おがわとーるBlog
  • 06Dec
    • ひとかけの未来~第10話「げんこつ~つつみ」

      この「しりとり物語16」というテーマのBlogでは、2018年10月からスタートしたFMおたる「木曜Cheers!」内のコーナー、「しりとり物語~ひとかけの未来」のストーリーをご紹介して参ります。コーナーの仕組みはこちらのBlogをご参照下さい。ひとかけの未来~第10話「げんこつ~つつみ」平静を保つ難しさは、心を乱された時、その全てが見えなくなることにある。感情が高ぶるほど、視野は狭くなり、「平静を保とう」という考え自体がどこかに吹き飛んでしまう。始まりはインターネットのニュース記事だった。そこには、一冊の本を持った高校時代からの友人が、ぎこちない笑顔で映し出されていた。目立つタイプではないが、疎まれることもない、おとなしい男だった。休み時間には本を読んでいることが多かったが、周囲で会話が起こると、参加するともしないともなく、笑顔で頷いていた。ある日、放課後の教室に一人で残っている彼を見かけた。「勉強?まだ帰んないの?」「いや…ちょっと。」「ラブレターでも書いてんのか?」「ち…違うよ!」「そっか。」すると彼は、小さな声で問い掛けてきた。「笑わないでよ。」「ああ。」「小説、書いてるんだ…。」「小説!?マジかよ!お前、そんな特技があったのかよ!」「特技なんてほどじゃないよ。」「じゃあ、将来は小説家か?」「うん…なれたら…なりたいけど…。」「すげーな!出来たら読ませてくれよ!頑張ってな!」「本当に読んでくれる?」「当たり前だろ!楽しみにしてるからな!」高校を卒業してからは、接点もなくなり、彼がどんな風に暮らしてきたのかは分からない。ただ一つ確かなのは、彼が放課後に語った未来が現実になったということだ。彼はとある文学賞の受賞者となり、インターネットニュースを通じて俺の前に現れたのだ。嬉しかった。そして、誇らしく思った。そこで止めておけば良かったのだが、俺はニュース記事に対して書かれた、インターネットユーザーのコメントにまで目を通してしまった。「何だよ…これ…。」そこには、好き勝手な憶測や中傷が、無神経に吐き出されていた。俺は頭に来た。会ったこともない相手に、なぜこんなことが書けるんだ?いや、知らないからこそ、そして面と向かっていないからこそ書けるのだろう。だが、そんなことを冷静に分析する気持ちにはなれなかった。彼は志を貫いた。結果を出して尚、ぎこちない笑顔には変わらぬ人柄が窺える。憤りがこぶしを固める。怒りがはけ口を探している。「げんこつ…。」強く握られた右手が、アポフのヒントと繋がった。気持ちの高ぶりが少しずつ静まっていく。彼は、自分がきっかけとなり、誰かが怒りを覚えることなど、望んでいるはずがない。俺がなすべきは、見知らぬ人間たちの言葉に心を乱されることではなく、彼の著書を読むことだ。アポフに救われた。おかげで平静を取り戻すことが出来た。同時に、自分の心も知ることが出来た気がする。翌朝、俺はレベルを3のままにして、「Today’s Piece」をタップした。スマートフォンの画面に現れた言葉は「つつみ」だった。(次週に続く…)この週の採用ワード水面(みなも)

      テーマ:
  • 03Dec
    • 2018.12.3 五十音先生のあいうえお作文

      皆様、こんにちは!「五十音作文」と書いて「いそおとさくふみ」でございます。一日2投稿になってしまったねぇ。今日はなかなかレベルが高かったよ!では、12/3のあいうえお作文に参りましょう。【2018年12月3日(月)のお題】「のこす」※賞品はじめにありき。【グランプリ受賞者】ラジオネーム「ならび」さん【グランプリ作品】の のちにこ こちらの昆布はす 酢昆布になります。※何気ない内容ながら、丁寧に告げることで品のあるコミカルさが立ったね。酢をベースにした食べ物ならば、何にでも行ける作りなんだけれど、そこで昆布を選んだのも勝因と言えるでしょう。【五十音グランプリ賞品】ブックふせんメモに「のこす」ためのアイテム、付箋をご用意しました。【2018年12月10日(月)のお題】「めでた」※賞品はじめにありき。来週の賞品は、とーるさんが金沢で見つけてきてくれたものだよ。おめでたい品なので、お題を「めでた」としてみました。では、例文に参りましょう。め 名品揃いの金沢市から、で 伝統をさりげなく加えた、た 鯛にまつわる小さなものです。とーるさん、可愛らしいものを見つけてくてくれたねぇ。では、来週も楽しみながら奮ってご参加ください!【この週のお題を使った五七五曲紹介】の 残る時間(とき)こ 答えを探しす すれ違い「クリスマスキャロルの頃には / 稲垣潤一」

      3
      テーマ:
    • 2018.11.26 五十音先生のあいうえお作文

      皆様、こんにちは!「五十音作文」と書いて「いそおとさくふみ」でございます。とーるさんが無事に石川県から戻ってきたよ。そして、あいうえお作文のグランプリ賞品も見つけてくれたよ。この辺りは、今日の放送でお話すると致しまして、11/26のあいうえお作文に参りましょう。【2018年11月26日(月)のお題】「しきり」※賞品はじめにありき。【グランプリ受賞者】ラジオネーム「千歳の高橋」さん【グランプリ作品】し 証券業界をき 恐怖のどん底にたたき込んだり リーマンショック※発見力と創作力がバランス良く取り込まれた秀作だねぇ。3行を過不足なく使い切った正統派の時事ネタがグランプリに輝きました。【五十音グランプリ賞品】お助け本棚本棚などを更に仕切って使うためのグッズでございます。【2018年12月3日(月)のお題】「のこす」※賞品はじめにありき。今回の賞品は、何かを残すためのグッズだよ。では、例文に参りましょう。の のどぐろからこ 香箱(こうばこ)がにまです 全て満喫、金沢の旅石川県金沢市は、まさに香箱がにが旬の季節を迎えているんだね。では、本日も皆様からの作品を楽しみにお待ちしております!【この週のお題を使った五七五曲紹介】し 勝利までき 希望貫けり 凛凛と「勇気のしるし~リゲインのテーマ~ / 牛若丸三郎太」

      1
      テーマ:
  • 29Nov
    • ひとかけの未来~第9話「草むらに潜む影~げんこつ」

      この「しりとり物語16」というテーマのBlogでは、2018年10月からスタートしたFMおたる「木曜Cheers!」内のコーナー、「しりとり物語~ひとかけの未来」のストーリーをご紹介して参ります。コーナーの仕組みはこちらのBlogをご参照下さい。ひとかけの未来~第9話「草むらに潜む影~げんこつ」気にならないはずがない。だが、何かが出て来るとも思えない。生態系や気候の変化に起因するのか、昨今ではクマ出没の情報を耳にする機会も増えた。とはいえ、山奥でもあるまいし、草むらに潜む影と言われても、今一つピンと来ない。ならば、事件性のある影だろうか?それは怖い。あまりにも怖すぎる。万が一遭遇した場合には、身の危険も考慮しなければならないだろう。気にしないように心掛けても、気づけば草むらを目で追ってしまう。そうこうしているうちに、薄暮時を迎えた。今回の言葉は、何かの比喩だったのだろうか?そう思った瞬間、ガサガサっという音が聞こえ、反射的に身体がビクっと動いた。「マジかよ…誰かいるのか?」同時に頭をよぎったのは、「ゲーム音楽」というヒントだった。あの時、俺は見て見ぬふりをし、幾ばくかの後悔を心に抱くこととなった。だが、今回は誰も困っていない。ただ草むらから音が聞こえただけだ。このまま通り過ぎても、きっと後悔は残らない。そんな分析とは裏腹に、足は草むらに向かっていた。動かなければ、いずれにせよ釈然としないものが残るように思えたからだ。耳を澄まし、音を立てないように気をつけながら歩く。今や、俺こそが「草むらに潜む影」だ。左の方からカサカサという音が聞こえた。俺は立ち止まり、薄暗い草むらを覗き込んだ。音はこちらに近づいてくる。あまり大きなものではなさそうだ。その時、反対側から別の音がした。「にゃ~。」到底猫とは思えない声、そして、ガサガサという大きな音だ。間違いない。今のは人だ。先に現れたのは「カサカサ」の方だった。首に赤いバンダナが巻かれた黒猫が、ひょっこりと俺の前に現れた。「なるほど!そういうことか。」俺は黒猫をひょいと取り上げ、「ガサガサ」の方向に告げた。「保護しましたよ!私の声の方に歩いて来て下さい!」ほどなくして、年配の女性が姿を現した。「あら、クロちゃん。」「お宅の猫ですね?」「はい~。ありがとうございます。」「ほら、おうちの人が迎えに来てくれたよ。」黒猫は「何があったの?」とでも言わんばかりの表情で、飼い主に抱かれて帰って行った。レベル2のヒントは一勝一敗といったところだろうか。翌朝、俺はアポフの設定画面を開き、レベルを3に変更して保存した。アポフが告げてきた言葉は「げんこつ」だった。(次週に続く…)この週の採用ワードつつみ

      2
      テーマ:
  • 23Nov
    • 2018.11.19 五十音先生のあいうえお作文

      皆様、こんにちは!「五十音作文」と書いて「いそおとさくふみ」でございます。小樽もようやく冬の景色になったねぇ。果たして一発で根雪ということがあるのだろうか?では、11/19のあいうえお作文に参りましょう。【2018年11月19日(月)のお題】「かたち」※賞品はじめにありき。【グランプリ受賞者】ラジオネーム「ならび」さん【グランプリ作品】か 隠れ家カフェにた たくさんの人。ち ちょっともう隠れ家ではない。※カフェのオーナーとしては、悩ましいところだねぇ。商売の繁盛は有り難いことだが、利益と引き換えに「隠れ家」というお店の特色を失うことになるとは…。こっそり2店舗目をオープンしてはいかがだろうか。【五十音グランプリ賞品】三角スティックのり転がらない、角が塗りやすいなどの魅力を備えたのりをご用意しました。【2018年11月26日(月)のお題】「しきり」※賞品はじめにありき。今回の賞品は、本棚などで活躍するグッズだよ。では、例文に参りましょう。し 「し」は司法で、き 「き」が「ぎ」なら「行政」。り 「り」は立法で、三権分立が揃うのだが。惜しいところでうまく作文にならない心理を、そのまま作文にしてみたよ。では、来週も楽しみながら奮ってご参加ください。【この週のお題を使った五七五曲紹介】か 駆けぬけてた ため息時もち 近づいて「アンジェリーナ / 佐野元春」

