としくんのブログ

ラーメン中心にグルメ、旅行など


テーマ:

MENYA 食い味の道有楽 

柏市(北柏)
 
【注文】長月の一杯★牛 丸腸モツラーメン(D)味噌 モツ2倍
【価格】 1400円
 
[訪問時期] 2017年9月中旬(休日) 昼
[注文方法] 券売機にて
[出汁] 丸腸+野菜/清湯
[味] 味噌
[麺] 平打ち中太麺(140g位)
[具] 丸腸、大根、ゴボウ、ニンジン、刻み葱2種、ニンニク、生姜
[別注文] 特馬刺し(2000円)、俺の餃子(5個450円)


麺友さんたちと道有楽で定例会。
事前に飛び込んだ情報通り、この日は「特馬刺し」「俺の餃子」が提供されていた。
当然、両方とも即買い。
メインディッシュをキープの上で、麺友さんたちと酔い痴れるところからスタート。


まずは熊本産の極上「特馬刺し」赤身&脂身の1.5人前を大蒜醤油で


普段口にする薄ペラでタレ味に負けるような代物ではなく、分厚さ、軟らかさ、馬肉ならではの旨味と3拍子揃った超絶品。



続いて登場の「俺の餃子」は、紫峰豚と筑波茜鶏のミンチがたっぷりと詰まり、パリッと焼き上がりの皮の中から蕩けるような肉汁が溢れ出る。
これには堪らず、既に焼酎を何杯お代わりしたか覚えていない。



頃合いを見計らって、JKが限定麺のスープで丸腸を生から煮込んでいる。



すっかり放心状態の所に追い討ちをかけるように、丸腸モツラーメンが登場した。



スープ
動物系主体の清湯をベースに、直前に大量の丸腸と野菜を煮込んだスープ。
円やかなブレンド味噌の味わいを突き破るように、牛モツの、特に脂の旨味とコクが響いてくる。
塩や醤油ならいざ知らず、結構ハッキリした味噌にも負けない旨味。
牛モツ一辺倒でくどくなりがちなところを、野菜の甘みと旨味が優しく中和する。
スープの中に味噌、牛モツ、野菜が明確に存在し、シナジーしているのには驚いた。



序盤からニンニクと生姜を溶き混ぜて味わえば、もう一方的に引きずり込まれるばかり。



菅野製、手揉み風の平打ち縮れな多加水麺
レギュラーの清湯系でも使われているタイプだろう。
舌をくすぐりながらシコシコモッチリで、終盤までダレない。
当店のラーメンは、スープや具材の圧倒的な迫力の前に麺の存在感が薄くなりがちだが、この麺が登場してからはそんなことも稀になった。




牛モツ(丸腸)、大根、ゴボウ、ニンジン、刻み葱2種。
お好みで入れてもらったニンニク、生姜



とにかく
牛モツは質量共に圧巻
ゴムみたいな安物とは違い、プクッと肥えた身に弾力性と軟らかさが確り同居し、脂から旨味が溢れ出てくる。
その美味しさがいつまでも褪せないので、ついつい酒が進んでしまう。



そんな逸品を結構食べたのに、終盤まだ10個以上もゴロゴロしていた。


野菜の仕上げ方も見事。
野菜自体は薄味で煮しまった感がないのに、スープにはその甘旨味が溶け出し、これだけの牛モツ感を中和し、スッキリと飲めるようになっている。


■ 感想など
ラストはライスをドボンして
牛モツ雑炊で〆。
と言うより、牛モツ雑炊で更にアルコールを重ねた(笑)



今まで食べたベストなもつ鍋とベストな煮込みの、遥かに上を行く旨さ。
この牛モツが、年内にカレーとコラボしちゃうかも?なんて構想もあるらしいので、そちらもかなり愉しみだ。


ご馳走さまでした
 



 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

としくんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。