山形の山菜料理教室①-----“脱東京中心”の意識へ変えていく | さりげなく★スローフード
2009-04-14 06:05:55

山形の山菜料理教室①-----“脱東京中心”の意識へ変えていく

テーマ:スローフードすぎなみ
-----------------------------------------------------
『アル・ケッチァーノ』のレシピで作る
   山菜パスタとドルチェ&庄内の山菜料理
-----------------------------------------------------

ということで、12日(日)午後1時から20数名が四谷区民センターに集まって、行いました。

窓の外(新宿御苑)は、こんな感じ。

さりげなく★スローフード
講師は、山形県の庄内から出てきてもらった遠藤初子さん。
ご夫婦で、山形の山菜をはじめ、果物など幅広く扱った以下のサイトを運営しています。

山菜屋.com    http://www.sansaiya.com/
さりげなく★スローフード
山菜というとまさに春のこの時期に限定の自然の恵みです。
冬から春へ、劇的に季節が変わっていく変化を、山菜の苦味が調えてくれる、とも言われます。
日本人の暮らしの知恵ですねえ~。

都会ではめったに手に入らないような山菜の数々を初子さんが持ってきてくれて、新宿の地で、稀なる料理教室がスタートしました。

「日本が不景気に陥っているなか、幸か不幸か東京は元気ですから」と、石原都知事はオリンピック・パラリンピック招致の動きに加速をかけていますが、だからと言って、東京にいればなんでも手に入ると思ったら大間違い。

しかし東京人の意識にはどこかそういう傲慢なところがあって、「何で東京で買えないの?」なんて平気で考えちゃう。
東京が物事の中心だと思ってるんですね。
もう、そんな時代じゃないし、地方が東京を見下ろすくらいでちょうどいいはずです。

そうは言いながら、東京という大消費地の意識を内側から変えていく、つまり“中心地・東京”にモノが集まってくるのではなく、来ないものは来ない、それはこちらが出かけて行って分けてもらえるなら分けてもらう、それが普通なのだ、と考える人が増えて、ようやく東京人の意識も品格あるものになっていく…かもしれません。

当日のメニューはこれ。

さりげなく★スローフード
初子さんが持って来てくれた山菜が、ずらっと並びました。
さりげなく★スローフード

toshi-shunさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス