一歩の勇気

テーマ:
農業を夢見て、思い切って農業の世界に飛び込んだ20数年前のあの時、あの一歩の勇気が私をここまで連れてきた。

あれから、人生の大半を農業に費やしてきた。
農業を続けてきて、喜びも苦しみもいっぱい経験してきた。けれどもやっぱり、農業は楽しい。私は農業が好きなのである。

そして、まだまだ道半ば。目標とする農業の形が見える。それを形にしていくこと。私の命が成し遂げたいこと。


忙しかった前半戦

テーマ:
今日から9月。早いもので今年もあと残り1/3となりました。
前半戦、春夏野菜は苦戦しました。作付本格化する4月初めに、慣れたスタッフが退職し、入れ替わりに新人さんが入ったものの、すでに農繁期に突入していたために、丁寧な指導が出来ずに、新人さんが慣れるまで指導やフォロー等、非常に大変でした。
でも春からの新体制もようやく慣れてきたように思います。いよいよ秋冬作もこれからが本番。いい野菜がとれるよう、頑張ります!

でも…、台風や長雨はかなり気がかりです。21号はもろにこちらに向かってきます。覚悟はしておかないとな。自然のことはどうにもならないのでやれることを精一杯やれば、何とかなる、これを信じてやるのみです。

一昨日、芽キャベツ、プチヴェール、カリフローレ、カーリーケールを植えました。



秋らしい野菜達も登場しています。



つるむらさきの花

テーマ:



紫のつるむらさきはこのような可愛らしい花が咲きます。 
収穫の度に癒されています。

こちらの花、食べられるんです。
三重テラスレストランのシェフに教えてもらいました。

夏休みに野菜を出荷しているレストランに食事にいってきました。
東京の三重テラスレストランでは、カルパッチョにつるむらさきの花がそえてありました。




この春から野菜を使っていただいている大阪の阪急うめだ本店12階にあるイル・デジデリオ・オルタッジョというイタリアンのお店では、つるむらさきのパスタに飾られていました。

お料理の見た目も可愛らしく、そしてとっても美味しかったです。

昨年位からイタリアンやフレンチ等、レストラン向けの野菜を増産し、出荷するお店は東京1店舗、大阪2店舗、伊賀4店舗に増えました。
野菜を使っていただいているお店に出向いて、お料理をいただくことが、私の楽しみのひとつです。

普段は汗まみれ、土まみれで働いていますが、たまにはちょっぴり優雅に過ごすことを大事にしています。
いい仕事をするためには、自分へのご褒美大事ですからね(^^)。

ご無沙汰しています。

テーマ:
またまたご無沙汰してしまいました。
情報発信が大切だな、と思いながらもついつい更新が滞ってしまいます(反省💧)

農業を20年近くやってきて、年々未来の農業の行く先を案じています。やりたいことはたくさんあるのだけれど、前進は牛の歩みほどです(涙)。

農業を続けてきて思うことは、こんなに楽しい仕事はないということ。もちろん辛いこともたくさんあるけれど、それを越えた喜びはとてつもなく大きなものです。そんなことを発信して、これからの日本の農業に生かしていけたらいいな、と思っています。思っているだけじゃなくて、ちゃんと実践していかないとね…。


つるむらさきを収穫しています。


近頃はつるむらさきがブームのようです。

ゆとり。

テーマ:
10月の長雨、そして台風21号の到来、そしてさらに、早かった寒さの訪れにより野菜の生育不良で、出荷量は昨年の6割ほどになっています。

台風直後のボロボロになった野菜たちを見た時は正直愕然としました。何とか回復に努めなければと、風によって倒された白ネギやブロッコリーは手で立て直し、雨風で弱った野菜たちにはほとんど全てに追肥と中耕をしました。
スタッフ達の努力の甲斐があったのと、野菜の逞しい生命力により予想以上に復活を遂げ、少ないながらにも毎日出荷する野菜があるのは感謝です。








寒い冬なので、種を蒔いても育たないので今は出荷の作業くらいしか作業がなく、しかも例年の6割程度なので非常にゆとりがあります。出荷量が少なくて売上も少ないから、節約生活なので外への遊びは控えめにして、おうちでのんびりしています。いつも忙しい仕事なので、こののんびりもいいものだと。

干し柿作ったり、サツマイモやバターナッツでプリンを作ったりと、身近にあるもので手作りを楽しんでます。

さつまいもと柚子のプリン。


今年に入り、からさわ農園の野菜を使っていただけるレストランが増えました。
先日はこの秋から野菜を使っていただいている大阪のフレンチのお店、Buzz梅田店の7周年パーティーに呼んでいただき、出席してきました。
からさわ農園の野菜をたくさん使っていただいてとても嬉しかったです。



