではなく、何も考えずに無意識に過去形。

(意図的に時制を一致させず「今もそうだよ!」を強調する場合もありますが、その説明はまたあとで。)

 

29. I was afraid it (   ) rain that evening.

   ①would  ②is going to  ③will  ④had

 

正解は①のwould

wasが過去形なので、その後も過去形だから①か④が正解。

④のhad rain はおかしいので①が正解。

これも、3秒くらいで解いてください(笑)

 

I'm afraid SV は、I think SV と同じで、後ろにSVをとることができます。

(もちろん、I'm afraid thatのように、thatを入れてもOK)

意味もthinkとほとんど同じで、「~と思う。」

ただ、thinkと違って、残念だったり好ましくないことを思うときに使います。

 

29の日本語訳は、その晩は雨だろうと思った。

3秒問題ですが、一応細かく説明します。

まずは現在の文を考えてみましょう。

「今晩は雨だろうと思う。」

I'm afraid it will rain this evening.

授業でやりましたが、willは推量「~だろう」。

今晩のことは確実ではないので、willを使います。

では、過去の文に変えます。

I was afraid it would rain that evening.

I was ときたので、無意識に過去形would。

(this evening (今晩)を過去にすると、that evening(あの晩)です)

 

さて、問題文をthat evening ではなく、this evening にするとどうでしょう。

I was afraid it will rain this evening.

この発言は、今朝の発言だと考えられます。

今晩はまだ先のことなので、willでもいいんです。

(もちろん、時制の一致のwouldでもOK。)

 

ブログの字数制限もあるので、今回はここまで。

次の記事で、時制の一致の例外と30の解説を行います。