山梨県議会議員 望月利樹のブログ

山梨県議会議員 望月利樹のブログ

いまやらなければならないこと。いま大切にしなければ失ってしまうモノ   いまチャレンジしなければならないこと。 共に考えよう 共に行動しよう。 

~メッセージボード~



     創ろう ともに 未来のやまなし

~近き者悦び遠き者来たる地域を目指す~

これまでの主な活動テーマ

峡南歴史文化ツーリズム構想、清らかな水から生まれる農産物と食、自然と周遊観光の連動、中部横断道と「甲州いろは坂」国道300号の動線を活かし、富士山の北側を「ヒト・モノ・経済」の動線を太くする新たな「新東海道」構想、富士川舟運の歴史を紡ぐ地域の文化力の醸成「富士橋」の架け替え、フットボール専用スタジアムの多機能型活用、動物殺処分ゼロに向けて、子宮頸がんワクチン被害者の救済、鳥獣被害対策と命を尊ぶジビエを印伝として活用、自転車と公共交通の連動「身延線のサイクルトレイン構想」、男性の育児参加と女性の働き方改革は人口減少の切り札、消防団員は地域力の要!、山梨の基幹産業を再生!儲かる農業と稼げる林業への挑戦


ユーチューブでの一般質問の動画です。→ http://www.youtube.com/watch?v=CkMcwDq-XdA&feature=player_detailpage


近年の質問動画は山梨県議会インターネット中継 ⇓「望月利樹」で検索してください。
http://www.yamanashi-pref.stream.jfit.co.jp/?tpl=speaker_result&speaker_id=30



◎活動 写真集です。→ http://photozou.jp/photo/top/634978

◎フェイスブックでも情報発信をしています。→ 
http://www.facebook.com/#!/toshiki.mochizuki


◎ツイッターでつぶやいてます。→ twitter.com/toshikimochi



Instagram始めました。
本日、身延町にあるNPO法人国際ブリアーさんから新型コロナウイルス感染拡大防止のためにマスクの寄付受納式が行われました。


様々なご縁から、NPOと県との間の橋渡しをさせて頂く事ができ、善意を繋ぐ一助となれた事に感謝しています。



‪山梨県議会は本日4月28日、臨時議会を開催します。‬

‪新型コロナウイルス感染拡大防止と医療体制の強化、経済、県民生活への影響を最小限に抑えるための予算の議決と、議員報酬の10%、3か月減額の提案です。‬


県内感染者は一時的に減少していますが、専門家の意見では、第二、第三の波はあるとの事。

県内での感染拡大を防ぐには、まさに今が踏ん張り時です。苦しい状況ですが、力を合わせて乗り越えて行きましょう!

さあ、これから議場に向かいます!
支援制度が分かりにくい、生活が行き詰まってしまうなど、様々な相談が私のところにも寄せられています。


厳しい状況下で、支援必要な方々全員に行き渡って欲しいと願っています。

そこで、新型コロナウイルス対策の支援などをわかりやすくまとめたNHKのサイトを添付します。




力を合わせて、この難局を乗り越えましょう
山梨県、新型コロナウイルス感染者3.4例目の濃厚接触者である親族3人が陰性であった事を3月25日18時30分公表しました。



次に保育関連の情報です。

感染対策を講じた上での保育の実施を市町村に通知しました。


東京都での感染者が急速に増えています。

この波が波及して来るという最悪のシナリオを考えた時、

山梨県のコロナ危機は、これからが正に正念場です。


手洗いうがいを徹底し力を合わせて乗り越えよう!


3学校25日現在、山梨県内の新型コロナウイルスの新たな感染者情報です。

新型コロナ対策はこれからが本当の正念場だと思います。





手洗いうがいをしっかりと行いましょう。
まさかこのタイミングで辞めらるとは思わなかった。なぜ?


新型コロナウイルス対策に一丸となって取り組まなければならないこの時期に、山梨県議会の議長、副議長が本日、辞意を表明した。







本日19日10時から行われた各会派代表者会議の場において、正副議会がそれぞれ辞意を表明。


23 日の定例会最終日の議決が終わった後に辞職するとの事。







新型コロナウイルス対策に一丸となって取り組まなければならない緊急時に、なぜ辞めなければならないのか?


意見をぶつけたが答えは返ってこなかった。



少数意見への配慮は全くなく、
会議は閉じられた。

県民不在の議会運営の最たるものだ。
落胆の思いと、強い憤りを感じざるを得ない。

本当に残念でならない。