選挙戦もあと残すところわずかになりました。

 

生まれ育った 豊島区。

 

先輩方が築き上げていただいた豊島区、そして巣鴨にて私は生まれ育ちました。

 

その豊島区を、次の世代にしっかり繋いでいくために

 

私は、今、やらなければならないことを一つ一つ実行してきました。

 

何か、皆様方の生活を一変させるような事を言って、世の中が変わるのであれば

 

私もそうしたことを言いたいです。

 

でも、私もこの街で生まれ育ち、そうしたことはなかなか無かった。

 

そうした中で、一つ一つの課題を着実に解決することで

 

大きな課題の解決につながると、私は思います。

 

そうした、取り組みを行ってきました。

 

AEDの24時間化、救命アプリの普及などは身近な方の命を助けるための仕組みづくりであります。

 

AEDの24時間化をしたところで、区民の皆様方の生活が一変するわけではありません。

 

しかしながら、もし万が一、大事なご家族、ご友人が目の前で倒れられて

 

AEDがカギのしまった施設にあったので、助けることが出来ませんでした。

 

そんなことは、あってはならないと思います。

 

緊急時の為のAEDなのに夜間、早朝使えないものが9割ほどある現状を私は少しでも解決したい。

 

その為に、24時間使えるAEDを1台でも多く増やすことで、一人でも多くの方を

 

助けることが出来るのではないか。私は、そう思いました。

 

その為に議会で提言し、行政と共に方策を検討し、コンビニに設置するということで

 

事業を進めてまいりました。

 

こうした一つ一つの課題を確実に解決していくことが

 

私は重要ではないかな、と思います。

 

救命アプリの普及も119番通報してから救急車が到着するまでに10分かかると言われている

 

この東京においていち早く心臓マッサージ、AEDの作動を行うことで、一人でも多くの方を救うことが

 

出来るのではないかと思い、取り組んだ事業であります。.

 

しかしながら、全ての事業が完結しているわけではありません。

 

救命アプリは、これから普及を進めていこうとしている事業であります。

 

この選挙戦に勝ち、次の期にしっかりと取り組んでいくことが必要です。

 

その為には、皆様方のご指示ご支援を今一層、より一層、広げていただきたい。

 

豊島区民のご友人、ご親戚などにも是非とも池田ゆういちの取り組みを広めていただき

 

池田ゆういちのご支援につなげていっていただければと思います。

 



生まれ育った豊島区の為に、私は頑張ります!

 

宜しくお願い致します。

 

豊島区議会議員候補 池田 ゆういち