としくんのブログ

ラーメン中心にグルメ、旅行など


テーマ:

自家製麺  くろ松

高崎市
 
【注文】(松)特級中華そば(白醤油)
【価格】 900円
 
[訪問時期] 2017年9月上旬(休日) 昼
[注文方法] 口頭注文、後会計
[出汁] 鶏+魚介/清湯
[味] 白醤油
[麺] 平打ち中細麺(140g)
[具] チャーシュー、鶏チャーシュー、ワンタン、メンマ、味付け卵、メンマ、三つ葉、刻み葱、(他)柚子胡椒
 
 
麺工 小烏丸からの連食です。

別の所で待機していた連れをピックアップし、本日の本命だったこちらへ。
 
 
開店後間もなく、ちょうど1順目が食べ始めている頃合いで、店内待ち8名に接続する。
黒壁基調の店先には手入れの行き届いたが凛と置かれ、打ち放しぽく仕上げられた広い店内も和モダンで粋。
 
 
20分ほどで席に案内され、日曜はお店に出ておられるとの奥様に標題をお願いする。
 
 
「かず屋」ご出身と聞いているが、良く見ると店内には第二の修行先を暗示するものも置かれている。
暫くの後に届いた一杯は、流れるような麺線は共通だが、全体のビジュアル的には第二の修行先に近いか。
とにかくワクワク高揚するような美しさだ。
 
 
 
スープ
鶏ベースに煮干や鯖節等が感じられる淡麗清湯。
どれもが突出せずにバランスするタイプで、意外なほど穏やかな白醬油にリードされる出汁感は複雑で奥深い
油も必要最小限で、出汁素材が織り成す旨味には不要に干渉しない。
初動でやや物足りなく感じる向きもあるだろうが、旨味の幅と厚みがグングン伸びるのが分かる。
この引き算的発想のスープは、2軒の出身店のどちらとも異なる独自系の表現。
そしてかなり旨い。
 
 
 

綺麗に整えられた、自家製平打ち気味の中細ストレート
コシを保ちつつ、口当たりと喉越しにも配慮したジャストな茹で加減。
小麦の風味も際立ち過ぎることがないよう、バランスに細心の注意が払われているような印象を受ける。
個性が感じられない面もあるのだが、スープとの相性はもちろん上々。
お店情報によれば、麺量は140gとのこと。
 
 
 

チャーシュー、鶏チャーシュー、ワンタン、メンマ、味付け卵、メンマ、三つ葉、刻み葱。
縁には味変具として柚子胡椒が添えられる。
 
 
旨味たっぷりの肩ロースのレアチャーシュー、歯がサクッと入る軟らかな鶏チャーシュー
この組み合わせは第二の修行先と同じものだが、肩ロースを2枚にスライスする所に、店主さんの独自性への意気込みが表れているのかも知れない。
 
 
 
肉餡が詰まったテルテル坊主タイプのワンタンが2個。
外見も味わいも、これは「たんたん亭」系の流れを汲むものだと即座に分かる。
 
 
その他の具も全て、丁寧な作りこみが窺えるもの。
 
 
因みに(松)特級は(竹)中華そばに+150円で、ワンタン2個、味付け卵が追加になる。
合計900円との設定はリーズナブルだと思う。
 
 
■ 感想など
2軒の名店ご出身の店主さんが作る一杯は、外見や味にその片りんを感じさせつつも、独自色を強めようとしていることが窺える。
素人目には既に完成の域に近づいているように思えるが、まだまだ進化を遂げて行くのだろうか。
ご主人と奥様の柔らかくもハキハキした声が響く中で、極上のラーメンをいただき、極めて気持ち良いひと時を過ごした満足感がある。
また機会を作ってでも再訪したいお店だ。
 
ご馳走さまでした
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

としくんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。