高井戸で2回目のハンガリー料理教室を行いました。 | さりげなく★スローフード
2009-10-26 06:03:45

高井戸で2回目のハンガリー料理教室を行いました。

テーマ:レストラン、料理屋、シェフ、料理人
昨日、高井戸地域区民センターにて、8/30に続き、ハンガリー大使館のシェフ・ヴィクトールさん指導による、ハンガリー料理教室を行いました。

内容は、前にこちらでも紹介したとおり、ハンガリー・チキン・ラグー・スープと、レヤー・アップル・プディング。
http://ameblo.jp/toshi-shun/entry-10368816283.html

$さりげなく★スローフード

今回は20人くらいの参加者で、ハンガリー人4人を含め外国人の方の参加が8人と多かったのが特徴です。
日本語への通訳は、SFすぎなみメンバーの佐紀さんに引き受けてもらいました。


$さりげなく★スローフード

4班に分かれて、料理を作りました。
スローフードメンバーの集まった班で、スープの味をシェフにみてもらおうと思ったら、
「いや、自分たちが美味しいと思った味を大切にするべきだよ」
と、味までの介入はしようとしませんでした。
なるほど、確かにそうだな、と思った次第です。


$さりげなく★スローフード

それで、各班のスープを味見して回りましたが、それぞれ微妙にテイストが違う。
それがまたいい、ということでしょうね。

ただ、シェフの作るスープには、なにかコクのようなものが感じられて、微妙に違う気がします。
それはいったい、なんなんでしょう?

ハンガリー・チキン・ラグー・スープ、美味しかったです。


$さりげなく★スローフード

レヤー・アップル・プディングは、リンゴを細切りにすって入れた上に、パンを敷き詰めてオーブンで焼いていきます。
これはけっこうボリュームがあります。
でも、とても美味しく、ついつい食べ過ぎてしまいました。


$さりげなく★スローフード

前回、コーディネートしてくれたイボーリャさんがソウルに転勤してしまい、その後を受けてオーガナイズしてくれたのが、日本人のご主人のいるアニコさん。
日本語もしゃべるのはもちろん漢字も書けるし、英語もまったくよどみがない。
才女です。
(下の写真の右端。)

$さりげなく★スローフード

ハンガリー料理教室を今後、どんなかたちでやるのがいいか、いろいろ話し合いましたが、ぼくからは、パン焼きとか、それに塗るバターも手作り、ジャムも手作り、サラダドレッシングも手作り、あと、モツやホルモンを使ったハンガリー料理などを提案してみました。

「それはみなできます」というので、そうなればますます楽しみです。
スローフードのテイストのほうに少しずつ来てもらうにも、アニコさん、ヴィクトールさんを通じてメッセージを発信していきたく思います。
ちなみにハンガリーにも、ブダペストと、Kerekegyhazaという街に2つのスローフードの支部があります。
近くに、メールを出してみようと思います。

最後に、恒例の記念写真。


$さりげなく★スローフード

今回は、参加者みんなに、パーリンカと、パプリカパウダー、ハンガリー紹介のDVDの入ったお土産ボックスが配布されました。
なんだか、得した気分。


$さりげなく★スローフード

toshi-shunさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス