保育園児の外遊びのための広場・遊び場・公園について、市でできる支援を<一般質問報告①> | もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

今日は日曜議会の15分を除いた残り45分の「残時間」の一般質問でした。

 

大きく2つのテーマを取り上げたのですが、まずは「園庭のない保育園幼児の公園・遊び場・広場について、市でできることは」です。

 

園庭のない保育園が増えています。

 

2019年版の最新の小金井市の保育のしおり(保育案内)をみると、「特定保育施設」いわゆる従来の認可保育所(新設を含む)28園中園庭があるのは20園。特定地域型保育(小規模保育)9園中2園。認可外8園中4園。こども園は1園は園庭があるが、総じて46園中27園に園庭がある=19園がないということで園庭保有率58.6%。待機児童解消のため駅前など開園しやすい・利用しやすい物件で保育園が新設されるという状況などは仕方ない面もありますが、本来園庭があることが環境としては最善かも知れませんが、園庭がない代わりに、幼児が身体を自由に動かし遊びの中から工夫や学びを得る「広場・公園」が利用しやすい環境にあることが期待されます。

 

 

 

実態把握のための会派調査を実施してみました。

「保育施設における市内公園&広場利用に関するアンケート」

 

 

 

公立園と来年4月開所を除き家庭福祉委員(保育ママ)を含めた43の保育施設施設へアンケートを送付、回答して返信用封筒で返送してもらうというものですが、やってみてわかったのは、もっと現場の声を聴いてみる必要がある、ということです。意外な回答や自由記述での意見がありましたね…。

 

そして、園庭のない保育所がメインの対象かと思いきや、園庭がある保育所でも日常的にお散歩も含めた外遊びのために移動して広場・公園等にお出かけしている実態が改めてわかりました。

 

この課題は「園庭のない保育所」のみの話ではない、ということです。

 

 

 

 

 

◯アンケートに答えていただいた園のうちちょうど半数にあたる園が「公園・広場へ移動する保育士の負担」について「大いに負担」「少し負担」と感じていることがわかります。

 

◯負担を感じる理由で最も回答が多かったのは、「車通りが多いところも通らないといけないから」

 

◯「公園・広場に関して市へ要望・意見したいこと」で一番多いのは「自転車や車のマナーの啓発を強化して欲しい」ということでした。

 

※いくつか回答があるかと想定していた「市で送迎バスを走らせてほしい」というのは1園のみの回答でした。

 

 

<これらのアンケート結果からわかること>

距離そのものというよりは車通りが多いところを通らざるを得ないため、交通危険リスクを感じることがストレスであり負担である、という風に捉えることができると解釈します。

 

 

まずは、交通対策課・道路管理課(都市整備部)とも連携して、スクールゾーンなどの対策をはじめとした、安全対策について検討をしてもらうよう、強く要望しておきました。

 

 

 

 

さて、蛇の目跡地(庁舎建設予定地)=中町三丁目暫定広場、についてです。

 

 

ここへは実に多くの園児が身体を動かしに来ています。そもそも、武蔵小金井駅周辺は“公園砂漠地帯”なんですよね…。そして駅周辺だからこそ、このエリアに多くの「園庭のない保育園」が存在します。

 

 

 

 

庁舎がどういうプランであったとしても、少なくともあと1〜1年半は使えると思います(今のところ着工は2021年春以降です)。ただしその後工事着工と同時に一切使えなくなる訳ですよね。あわせて、新庁舎・福祉会館竣工後ですが、広場は一定確保されるかと思います(現在の濃厚なプランは資料に示しているC-3案)。

 

しかし庁舎等竣工後は、園児・保育士が大勢来ている現状のような使い方は困難になると思うのです。

 

竣工後は今より広場は狭くなることは間違いないことと(資料の比較を見ても明らか…)、庁舎と福祉会館が竣工した暁には、それこそ多様な人がその場を訪れることになるため、今以上に色んな方がこの広場も使える配慮も必要になると想定します。

 

 

庁舎等建設工事中、広場が使えなくなることについて、また、竣工後広場が狭くなることについて、環境部(公園管理の部署)や例えば学校関係(小中学校の校庭利用など)含め、市で現在何か対策を検討いただくよう、要望しておきました。市としても、今日現在では具体的な答弁はできないものの「検討する」とのことです。

 

 

あくまでジャストアイディアですが、土地購入は財政的に困難としても、他人様の土地をお借りすることや、大学、小学校、中学校、高校、JR高架下、教育機関など、例えば時間を限定した使い方なども含め「広場」はたくさんあります(できればそれが木々もあり自然に触れ得る場所であることが最適ではありますが…)。

 

いずれにせよ、現段階では問題提起のみとなります。しかしながら議会全体でもこの対策の必要性は共有され、市としても公式の会議で「検討する」ということになった訳ですので、引き続きこの進捗は追っておきたいと思います。

 

 

 

 

今回行なったアンケートにご協力いただいた保育施設の皆様にはこの場をお借りして感謝を申し上げるとともに、結果についてはさらに分析して、別の場所で質疑・提案していきたいと思います。

 

 

 

【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-4004−5927
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
■事務所= 〒184-0011 東京都小金井市東町4-38-27-201

※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。ご面識のない方でも併せてメッセージを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

shirai106さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント