どうも。


昨日Prominy SC & SR5という

ギター・ベース音源を購入したものの、

いい加減32bitだとメモリの問題で

起動できない状態になりました。



全くという訳ではないのですけれど、

ギター・ベース・ドラムに

Guitar Rig 5をインサートすると

終了フラグが立ちます。



前にもEastWest QLSO GOLDで

フルオケしたときも終わりました。



こうどうも重いプラグインだと

DAW側を64bit起動しなければなりません。



しかしMacの場合、

64bit対応している製品が

思ったより少ないのです。



僕が持ってる製品の中でも、

Addictive Drums、Sylenth1、Synth1、

Real Guitar 2Lなど、こんなに沢山あります。



(LogicやCubeseには標準で付いています。

だだしLogicは規格はVSTではなくAUのみです。)




そこでjBridgeMの登場です。




これはWinではおなじみかもしれませんが、

VSTを32bit-64bit間を自由に行き来できるものです。

(ちょっと語弊はあるかな)



こちらが公式サイトです。




最近Mac版が登場して、

使い方とかを調べて見たかったのですが、

どこにも書いていないという現状。



仕方なく翻訳作業・・・。



ということでこんな僕みたいな人が

この先いなくなるように

ちょっとここで書いておきます。


(僕はjBridgeM v0.65でやっています)




1 まず、公式にデモがおいてあるので、

  それをダウンロード・インストール(要再起動)する。




買ったは良いけど、

動かなかったら嫌だもんね。





2 インストール完了したら、

  アプリケーション/jBridgeM/jBridgerMを起動。



起動したらこんな画面が出てくると思います。



$TOSHIの日記




この1の選択項目は

A「64bitのプラグインを使いたいのか」

B「32bitのプラグインを使いたいのか」

という意味です。



2の選択項目は

A「このプラグインをお前は64bitのDAWで使いたいのか」

B「このプラグインをお前は32bitのDAWで使いたいのか」

という意味です。



どんどん口悪くなってる・・・。



まあつまり、32bitのプラグインを

64bitのDAW使いたいということならA-A、


64bitのプラグインを

32bitのDAWで使いたいということならB-B

ということです。



B-Bは多分Live8がほとんどだと思います。


僕はA-Aでやりました。



そしたら、数分待つと

こういう画面が出ます。



TOSHIの日記




もうこれ無視でいいと思います。笑



ただ一つだけ注意点。




このjBridgerMは閉じてください。




これを閉じないとDAWでプラグインを認識できないみたいです。



これで何分かかったことか・・・。


(実は下2行目にしっかり書いてあります)




3 DAWを起動する。


以上でプラグインのブリッジは完了です。




ちなみに作られたVSTの場所は

ユーザー名/ライブラリ/Audio/Plug-Ins/VST

のフォルダの中に入っています。




$TOSHIの日記




また、DAWを64bitで起動したいときは

Finderからアプリケーション内のDAWを右クリックで情報を見て、

この「32bitモードで開く」のチェックを外してください。




$TOSHIの日記




以上です。



ちょっと英語はあまり得意でないので、

ほとんど適当に訳してますが、

これでできたのでOKだと思います。




今のところ動作は問題ありません。


何かあったら追記します。




それとStudio One2とProminy SC & SR5のレビューは

また今度しっかりします。


もしかしたらめんどくさくて、

ニコ動に上げるかもしれません。


そのときはよろしくお願いします。



さよなら。