5月19日より始まりました

豊島区 新型コロナ ワクチン接種

についてご報告いたします。

 

 


↑としまセンタースクエアでのワクチン接種リハーサル時の様子

 

既に多くの65歳以上の高齢者の方々より

 

「ワクチン1回目打ってきたよ」

 

「来週、ワクチン打ってくるよ」

 

「かかりつけのお医者さんで6月にやるよ」

 

など多くの声をいただいており、総じて豊島区でのワクチン接種

 

については高い評価していただいております。

 

 

個別接種である、各医療機関の予約状況については

 

把握できておりませんが、豊島区での集団接種

 

巡回接種の予約状況が確認できましたので、ご報告いたします。

 

豊島区独自の取り組みである各区民ひろばでの巡回接種

 

については93%の予約率となっております。

 

私の地元周辺の仰高、清和、駒込、西巣鴨の区民ひろばでは

 

予約率がほぼ100%という状況です。先日まではまだ予約可能

 

というお話もありましたので、巡回接種での予約も増加している

 

ものと思われます。

 

そして、集団接種会場、豊島区では現時点でとしまセンタースクエア

 

1か所のみとしておりますが、こちらの予約率は7割程度という

 

ことでまだまだ予約可能です。

 

他区では予約をとるのが大変という声もいただいておりますが

 

豊島区では医師会、歯科医師会、薬剤師会の方々のご協力

 

により個別接種(地域の各医療機関での接種)をメインに据えた

 

ことにより大きな混乱もない状況です。

 

また、高齢者の方からは「かかりつけのお医者さんならば

 

私のことは良くわかっているから、そうした方に

 

打ってもらえるのは安心」というお話もありました。

 

今回は、多くの方々のご協力により大きなトラブルもなく

 

ワクチン接種が行えております。しかしながら、今後65歳未満の

 

方々の接種については、人数も多くなりますし、かかりつけ医が

 

いらっしゃらない方も多いと思います。

 

今後は集団接種も増やしていくことになると思います。

 

またクーポン券の配布も一斉では混乱が生じるのではないかとの

 

懸念もあります。こうした点について、しっかりと確認しながら

 

豊島区でのワクチン接種が進められるように注視して

 

まいりたいと思います。