      1
      テーマ:
  • 22Nov
    • ひとかけの未来~第8話「ゲーム音楽~草むらに潜む影」

      この「しりとり物語16」というテーマのBlogでは、2018年10月からスタートしたFMおたる「木曜Cheers!」内のコーナー、「しりとり物語~ひとかけの未来」のストーリーをご紹介して参ります。コーナーの仕組みはこちらのBlogをご参照下さい。ひとかけの未来~第8話「ゲーム音楽~草むらに潜む影」レベル2のヒントとは、いかなるものだろうか?そもそも、レベルが変わると、どのような違いが表れるのだろうか?そんなことを思いながら、俺は電車に揺られていた。電車にまつわるゲームについて考えたり、中吊り広告にゲームの話題を探したりしていたが、これといってピンと来るものはない。その時、車両がガタンと揺れた。立っている乗客の吊り革を掴む手に、グッと力が入る。誰もが事なきを得たと思った瞬間、左耳に電子音が飛び込んで来た。これはゲーム音楽だ。だが、なぜ電車の中で、それも突然流れ始めたのだろう。音のする方を向くと、大学生くらいの男性がスマートフォンに指を滑らせている。耳にはイヤフォンが装着されているにも関わらず、音は俺の耳にもハッキリと聞こえた。どうやら、先ほどの揺れでイヤフォンが抜けてしまったが、ゲームに夢中で気づいていないようだ。乗客たちも徐々に気づき始め、怪訝な表情を浮かべる者もいる。伝えるべきだろうか?だが、電車を降りるまでの短い付き合いだ。自ら気づく可能性もあるわけで、疎ましく思われるかもしれない状況で、わざわざ乗客の代表になることもないだろう。「イヤフォン、抜けてるよ。」「あ、すいません。」一瞬の出来事だった。反対隣りに座っていた男性が、一瞬で問題を解決したのだ。ゲーム音楽は止み、気にかけていた乗客にも安堵の表情が窺える。誰もがあるべき平穏取り戻し、俺の心だけがざわついた。面倒に巻き込まれまいと躊躇した数秒前の自分を恥じた。「ゲーム音楽」という言葉は、確かに未来へのヒントになっていた。そして、俺は未来を選択した。結果としてバツの悪い想いしたが、これもまた自分で選んだ未来である。翌朝、俺はアポフと立ち上げ、設定画面を開いた。次のレベルに行くことも考えたが、もう一度レベル2を試そうと思い、設定画面を閉じるとToday’s pieceをタップした。表れた言葉は「草むらに潜む影」だった。(次週に続く…)この週の採用ワードげんこつ

      テーマ:
  • 19Nov
    • 2018.11.12 五十音先生のあいうえお作文

      皆様、こんにちは!「五十音作文」と書いて「いそおとさくふみ」でございます。小樽も観測地点では、未だに初雪が観測されていないんだね。「初雪クイズ」の正解者が出なくても不思議ではないような遅さだよ。では、11/12のあいうえお作文に参りましょう。【2018年11月12日(月)のお題】「ふたつ」※賞品はじめにありき。【グランプリ受賞者】ラジオネーム「くーにゃん」さん【グランプリ作品】ふ 不用意にた 啖呵(たんか)を切ってつ つくづく後悔※正統派の作品がグランプリに輝いたよ。自然な言葉の運びはもちろんのこと、3行でしっかりと物語が構成されているね。3行目の頭に持ってきた「つくづく」という副詞も効果的に活かされているよ。【五十音グランプリ賞品】手動発電2LEDライト点灯に「ふたつ」の方式があるライトをご用意しました。【2018年11月19日(月)のお題】「かたち」※賞品はじめにありき。今回の賞品は、「かたち」に工夫が施された文房具だよ。では、例文に参りましょう。か 軽いた タッチの ち 挑戦状こうなるともはや「お誘い」のレベルだね。では、本日も皆様からの作品を楽しみにお待ちしております!【この週のお題を使った五七五曲紹介】ふ 振り向けどた たいてい視線つ 連れの方「引き立て役の恋 / JUN」