こちらは全てからさわ農園の野菜です。
ロマネスコ、ブロッコリー、カラフル人参、紅くるり大根、紅芯大根、カーリーケール、赤からし水菜です。


プチヴェール、オータムポエム、間引きこかぶの天ぷらです。


3年程前に東京日本橋の三重テラスレストランへの出荷が始まり、イタリア野菜やハーブなどレストラン向けの野菜の生産を始めたのですが、これが楽しくて、今年に入って大阪のBuzz梅田店をはじめ、伊賀のフレンチ、イタリアン、和食のお店で使っていただけるようになりました。私自身フレンチやイタリアンが好きで、野菜を使っていただいてるお店に食事に行くのが楽しみになりました。来年はさらに、レストラン向け野菜を充実していく計画をしています。

今年はいいことも悪いことも、いつもの年以上に様々な経験をさせていただき、非常に学びの多い年になりました。来年はこの経験を生かして、プラスの結果に繋げていくぞと思いを巡らせて、ゆとりのある今はしっかり充電しています。

台風21号

テーマ:
台風による被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。

昨夜到来した台風21号はここ数年にはない大きな台風でした。
人や建物などには被害はなかったので、よかったのでしょう。
でも、野菜は相当のダメージを受けています。
長雨続きで弱々しかった野菜たちに追い討ちをかけるように強い風と雨が野菜を襲いました。
秋冬野菜の種まき時期にもあたるこの時期に長雨が続き、種まきも予定通りに進んでいません。

それでも、今後出来る限りの手当てを行い、遅れた種まきを進めていくしか、やれることはありません。
ただ、淡々とやれることをやるだけです。

農業は自然による恩恵と、自然による脅威とどちらも引き受けなければいけないのですね。

こんなときのために、もっとしっかり貯金しておかないといかんなぁ~、と反省。
農業経営者として、またひとつ貴重な経験をさせていただきました。







問題点を探す

テーマ:
多品目栽培で、スーパー及び直売所4店舗、レストラン出荷とセット販売、中山間地の為圃場は40枚…。効率化とは程遠い内容。
そして、目先の売上確保の為に、私が多くの時間を作業に使ってしまい、スタッフへの仕事の割り振りや指導が愚かになったり、変化する環境についていけてないのがわかった。
ここで一旦立ち止まり、私はどこへ向かうのか、何を成し遂げたくて、誰になにをしてもらうのか、棚卸しをする時なのである。
先日からの雨や台風により、ちょうどその時間が与えられたのだ。これも天の恵み。

仕組み化を考える

テーマ:
組織で農業をやる難しさに直面している。
壁である。
自分が頑張れば何とかなると安易に考えていたが、それでは駄目だということに気づきながらもいつもそのループにはまっていた。
しかし、ようやく今回の壁で、そこから脱却しようと決めた。仕組み化してスタッフに仕事を任せ、私が農作業に追われない体制を作っていくことに決めた。
すぐには成果は表れないとは思うが、1年後には確実によくなったと、そう思えるようにしたい。何をするにも、その仕組み化ができれば、一人では到底できないようなことでも達成できるのだろう。

今年は何もかもが上手くいかない。考え方ややり方を変えなさい、と神の御告げなのでしょうね、きっとね。

たまにはブログでも。

テーマ:
農業は、毎年1年生とよく言います。
その通りだな、と思います。
10月12日から連日の雨。そして台風到来の予報。今まで、10月に晴れが続いて雨がなかったことはあったけど、これほどまでに雨が続くことは記憶にありません。
10月は12月から3月に収穫できるものを一気に種まきする大事な時期です。それが雨で出来ない、遅れるとなると冬の間の収入に影響がでます。
さて、どうするのか?
この条件はどこの農家も一緒。この雨を利用して打つ手によっては勝てるのである。
これはチャンスなのである。

初めての経験、学びは多そうです。

春の悦び

テーマ:
作業場の桜は美しく咲き、そして美しく散っていきました。桜は毎年咲いているはずなのに、こんなにも美しいものなのか、と今年の桜はやけに美しく感じられました。年を重ねて美しさに対する感度が高まったからなのだろうか?





花見にはやっぱりお団子!
よもぎをつんでお団子にしました。せっかくだから小豆も炊いてみました。




桜のもとで食べるお団子は、また格別です。
春の風はとても優しい。しみじみかんじる春の悦び。