ニューヨーク公共図書館とは。これまでの図書館の概念を変えた、民主主義を支える柱へ | もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

4月9日の夕方は日比谷図書文化館へ行ってました。ニューヨーク公共図書館のドキュメンタリー映画の公開を記念して、そのNY公共図書館を日本に知らしめた「未来をつくる図書館〜ニューヨークからの報告」の著者と現地の方などを交えての公開パネルディスカッションなどがあり…。本当にワクワクしました。

 

 

 

 

日本の公立図書館とは違い、ニューヨーク公共図書館はそもそも寄付で作られ(アンドリュー・カーネギーによる)、自治体からの財源も入っているようですが、本を借りたり読むことができる場所ではなく、アクションする場であるという話です。

 

先述の「未来をつくる図書館」の著者である菅谷明子さんは在米のジャーナリストですが、ご自身がニューヨークに住んでいたときに公共図書館へ行くと、起業準備をする人、環境問題に取り組んでいる人、訴訟対策の勉強にきている人、研究のために資料を分析している人など、様々な人がいることに驚いたということを語られていました。

 

 

また、独立して組織のデータベースにアクセスできない“情報格差”を感じていたときにニューヨーク公共図書館のデータベース利用ができることを思い出し、当時住んでいた別の街の図書館へ問合せたらそこでもある程度のデータベースにアクセスでき、貴重な情報そのものを共有できる図書館という存在を再認識したということです。

 

 

第一義には本を貸す、教養を身につけるためにあるとされる日本の図書館ですが、アメリカを含め海外でもデジタル化の波に押され「図書館はもう不要になる」と言われていたそうです。ただ、それはあくまで「本を貸す、読むことができる」だけの図書館像として言われてきたことであり、実際は図書館の重要性が増し、「デジタル社会の中で図書館が重要な役割を果たす」「民主主義を支える柱である」という認識が広がっています。

 

 

パネルディスカッションで菅谷さんが語られていたことで印象的だったのは、図書館自らコンテンツを作り出し提供するということです。今はGoogleなどネットで検索すれば何でも得ることができますが、ニューヨーク公共図書館では誰でも使えるピクチャーコレクションや、舞台芸術コレクションなども収集しているのです。ビジネス(起業)向けのコンテンツ、データベースを取り揃えた分館もあるといいます。

 

 

 

ダイジェスト映像も観ましたが、ダンス講座とか講演会とか色んなことを図書館でやっていました。

 

 

制度から成り立ちまで日本とは違うのですが、今後の小金井市の図書館像を考えていく上で、大変勉強になりました。以前読んだのですが、菅谷さんの書籍を再読して考えたいと思います。

 

 

 

 

【イベント情報】
①「議会カフェ vol.57 ーいま、小金井どうなってんの?」
 4月21日(日)13:00〜15:00 

https://www.facebook.com/events/1419007761574726/

 

②議会ナイト vol.58 ーいま、小金井どうなってんの?」
 4月23日 (火)19:30〜21:30

https://www.facebook.com/events/1983440615298163/
※いずれも内容は同じ。
@こがおも秘密基地(東小金井の白井亨事務所)

 

==========

【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-4004−5927
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
■事務所= 〒184-0011 東京都小金井市東町4-38-27-201

※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。ご面識のない方でも併せてメッセージを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

shirai106さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント