緊急事態宣言の延長が決まり、昨日豊島区の対策本部にて

 

6月1日からの対応が決まりました。

 

詳細は豊島区ホームページにて

 

区施設の利用については、概ね、休館していた施設も一部制限

 

などはありますが開館するような体制になりました。

 

私たち自民党豊島区議団も宣言延長の可能性があった

 

5月24日付にて区長並びに教育長への要望書を提出しており

 

緊急事態宣言の延長の際の対応についても要望させて

 

いただきました。

 

区内の喫煙所については、私も現場を確認しましたが

 


喫煙所が閉鎖されていることによって、その前で喫煙している

 

方々がいらっしゃって、かえって受動喫煙の可能性が高まって

 

いることなどから、閉鎖の解除を申し入れており、今回解放となり

 

非喫煙者である私もほっとしております。ただ単に規制する

 

だけでなく、決まった場所で吸ってもらうことが、吸う人も

 

吸わない人も気持ちの良いことにつながると思います。

 

中学校の部活動についても申し入れており、現在運動部については

 

大会前などのみの活動となっております。これについて大会前

 

だけでなく感染対策を行い、活動の制限緩和をお願いしましたが

 

今回は見送られました。また小・中学校の施設開放についても

 

要望しましたが見送られました。

 

体育施設については、一部利用制限はありますが休館から

 

開館になったことは良かったと思います。しかしながら、一部

 

対応が他の施設と異なる部分もありますので、こちらについては

 

区への説明を求めたいと思います。

 

緊急事態宣言が延長となりましたが他区の状況や都の動向も

 

踏まえて適切な対応を今後も求めてまいりたいと思います。