麺処 あす花 @千代田区 ~「味玉しおらーめん」 | としくんのブログ

としくんのブログ

ラーメン中心にグルメ、旅行など

麺処 あす花

千代田区(水道橋)
 
【メニュー】味玉しおらーめん
【価格】900円(味玉100円含む)
 
[訪問時期] 2018年5月中旬(平日) 昼
[注文方法] 口頭注文、前金制
[メニュー] 味玉しおらーめん
[価格] 900円(味玉100円含む)
[出汁] 鶏+魚介/清湯
[味] 塩
[麺] 細麺(140g位)
[具] チャーシュー、味玉、穂先メンマ、海苔、カイワレ、刻み葱
[その他] 出汁炊きご飯(サービス)
 
 
祝❗移転オープン❗🌸
新橋での居酒屋間借り営業が終了してから1か月半。
待ちに待った新店オープンの日、期待と不安を携えてお店に行ってみる。
12時半、満席で外待ち5名
独立開店を決めてからの紆余曲折も知っているだけに、初日の繁盛ぶりは嬉しい。
 
 
 
券売機で新橋時代一番好きだった「しお」を味玉付きでプッシュ。
 
 
食券を奥のカウンターに持っていき、出来上がりの呼び出しで受け取りに行くセルフ方式。
 
 
暫くワンオペで乗りきるための苦肉の策だ。
奥の厨房で大忙しの明日香店主とお話し出来ないのは、ちょっと寂しいかな。
着席から10分ほどで、自分の番号が呼ばれた。
 
 
 
スープ
変わらず旨い。
優しくふくよかな大山鶏を、魚貝がじんわりと後追い。
奥の方から浮かび上がる香ばしい煮干感は、いつもより若干弱めかな。
素材はいずれも際立つ主張をせず、見事にバランスを取り、その味わいは奥深い
癒されるようなその美味しさに、老若男女が口元を緩めるはずだ。
 
 
 

あさひや製の細ストレート
際立った特徴はないが、啜り心地、歯応え、喉越し、風味いずれも及第のオールマイティーな麺。
最大の長所は、あす花のスープとの相性が抜群なことだろう。
余談だが、明日香店主の麺上げが、また必見の可愛らしさなのだ。
 
 
 
■ トッピング
チャーシュー、味玉、穂先メンマ、海苔、カイワレ、刻み葱。

チャーシューはバラ肉のロール煮豚で、赤身と脂身がナイスコンビなホロトロ系。
 
 
穂先メンマは根元確り、穂先軟らか。
今日は幾分早熟気味な味玉は、口に入れるだけでホッコリ。
 
 
どの具も薄めな味付けで、素材の旨味がスープに良く馴染む
 
 
■ 感想など
出汁炊きご飯のサービスは、水道橋でも継続。
ラーメンスープで炊いてあるので、そのまま食べても美味しいが、雑炊風もお薦めしたい。
 
 
 
移転後初めての一杯を堪能。
新橋に初訪問した時に「美味しい」と言うと、「普通のらーめんですよ」と返って来たのを思い出した。
自然体の店主が作る普通のラーメンは、何度食べても心に響き、何時しか食べ手にとっては普通でなくなる
水道橋でもそんなお客がたくさん増えて行くことだろう。

ご馳走様でした。
重ねてオープンをお祝いします㊗️
 
 
 
 
 
 
 

としくんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス