次女が興味を持っている高校の

オープンキャンパスへ行ってきました。

現代的で未来を見据えた仕組みを持ち、

自主性と自由さが特徴的な高校でした。

 

 

今は中高一貫校に通っているので

受験をしなくても進学できるのですが、

このまま進学するのか?

それとも他の高校を受験するのか?

去年から時間をかけてじっくり検討中なのです。

 

 

去年は次女の不登校で

仕事を辞めることを真剣に考えるほど

大変な状態だったんですが、

担任が変わり、クラス替えもあり、

今年はなかなか良い調子で通ってる。

 

 

見守り、理解することに徹した去年。

“理想の子ども像”を押し付けることを辞め、

いくつもある選択肢から自由に

自分で選ぶという経験をさせてきました。

自由とは好き勝手していいという意味ではなく、

未来と可能性を自由に選んでいいという意味。

 

 

私自身も占星術という夢中になることに出会い、

ひたすら楽しい毎日を過ごしてきました。

次女に向けすぎていた視線が減ったことで

本人も身軽になったのでしょう。

それも次女の変化の理由のような気がします。

 

 

image

学校近くのカフェで

スムージーを飲みつつ感想をシェア

 

 

職場の女性同士の会話の中で

子育ての悩みやパートナーへの不満を

よく耳にするのですが、

母であり妻である自分自身が充実していれば

悩みや不満にどっぷりと

浸かっていないんじゃないかと思うんですよね。

本人は気付いていないけど、

浸かっていないといけない理由がきっとあるはず。

 

 

自分を生きたいのに生きていない不満や焦り。

そこから生えた棘を始末するのに

子どもやパートナーを利用してしまいがち。

でもね、棘を外に向けてしまうと

罪悪感を生んでしまうのだな。

そしてそんな自分へも棘を向けるの。

 

 

去年の私は

棘を刺して刺して血だらけだったのに

今こんなに幸せを感じているのは

大好きなことを自分にやらせてあげたから。

大好きなことをやると、楽しくて、幸せで、

そんなことを日々感じていると

棘じゃなくて花が開くのだと思うな。

 

 

自分が変われば世界が変わるって、

本当、その通りだ。

 

 

さて、もう遅い時間ですが

占星術の勉強をしてから寝ます。

平日時間がある人が羨ましいけど

自分で選んだことだからね、不満はないです。

今日の一歩が未来を作る。