image

 

愛する魂の冒険者たちへ

 

 

 

僕の場合、ボーッとしてるところがあるので、



子どもが生まれて初めて、

 

愛には、いろんな形があるんだなあ〜って、


わかって来たんです。


未熟者なりにですが。






教育っていうのも、愛の形なんですよね。





 

「愛は能力で、どこまでも磨き高めることができる」という考え方が

 

結構、好きです。

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

以下に

 

只見の自然ヨガ生活で、

 

沖ヨガ・佐藤松義先生(イタリア政府公認沖ヨガ総合自由大学教授)から教えていただいた

 

「沖道ヨガ生活行持集」にある、

 

沖正弘先生の「水曜日の誓い」を

 

紹介させていただきます。

 

~~~

 

 

 

「愛の行者になる誓い」

 

人間として一番大切な生き方

 

それは愛の生き方であります。

 

愛とは正しく生きることに

 

協力することであります。

 

ただ今からの私は

 

正しく生きることとは

 

何かを学ばさせていただき

 

自分のため、他の一切のために

 

正しく生き、正しく伸びることに

 

協力させていただく生き方を

 

実行することを誓います。

 

(沖道ヨガ生活行持集より。沖正弘先生)

 

 

~~~

 

 

これを、山の中の道場で、

 

力いっぱい唱えました。

 

 

“愛とは正しく生きることに協力すること”

 

ここでいう正しく生きる、とは

 

命が喜ぶように生きる、という意味です。

 

 

 

水曜日のこの誓いの言葉が大好きです。

 

 

 

自分も相手も、命が喜ぶように生きる。

 

自分も相手も、そうやって生きられるように協力させていただく。

 





すくすく思いっきり、自分らしく伸びていけるように。




そうさせていただくこと自体や、その過程も、


すごくうれしい喜びなんだ、


ステキな贈り物なんだなって、感じたのです。

 

 

 

 

 

素敵な一日をお過ごしくださいね。





今日も命にありがとうございます。

西田普

にしだあまね