      2
      テーマ:
  • 15Nov
    • ひとかけの未来~第7話「きくらげ~ゲーム音楽」

      この「しりとり物語16」というテーマのBlogでは、2018年10月からスタートしたFMおたる「木曜Cheers!」内のコーナー、「しりとり物語~ひとかけの未来」のストーリーをご紹介して参ります。コーナーの仕組みはこちらのBlogをご参照下さい。ひとかけの未来~第7話「ゲーム音楽」机の上には見知らぬ男の子からもらった銀杏が、左手の上には「きくらげ」と表示されたスマートフォンがある。この2つを足せば、何かが作れそうだ。俺は確信をもって買い物に出た。正直に言うと、銀杏もきくらげも、自分で調理したことはない。だが、男の子が一生懸命に集めた銀杏を無駄にするのは忍びない。幸い、インターネットで調べれば、たいていのレシピは手に入る。とりあえずはきくらげを手に入れることだ。だが、いくらスーパーを巡っても見つからない。最初は売り切れなのかと思ったが、そもそも、きくらげを扱っている店自体が見当たらない。外食や出来合いの料理でしかお目にかかったことがないのだが、もしかして簡単には手に入らない高級食材なのだろうか。俺はスマートフォンを取り出し、「きくらげ」で検索した。「え?キノコ?」見つからないのも当然だ。「クラゲ」の部分に気を取られ、海の幸だと思っていたのだから。キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属のキノコ、つまり山の幸だったのだ。思い込みとは恐ろしいものである。机の上には銀杏と乾燥きくらげが、左手の上にはスマートフォンがある。「思い込み…か。」俺は朝以外の時間に初めて、アポフを立ち上げた。思えば、ただ「Today’s piece」をタップするだけで、アプリの中身を詳しく見ていなかった。この受け身の姿勢も、ある種の思い込みだ。「何だ?この左右矢印は?」よく見ると、左下のピースに左右矢印が描かれている。タップすると矢印は大きくなりながら画面中央に動き、動きが止まるとメッセージが表れた。(ヒントのレベルを選んで下さい。)5段階のレベルが選べるようで、現在は1になっている。興味はあるが、いきなり最高レベルにするには勇気がいる。俺はとりあえず一段階上の「2」をタップし、設定を保存した。翌朝、アポフが告げてきた言葉は「ゲーム音楽」だった。(次週に続く…)この週の採用ワード草むらに潜む影(くさむらにひそむかげ)

      1
      テーマ:
  • 11Nov
    • 2018.11.5 五十音先生のあいうえお作文

      皆様、こんにちは!「五十音作文」と書いて「いそおとさくふみ」でございます。初雪の遅さが話題になっているね。果たして冬全体としては、どんな年になるのだろうねぇ。では、11/5のあいうえお作文に参りましょう。【2018年11月5日(月)のお題】「こまめ」※賞品はじめにありき。【グランプリ受賞者】ラジオネーム「パステルピンク」さん【グランプリ作品】こ 校区内につきま 撒き餌(まきえ)禁止!め 『メダカの学校』※メダカの学校からの掲示とは、面白い着想だねぇ!学校の治安を守るため、童謡の歌詞に従い、我々はそーっと覗いて見るだけにしましょう。【五十音グランプリ賞品】節電タップ「こまめ」な節電を実現するためのグッズをご用意したよ。デザインがまた可愛らしくて良いね。【2018年11月12日(月)のお題】「ふたつ」※賞品はじめにありき。二つの機能を備えた一つの物がグランプリの賞品でございます。では、例文に参りましょう。ふ 「不自然なた 体勢はつ 疲れる」…とロダンに申し立てる「考える人」よく見ると、意外な格好をしているのよね(笑)。では、来週も皆様からの作品を楽しみにお待ちしております!【この週のお題を使った五七五曲紹介】こ 根性だ!ま 迷わず進めめ 目一杯 「ガッツだぜ!!/ ウルフルズ」

      5
      テーマ:
  • 08Nov
    • ひとかけの未来~第6話「きくらげ」

      この「しりとり物語16」というテーマのBlogでは、2018年10月からスタートしたFMおたる「木曜Cheers!」内のコーナー、「しりとり物語~ひとかけの未来」のストーリーをご紹介して参ります。コーナーの仕組みはこちらのBlogをご参照下さい。ひとかけの未来~第6話「きくらげ」悩みは視野を狭める。望むと望まざるとを問わず、思考の循環に陥り、無自覚な集中状態に閉じ込められる。俯瞰とは対極にあり、その状況にある自分にも気づけない。秋の空気がそうさせると考えるのは、身勝手だろうか?全く関係がないとも言えないだろうが、結局は自分の問題だ。そんな自己分析が、更に心と視野を狭める。気づけば、乾いた落ち葉を探しては、踏み鳴らしながら歩いていた。そんな俺を呼び戻したのは、子どもの声だった。「見て!あそこすごいよ!」つられるように、俺は子どもが指さす方向を見上げた。父親が言う。「鈴なりの銀杏だな。」「すずなり?」「鈴みたいにいっぱいなっているだろ?」「ふ~ん。」父親の言葉には興味を示さず、その子は銀杏を拾い集めている。黄金色の葉が青空に揺れ、枝から放たれた数枚が空に舞う。「あ。芸術の秋か!」その一瞬で視界が開け、悩みも軽くなったように思えた。子どもに視線を移すと、気配に感づいてか、突然顔を上げた。「ねぇ、お父さん。これ、このお兄ちゃんにあげても良い?」「良いけど、お兄ちゃんが欲しいとは限らないよ。」「じゃあ、訊いてみる。これ、欲しいですか?」俺はしゃがんで両手を出した。「うん。くれるなら欲しいよ。ありがとう!」それが翌日の言葉に繋がることになるとは知る由もなく、小さな手からこぼれ落ちる小さな宝物を、大切に受け取った。銀杏を手に入れた俺にアポフが伝えてきた次の言葉は、「きくらげ」だったのである。(次週に続く…)この週の採用ワードゲーム音楽(げーむおんがく)

