麺屋 遊仁 @五所川原市 ~「蛤塩そば」 | としくんのブログ

としくんのブログ

ラーメン中心にグルメ、旅行など


テーマ:

麺屋 遊仁

五所川原市(五所川原)
 
【メニュー】蛤塩そば
【価格】900円

[訪問時期] 2018年9月上旬(平日) 昼
[注文方法] 口頭注文、後会計
[スープ] 鶏+蛤/清湯
[味] 塩
[麺] 細麺(140g位)
[トッピング] チャーシュー、蛤、メンマ、三つ葉、白髪葱



青森にワープしてRDBを物色していたら、五所川原の当店が目に留まった。
青森でシジミラーメンは聞くが、とは珍しい。
しかもそれを食べたOG党主任が、「(蛤が)ここまで強いと私には少しエグく感じてしまう。シェラーにはおすすめです。」とレポートされていて、自称シェラーとしては見過ごせない。

五所川原駅からほど近く、太宰治に因んだ「トカトントンスクエア」の一角。
12時20分着でほぼ満席。



メニューは鶏清湯、蛤清湯をメインに、中華そば、煮干し、旨辛まぜそば等々、結構幅広い。




標題を口頭注文し、暫し待った後にご対麺となった。



スープ
貝エキスが良く出ていそうな微白濁清湯
自称シェラーとしてエグさは感じないが、一発で満足確信の強めな蛤出汁感
蛤は三重県から直送とか。
鶏油なのか出汁なのか分からない程度の、ライトな鶏の支えがあり、タレは塩と白醤油の混合らしき優しい甘味。
淡麗ながら味わいは濃密で、この深みとバランスの良さは、関東でも受けるだろう。




全粒粉入りの、やや扁平で微ウェーブのかかる細麺。
ズボズボと啜る口当たり、適度なコシ、滑らかな喉越し。
スープから半歩引きながら、存在感は譲らない食感や風味が気に入った。



トッピング
チャーシュー、蛤、メンマ、三つ葉、白髪葱。
チャーシューは微妙に部位の異なるロース系煮豚が2枚で、しっとり食感も、仄かな甘味を載せた肉汁も上々の部類。



5個載ったは流石に小粒だが、プックリした身には旨味が確り残っている。



三つ葉は大きな葉と刻んだ茎に分けて配置され、葉の強い風味は若干スープに干渉しているように感じた。


■ 感想など
スープ、麺、トッピング何れにも流行りの洗練性を感じる、隙のない一杯
青森らしさは微塵もないが、こういう一杯に五所川原で出会えるとは、格別の感がある。
因みに、味見させてもらった蛤醤油、鶏醤油どちらも納得の出来栄え。
後刻ネットを見ていたら、店主さんは石神氏のラーメン塾で修業したような記事を見つけた。
だとすれば頷ける。

ご馳走様でした。




としくんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス