Toshihiro Egawa Blog

Toshihiro Egawa Blog

画家/イラストレーターです。デスメタル〜BABYMETAL等のアートワークもしています。

ご無沙汰しております。

たまにここを近況をお伝えする場所にできればと思っています。

 

先日、ファインアートの近況をTwitterで投稿したのですが、

こちらではイラストレーション/アートワークについて記そうかと思います。

 

自分の中でですが、

いわゆる『ご依頼を受けた仕事絵』はイラストレーションかアートワークと呼んで、

『自分から発信するような、自分で思いつき自分だけの発案で描き起こしたもの』をファインアートと呼んでいます。

(ご注意)たぶん世間の一般的な区別、言い方と違うと思います。

 

アートワークは海外のデスメタルバンドとの絵仕事において

作品をArtworkと呼ぶのが普通なのですが、

その為、少し仕事絵に近い印象を持っています。

 

ファインアートはwikiの最初の行では下記のようになっています。

『ファインアート(fine art, fine arts)は、芸術的価値を専らにする活動や作品を指す概念。日本語の芸術とほぼ同義であるが、とくに応用芸術、大衆芸術と区別して純粋芸術を意味する場合に使われる。芸術の中でも美術について使われることが多く、この場合、応

用美術に対して純粋美術とも。』

Wikipedia

 

 

より抜粋

 

と、おおむね同意です。

で、個人的に思う区別ですが

ものすごく分かりやすく言うと・・・

 

●頼まれて描いたもの=アートワーク、イラストレーション

●頼まれもしないのに描いたもの=ファインアート

 

としています。

(ここでいうのは藝術か芸術かアートかイラストかなんだ、という分別の話ではないです)

 

Twitterではファインアートを続けることばかりつぶやいていましたが、

イラストレーションが嫌になったわけではないです。

ただ、元々ファインアートをやりたくて絵を描いてきた、

という個人的な人生におけるようなシンプルな話でした。

 

イラストレーションは共同作業によって生まれる価値があり、

誰かとの協作でもあるので、

そこからしか生み出せない価値、品質、喜び、などがあると思いますし、

ファインアートとは別物だと思っています。

 

イラストレーションは使う労力も違いますし、

結構な体力がいります。

近年、自分の体力がかなり落ちたのも

イラストレーションの仕事の量を見直すきっかけの一つと言えます。

なかなか、肉体労働なんですよね。

 

こんな感じですが、(雑で申し訳ないです)

ファインアートをどんどんやっていこうという所存です。

 

ご拝読ありがとうございました、

また機会があればよろしくお願いいたします。

 

江川敏弘