      1
      テーマ:
  • 01Nov
    • ひとかけの未来~第5話「芸術の秋(げいじゅつのあき)」

      この「しりとり物語16」というテーマのBlogでは、2018年10月からスタートしたFMおたる「木曜Cheers!」内のコーナー、「しりとり物語~ひとかけの未来」のストーリーをご紹介して参ります。コーナーの仕組みはこちらのBlogをご参照下さい。ひとかけの未来~第5話「芸術の秋(げいじゅつのあき)」歩きスマホは危険な行為だ。それは、屋外に限ったことではない。「メレンゲ…メレンゲ…デザート…料理…」「メレンゲ」と書かれたアポフの画面を見ながら、加湿器のところへ行き、スイッチを入れ、ソファーに戻り、腰を下ろした。「痛っ!あ…。」立ち上がって振り向くと、無残な状態の眼鏡が、ぼんやりと視界に映った。「ありゃりゃ…こりゃ作り直しですねぇ。」「ですよね…お願いします。」「え~っと…この眼鏡を作ってから…結構経っていますね。まずは視力検査をしましょう。」検査の部屋に案内され、丸椅子に腰かける。昔からある眼鏡屋さんで、機器類も決して新しいわけではないが、やはり一度お世話になったお店には安心して来られる。「では、里中さん。検査を始め…あれ?どこ行った?」「どうしました?」「いやね、片目を隠す遮眼子(しゃがんし)がね…う~ん、しょうがないな。じゃあ。これ持って下さい。」「はい…ええ~!?」「大丈夫です。ちゃんと洗ってありますから。」渡されたのは、ラーメンのスープを飲む時などに使うレンゲだった。一通りの検査を終え、売り場に戻ると、メールを確認するためにスマートフォンを取り出した。その瞬間、アポフの言葉が頭の中によみがえった。「ま…まさか!?」その後もこれといった出来事は起こらず、一日が終わった。おそらく今日の言葉が意味するものは、ベタベタの駄洒落、すなわち「目」に「レンゲ」で「メレンゲ」ということだったようだ。「こんなパターンもあるのかよ…。」何だか馬鹿馬鹿しい気持ちにもなったが、まだ3つの言葉しか検証していない。もうしばらくは続けてみようと思い、俺は眠りに就いた。スマートフォンのアラームで目覚めると、俺はすぐにアポフを立ち上げた。「Today’s Piece」をタップする。画面に映し出された言葉は「芸術の秋」だった。(次週に続く…)この週の採用ワードきくらげ

      1
      テーマ:
  • 31Oct
    • 2018.10.29 五十音先生のあいうえお作文

      皆様、こんにちは!「五十音作文」と書いて「いそおとさくふみ」でございます。秋の深まりを感じる雨だねぇ。とはいえ、週末はまた天気が回復傾向のようだから、体調管理に注意が必要な時期だよ。では、10/29のあいうえお作文に参りましょう。【2018年10月29日(月)のお題】「はさむ」※賞品はじめにありき。【グランプリ受賞者】ラジオネーム「船見坂のうえ」さん【グランプリ作品】は ハッシュタグをさ 「作文」にしてつぶやいてくださいという時代になったら、もう私にはむ ムリです。※見事にミスマッチを突いた作品だねぇ!もはやそういう時代なのだろうが、私や当コーナーのキャラクターとは馴染まないだろうねぇ。私が「ハッシュダグは…」と言っただけで、皆様、耳を疑うことでしょう(笑)。【五十音グランプリ賞品】パック牛乳用クリップ今回は冷蔵庫の便利グッズでございました。【2018年11月5日(月)のお題】「こまめ」※賞品はじめにありき。今回の賞品は、こまめに何かしらを実現するためのグッズです。では、例文に参りましょう。こ これを使えばま マメな行動がめ 面倒じゃなくなるでしょう。…という物をご用意しております。では、来週も楽しみながら、無理なく奮ってご参加下さい!【この週のお題を使った五七五曲紹介】は 遥かなりさ さすらう雲のむ 向こう側「空を見なよ/ シャ乱Q」

