大田区役所で開催

 年間6回奇数月第3木曜日に開催している東京都マンション管理士会大田支部主催(大田区後援)の相談会に参加しました。連日猛暑が続いていますから、相談者がいるのかどうかを危惧しましたが、相談開始時間午後1時には、すでに待っている方がいて、結局、3組の相談を4名の大田支部会員でお受けしました。もっとも、前に相談者が0名だったときと違い、今回は、1組から電話予約いただいていたため比較的余裕をもって臨めました。たとえ午後1時から4時まで相談者がいない場合でも、大田区から会場を提供されているので待機していなくてはなりませんし、後日、名義使用報告書という結果を記載した書面を提出する義務があるからです。

 

 大田区役所は、JR蒲田駅から近く便利ですし1階ロビーという人通りが多い会場なのですが、いかんせん、分譲マンションの管理についての相談会ですから、誰もが関心があるというわけでもなく、マンション管理士会の幟を不思議そうに見て通り過ぎて行きます。そんなときに思い出すのは、千代田区や新宿区のマンション管理士から聞いた「相談者が多いから、相談員が足らずに困っている」という言葉です。勿論、大田支部でも会員20名のうち平日に相談員として参加できるメンバーが限られています。しかし、たまたま今回は、久しぶりに出てきてくれた会員がいたので、重なった相談者をお待たせしないですみホッとしました。

 

 大田区主催での分譲マンション管理セミナーが9月9日(日)消費者生活センターで開催されます。その案内チラシができあがったので、住宅課の担当者からいつものように180部預かりました。チラシを会員に配って、それぞれ知り合いや近くのマンションに渡してもらうのです。

 

管理組合に同行

 まだ、雨が残っている肌寒い土曜日に顧問先で足場解体前検査があり、修繕委員とともに参加しました。事前に保険をかけていても、ヘルメットをかぶって命綱もつけますから、服装も背広というわけにもいきません。管理組合の参加者は、ほとんどが初めての経験だったはずですが、意外に緊張していない様子でした。今回は、マンションの形状が複雑なので、迂回する場所が多く、狭くて段差があるために、ヘルメットに度々上の鉄棒があたりコツコツと音をたてましたから、ヘルメット着用でなかったら、きぅと頭がコブだらけになったでしょう。

 

 屋上は、連日の雨のためにまだ防水工事が完成していなかったので、防水の工程がよくわかりました。また、水溜りができないようにと凹凸をできるだけ少なくする作業も確認しました。管理組合からの質問にも現場責任者がゆっくりとわかり易く説明をしてくれたので、約2時間という時間がかかりましたが、特に指摘箇所などありませんでした。ただし、足場を歩いていると、どうしてもバルコニーから部屋の中が見えてしまいますし、居住者と目線があってしまします。そんなときに、慌ててカーテンを閉められるのには閉口しました。まるで、不審者扱いで汚らわしいと言わんばかりの素振りだったからです。ゆっくりと歩きながら、タイルの汚れやシーリングの塗り忘れなどをチェックしているだけでもそんな態度をされるのですから、一日中そこにとどまって作業する人の心中が察せられます。

 

 4ヶ月という工期で始まった工事が、雨のために延びて、6月末が7月中旬までかかりそうとの説明を受けました。当然、費用負担は、業者ですが、居住者にとっても、例えば、洗濯物を干せない日が延びるわけですから、ご不便をかけることになります。遅れを挽回するために土日も作業をしている業者も大変ですが、晴れると作業があり、雨が降ると作業がないのでは、洗濯物を干す日がまったくないのです。そこで、居住者に対して工期が延びる説明とお詫びを書面にして配布してもらうことにしました。その後すぐに、文面案がメールされてきましたが、お詫びが主で、工事の終了予定などが大切なところが抜けていたため、ほとんど書直しをするしかありませんでした。

 

 

氏神様の夏祭り

テーマ:

神酒所へのご祝儀

 恒例の浅間神社の夏祭りは、初夏のような暑い日差しでしたから、さぞや盛り上がっているだろうと楽しみにして神酒所にご祝儀を持参しました。ところが、期待が大きかったためなのかどうかわかりませんが、賑わっているはずの神酒所には前の町会長が座っているだけで、ほとんど町会の役員の姿がありませんでした。後で聞いたところによると、嘘か本当か知りませんが、高齢者ばかりになったので、町会員への接待もままならず、酒のつまみ等も神酒所で作ることもできなくなったそうです。それでは、町会所有の神輿や山車を誰が差配するのでしょうか? おとなの神輿はともかく、山車を引いて廻るくらいしないと楽しみにしている子供達がガッカリしてしまうでしょう。

 

 それでも、夜になったら、お囃子の音も高らかに山車がやってやってきました。どうやら、例年通りのイベントをするらしいので、ホッとした半面、周囲が子供の頃のような一途なお祭り気分ではないことにも気づかされました。さすがに、山車のすぐ近くには人混みができていましたが、それを待っていて家から外に出て見物している人の姿がほとんど見られなかったからです。かっては、山車が来ると道路に出て、知り合いに声をかけたり、拍手して迎えたりしたものだからです。

 

 夏祭りがすぎると本格的な夏が来るという感覚でしたが、今年は、その前にもう夏が来てしまったようです。翌日に子供の山車が廻って来たときには、お世話役が皆さん夏のいでたちで麦わら帽子などをかぶっていました。そして、近くの町会長の家の前で休んで、飲み物を振舞われていました。それを横目に見ながらスポーツクラブに行きましたが、いつもの日曜日のようにウォーキングマシンも空いていないほど混んでいます。しかたないので、お風呂に入ったら、サウナも満員でした。近くの人は、たぶん神社の氏子が多いはずですが、ほとんどお祭りとは無関係な生活なのでしょう。それでも、お祭りの話をしていた人たちもいて、「昔のようにお祭りに家族が集まるようなこともなくなった」と言っていました。