NOODLE VOICE @豊島区 ~「濃厚ホタテつけそば」 | としくんのブログ

としくんのブログ

ラーメンブログのみ公開中です。

NOODLE VOICE

豊島区(池袋)
 
【メニュー】濃厚ホタテつけそば
【価格】950円

​[訪問時期] 2019年7月下旬(平日) 夜
[注文方法] 券売機にて
[スープ] 鶏豚+魚貝/白湯
[味] 塩
[麺] 中太麺(通常300g⇒200g位)
[トッピング] (麺)海苔、カイワレ、(汁)チャーシュー、メンマ、刻み大根、紫玉ねぎ、柚子皮、(別)青海苔


某店のラーメンを目指して会社を出たのだが、駅まで歩いて満員電車に乗っている間に、暑くてすっかり気が失せてしまった。
急きょ、駅近で、つけ麺か冷やしが有る店を物色し、池袋で途中下車して当店へ。
18時半過ぎで先客2名。



予習では「冷やし中華」、「ホタテミルキー冷そば」と、冷やし限定が2種類あるようで、一時はその後者に傾きかけたのだが、辛そうなソースの存在に気付いて回避。
結局、表題のレギュラーメニューを選択し、並で300gという麺量は少なめでお願いした。


因みに出身元の「NOODLE SOUNDS(ORAGA)」は新橋、本郷三丁目と2回行き、どちらも「ホタテ69らーめん」を食べている。
着席から10分弱でご対麺。



濃厚ホタテつけそば
つけ汁鶏豚白湯+和風魚介出汁をベースに、ホタテの旨味を濃縮した、修業先譲りの味わい。
あくまでも修業先との比較だが、らーめんと比べて若干ホタテが弱めに感じられるかな。
つけ汁用に、動物出汁の濃度と塩気を高めているんだろうか。
それでも、クリーミーな動物出汁に負けず、淡白なイメージのホタテの甘旨味をこれだけ前面に出したスープは、他店ではまず経験できない。
素直に美味しい。



つけ汁中にはチャーシュー、メンマ、刻み大根、紫玉ねぎ、柚子皮が入り、これも本家譲りの定番。
チャーシューは、分厚いバラ肉に炙りを入れたもの。
修業先では、炙った香ばしさと裏腹に肉が硬化している気がしたのだが、当店のチャーシューはヤワトロで美味しく、文句なしに軍配を上げる。
ダイス状に刻んだ大根や玉ねぎは、濃厚スープの爽やかなお供として、らーめん以上に必須なアイテム。



は全粒粉入りの中太ストレート
つけ麺用としては決して太くはないが、
香り高さとシコシコモッチリ食感は、絡みまくるつけ汁を確り受け止めている。
厨房奥に小麦袋が詰まれているので、自家製麺なんだろう。
少なめでお願いした麺量は、200g程度に感じた。



麺上のトッピングは、シンプルに海苔とカイワレ
添えられた青海苔を、時折麺にかけて啜ってみるが、効果は僅かな感じかな。



ラストはあっさり魚介出汁でスープ割り
らーめんは、中盤以降にスープを重たく感じた覚えがあるが、スープ割りで〆られるのは、ポイント高い。
割りスープが多めだったのか、若干だけ輪郭がボヤけた気がしたので、卓上ご自慢の
ピンクロックソルトで調整して飲み干した。


最後の最後、ブラペの刺激でピリッと来るのも修業先と一緒。


■ 感想など
オンリーワンな味わいは、当店にも確り受け継がれている。
と言うより、メニューもほぼ変わらないようなので、2号店的な感覚でいただける。
駅からすぐの立地で、店内も広く居心地良さげ。
ちょっとお高めな値段が気になるが、原価もかかっていそうだし、こんなものだろうか。
らーめんよりも、重たさや飽きを感じずに完食出来るので、今後この系列はつけそば優先になりそう。

ご馳走様でした。