      テーマ:
  • 25Oct
    • ひとかけの未来~第4話「メレンゲ」

      この「しりとり物語16」というテーマのBlogでは、2018年10月からスタートしたFMおたる「木曜Cheers!」内のコーナー、「しりとり物語~ひとかけの未来」のストーリーをご紹介して参ります。コーナーの仕組みはこちらのBlogをご参照下さい。ひとかけの未来~第4話「メレンゲ」とりあえず、外出しよう。この「アポフ」とかいうアプリを信じるわけではないが、次のヒントが「うら若い乙女」であるならば、自宅にいるよりも、外にいる方が良いように思えた。こんな風に考えている時点で、アポフを信じているも同然だが、ひとたび気になってしまったものを放っておく気にはなれない。不審者と思われてはならないと自覚しつつも、若い女性を目で追ってしまう。コンビニに入ればレジの女性が、喫茶店に入れば注文を取りに来る女性が気になる。だが、これといった出来事は起こらない。取り立てて用のない外出のさなかに言うのも何だが、気晴らしを求めてCDショップに入った。何かを探しているわけではないが、棚に並んだCDを見ている方が、人を見ているより遥かに落ち着く。すると、ある言葉が目に飛び込んで来た。「プリマヴェーラ…あ!」俺はCDショップを飛び出し、銀行へと向かった。アパートの家賃を振り込んでいなかったのだ。なぜ急にそのことを思い出したかと言えば、何のことはない。俺のアパートも「プリマヴェーラ」という名前なのだ。結局その後も、これと思しき出来事に遭遇することはなく、「家賃の振り込み」と「夕食の調達」という功績だけを手に帰宅した。パソコンを立ち上げ、弁当を電子レンジで温める。夕食を頬張りながら、インターネットニュースをチェックしていると、芸能ニュースに見覚えのある言葉を見つけた。「このアーティストだ!」タイトルには「プリマヴェーラ、アルバムリリースツアー決定!」とある。クリックすると、記事内の写真から答えが飛び出してきた。「プリマヴェーラ」は、20代の女性アイドルグループだったのである。翌朝目覚めると、俺はすぐにアポフを立ち上げ、「Today’s Piece」をタップした。無数のピースが全てはまり、画面に映し出された言葉は「メレンゲ」だった。(次週に続く…)この週の採用ワード芸術の秋(げいじゅつのあき)

      テーマ:
  • 22Oct
    • 2018.10.22 五十音先生のあいうえお作文

      皆様、こんにちは!「五十音作文」と書いて「いそおとさくふみ」でございます。更新が滞っておりまして、失礼!いわゆる連投で参ります。まずは、10/22のあいうえお作文でございます。【2018年10月22日(月)のお題】「ですく」※賞品はじめにありき。【グランプリ受賞者】ラジオネーム「ならび」さん【グランプリ作品】で デキる男のす ステキなく 靴下※デキる男はどんな靴下を履くんだろうねぇ!「デキる男のステキな靴下あります!」なんていう表示を見かけようものなら、ビジネスマンが殺到するのではないだろうか(笑)。【五十音グランプリ賞品】サルのマグネット机にくっつけてクリップなどをストックしておける、利便性とお茶目さを兼ね備えたグッズをご用意しました。【2018年10月29日(月)のお題】「はさむ」※賞品はじめにありき。今回も賞品から決めたお題だよ。では、例文に参りましょう。は 半端な残りをさ さりげなく守りむ 無駄にしないためのグッズ…というものが、どんな品だったのかは、次のBlogでご確認下さいませ!【この週のお題を使った五七五曲紹介】で 電磁技す スピンにヨーヨーく 繰り出すぜ「コンバトラーVのテーマ / 水木一郎」

      テーマ:
    • 2018.10.15 五十音先生のあいうえお作文

      皆様、こんにちは!「五十音作文」と書いて「いそおとさくふみ」でございます。すっかり秋ですな。しかしながら、ここ数日は気持ちの良い天気が続いているねぇ。では、10/15のあいうえお作文に参りましょう。【2018年10月15日(月)のお題】「りかい」※賞品はじめにありき。【グランプリ受賞者】ラジオネーム「マドンナリリー」さん【グランプリ作品】り 立派になって、か 帰って来ますと、い 田舎を出てから四十年※正統派作品がグランプリに輝いたよ。行間から景色や物語が浮かぶ秀作でございます。加えて、言葉の運びやリズムの整え方も秀逸で、これぞ正統派のグランプリといった感ですな。【五十音グランプリ賞品】デキる大人の語彙力様々な表現の「りかい」に役立つ1冊をご用意しました。【2018年10月22日(月)のお題】「ですく」※賞品はじめにありき。今回の商品は、机周りで役立つ、ちょっとシャレの効いたアイテムです。では、例文に参りましょう。で 出番と言われてす スタンバってからく 9時間経過これは忘れられている可能性が高いねぇ…。訊いてみた方が良いでしょう。では、本日も楽しみながら奮ってご参加ください。【この週のお題を使った五七五曲紹介】り 立地良しか 囲むは畑い 一面に「ホテルメークイン / すず」

      3
      テーマ:
  • 18Oct
    • ひとかけの未来~第3話「うら若い乙女(うらわかいおとめ)」

      この「しりとり物語16」というテーマのBlogでは、2018年10月からスタートしたFMおたる「木曜Cheers!」内のコーナー、「しりとり物語~ひとかけの未来」のストーリーをご紹介して参ります。コーナーの仕組みはこちらのBlogをご参照下さい。ひとかけの未来~第3話「うら若い乙女(うらわかいおとめ)」一体、何の通知だろう?改めて画面を見ても、覚えのないアプリだ。ホーム画面に戻し、アイコンを見直していると、入れた覚えのないものが1つあった。「A…P…O…F?アポフ?」操作ミスで入れてしまったのか、それともいわゆるウイルスの類が勝手に入れたのか。後者だった場合には、速やかに削除した方が安全だろう。だが、「ZOO」が気になった。道端で鍵を拾い、その持ち主が「ZOO」、すなわち動物園の職員だったのだ。俺は恐る恐る、アイコンをタップした。風に舞う花びらのように、画面上をジグソーパズルのピースが動き回っている。全てのピースが所定の位置に入ると、ロゴが表れた。「A Piece Of Future…。」右下の1ピースがポロリと落ちた。そこには「TAP(タップ)」と書かれている。俺は指示に従い、人差し指の先でトンとそのピースを叩いた。(ようこそ、APOFへ!)今度は2つのピースが表れた。1つには「説明を読む」、もう1つには「Today’s Piece」と書かれている。まずは説明を読もう。(APOFは、未来のヒントをお渡しするアプリです。あくまでもヒントですので、どのように理解し、どのように行動するかは、受け取ったあなた次第です。)「NEXT」と書かれたピースをタップする。(既にサンプルのピースを配信しましたが、受け取って頂けましたか?)おそらくこれが「ZOO」の正体だろう。更に「NEXT」をタップした。(いかがでしょう?そのピースにまつわる出来事が、あなたの身に起こったのではないでしょうか?)無意識のうちに、俺はまた「NEXT」をタップしていた。(ここから先は、あなた次第!続けるならば、「Today’s Piece」をタップしてください。)もはや、とどまる気持ちにはなれなかった。それに、必要性を感じなければ、アプリを削除すれば良いだけの話だ。俺は「Today’s Piece」、すなわち「今日のかけら」をタップした。最初の画面のように、無数のピースが画面上を動き回り、言葉が書かれた1枚の絵を作り出していく。出来上がった絵には、「うら若い乙女(うらわかいおとめ)」と書かれていた。(次週に続く…)この週の採用ワードメレンゲ

      1
      テーマ:
  • 15Oct
    • 2018.10.8 五十音先生のあいうえお作文

      皆様、こんにちは!「五十音作文」と書いて「いそおとさくふみ」でございます。またしても、気づけば月曜日だよ!早速10/8のあいうえお作文に参りましょう。【2018年10月8日(月)のお題】「まとめ」※賞品はじめにありき。【グランプリ受賞者】ラジオネーム「ならび」さん【グランプリ作品】ま 曲がるのこわいからさ、と とりあえずめ めんどくさいけど ぜんぶ左折で行くわ。※確かに、対向車がある右折に比べると、左折の方がまだ良いという判断もあるね。右折したい時は、3回左折すれば良いわけだ。右折に慣れる日が来ることを願っております。【五十音グランプリ賞品】クリップセット「まとめ」るためのものが「まとめ」られた賞品は、クリップセットでございました。【2018年10月15日(月)のお題】「りかい」※賞品はじめにありき。今回も賞品から決めたお題だよ。ある読み物をご用意しております。では、例文に参りましょう。り 隣人と繰り広げるか 家事の合間の世間話。い 井戸端会議。とーるさんの「CM職人」っぽくなったけど、実際に「井戸端会議」はCM職人で制作済みだそうだ(笑)。では、本日もお気軽にご参加くださいませ!【この週のお題を使った五七五曲紹介】ま 交わりてと ともに紡ぐはめ めぐり逢い「糸 / 中島みゆき」

      2
      テーマ:
  • 11Oct
    • ひとかけの未来~第2話「ZOO(ずう)」

      この「しりとり物語16」というテーマのBlogでは、2018年10月からスタートしたFMおたる「木曜Cheers!」内のコーナー、「しりとり物語~ひとかけの未来」のストーリーをご紹介して参ります。コーナーの仕組みはこちらのBlogをご参照下さい。ひとかけの未来~第2話「ZOO(ずう)」俯き加減で歩いている人が皆、気落ちしているとは限らない。加えて、俯き加減で歩いていることが、マイナスの要素を運んでくるとも限らない。二日酔いの為、しゃんと歩くことが出来なかっただけなのだが、おかげで鍵の落とし物を見つけた。キリンのキーホルダーでまとめられた2本の鍵だった。「こんにちは…あの~、落とし物を拾ったんですけど…。」「ご協力ありがとうございます。では、手続きがありますので、こちらにお掛けください。お時間、大丈夫でしたか?」「ええ、問題ありません。」それから1時間ほど経った頃、スマートフォンの画面に見覚えのない番号が表示された。知らない番号からの着信には慎重な方だが、おそらく先ほどの鍵に関するものだろうと思い、電話に出た。「はい、里中です。」「私、先ほど落とし物の鍵を届けて頂いた警察署の者です。今、落とし主の方がいらっしゃいまして、一言御礼を伝えたいとのことですが、よろしいですか?」「ええ、どうぞ。」動物のキーホルダーから女性をイメージしていたが、電話に出たのは意外にも年配の男性だった「もしもし!いや~!助かりました!私、動物園の職員なんですけどね、落としたのが事務所と机の鍵だったもんだから、焦ってねぇ!本当にありがとうございました!」男性は、招待券を送るとか、受付で名前を言えば園内を案内するとか、厚いお礼を熱く語っていたが、「動物園」という言葉が出た瞬間から、俺には気になることがあった。会話を終え、電話を切ると、俺は画面の上端から指を下に滑らせた。「やっぱりか。」電話に出る直前、画面に別の通知が出ていた。一瞬目に入っただけだったが、そこに書かれていた文字は、俺の思い過ごしではなく、「ZOO」、すなわち動物園を意味する英単語だったのである。(次週に続く…)この週の採用ワードうら若い乙女(うらわかいおとめ)

      2
      テーマ:
  • 08Oct
    • ひとかけの未来~第1話「未来予想図(みらいよそうず)」

      この「しりとり物語16」というテーマのBlogでは、2018年10月からスタートしたFMおたる「木曜Cheers!」内のコーナー、「しりとり物語~ひとかけの未来」のストーリーをご紹介して参ります。リスナーの皆様には、「しりとり」の次の言葉を考えてお送り頂き、どなたの言葉を採用するかは、抽選で決定致します。一方、私は「必ず、その選ばれた言葉が入る」という条件を満たしながら、13話完結の物語を執筆し、コーナー内でご披露する、という「参加型連載ラジオドラマ」が、この「しりとり物語」の仕組みです。それでは、第16シリーズの第1話に参りましょう。ひとかけの未来~第1話「未来予想図(みらいよそうず)」バーのカウンターに外れ馬券が並んでいる。もはや価値を持たない紙切れを、1レースから順に並べる心境とはいかようなものか。「惜しいなぁ…これなんて、4着の馬が3着になっていれば、なかなかの中穴だったんだけどなぁ…はぁ~…未来が見えたらなぁ…。」「木村君よ。未来ってのは見えないから良いんだって。」「そうか?じゃあ、里中は未来が分かっても、知る気はないと?」「う~ん…まあ、ちょっとくらいなら。」「何だよ。都合が良いな。」「いや、分からないから良いって気持ちは変わらないよ。ただ、未来予想図みたいなものじゃなくってさ…そうだな、ヒントみたいなものなら、多少興味はあるよ。」俺は里中みつる。隣の席で熱心に馬券を並べる木村圭吾は、大学時代からの友人だ。1枚1枚の感覚を整えながら、木村が言葉を続ける。「アプリ、ねぇかなぁ。」「アプリ?競馬のアプリなら使ってるんじゃねーの?」「そっちじゃねぇよ。未来が分かるアプリ。」「あるかよ、そんなもの…。」「いや、分かんねーよ?時々見るじゃん、未来人からのメッセージとか。未来ってことは、今より文明が進化しているわけだ。なら、そういうアプリを作って、タイムマシーンでこの時代に来てさ、アプリを流通させられるだろ?しかも、タイムマシーンで未来に行けば、データのアップデートも出来るし。ちょっと探してみるか?」マスターと目が合った。話を遮らないように、身振りで飲み物のおかわりが要るかどうか訊いている。俺は、ちらっと木村を見ると、首をかしげながら指でバツ印を送った。この「他愛もない酔っ払いの会話」に続く未来があるとは、当然、誰一人想像していなかった。(次週に続く…)この週の採用ワードZOO(ずう)※次週は「う」で始まる言葉募集です。

      3
      テーマ:
    • 2018.10.1 五十音先生のあいうえお作文

      皆様、こんにちは!「五十音作文」と書いて「いそおとさくふみ」でございます。気づけば月曜日だったよ!ということで、取り急ぎ10/1のあいうえお作文に参りましょう。【2018年10月1日(月)のお題】「よみち」※賞品はじめにありき。【グランプリ受賞者】ラジオネーム「レイチェル」さん【グランプリ作品】よ よりどりみどりと言うがみ 見た目ち ちっとも違わないので選びようがない※これぞ想像力という作品だよ。すごいところを突いてきたねぇ!(笑)もはや、単なるまとめ買いの様相を呈しているよ。【五十音グランプリ賞品】反射テープフラッシュをたいて、光らせてみたよ。「よみち」の安全を守る賞品をご用意しました。【2018年10月8日(月)のお題】「まとめ」※賞品はじめにありき。「まとめ」るためものものが、「まとめ」られた賞品をご用意しています。では、例文に参りましょう。ま 間が悪いことに自分しか乗っていない時、と 止まったままメンテナンスに入ってしまっため メリーゴーランドこれは何ともバツが悪いですな(笑)。今日は祝日だね。皆様からの気軽なご参加をお待ちしております。【この週のお題を使った五七五曲紹介】よ よこしてよみ みみずくおじさんち ちょうちんを「からすの赤ちゃん / 音羽ゆりかご会」

      2
      テーマ:

月別

一覧を見る

お気に入りブログ

プロフィール

おがわとーる

性別:
男性
血液型:
A型
お住まいの地域:
北海道
自己紹介:
 夕張郡栗山町出身、小樽在住。ガットギター弾き語りのスタイルを中心に、様々な地域で活動中。ロック、ポ...

続きを見る >

フォロー

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス