地方自治体における人事戦略、先進事例(明石市、藤枝市)を学ぶ。小金井市は…。 | もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。

10月19日は前日に引き続き、これからの自治体経営を考えるための勉強会に参加してきました。2日目は朝から夕方までみっちりの内容でしたね…。

 

 

 

 

「地方自治体における人事戦略」ということを基調テーマとしての分科会に参加しました。講演は、聖学院大学特任教授/公益財団法人荒川区自治総合研究所所長の猪狩廣美氏から、その後に明石市職員(総務局職員室)、藤枝市総務部長からそれぞれ先進事例発表がありました。

 

 

 

 

 

 

◯先進事例に学ぶ、人事戦略の今後

 

明石市の事例は以前から聴いておりました。ただし、体系的にこれまでの課題整理から改革へ向けての取組についてまとまってお聴きしたことはなかったので、明石市としての取組みの経過がよくわかりました。ちなみに、小金井市議会の行財政改革に関する特別委員会で数年前明石市へ訪れています(2016年だったかな…)。明石市の「人物重視の採用手法」について視察するためでしたが、これを提案したのは他でもない私です。ただ、私が2015年12月の市長選挙に出馬するために10月末に議員辞職した関係で、提案した私自身はこの視察には行けなかったんです…。小金井市として、この視察をキッカケに採用方式を改め、明石市も参考にしながら人物重視の採用方式(専門筆記試験を必須としない)に改め、一定の成果を得ています(この手法を導入後に応募者は増えた)。

 

 

(過去の明石市職員採用試験の告知ポスター。今もこのビジュアルを流用してキャッチを変更して使用しているそうです)

 

 

感想としては、職員採用応募のためのポスターは広告代理店を通して「イキのいい」ポスターを作成してる点を除き、特別なことをやっているというよりは、課題に対してまっとうに向き合い、具体的な改善策を種々考案して、粛々と取り組んでいるという様子です。1つ言うならば、試行錯誤のスピードが早く、人事戦略に関してもPDCAをしっかりまわしているという感じです。

 

 

 

 

 

◯藤枝市の公共経営の考え方・実践が凄い

 

私が今回感銘を受けたのは、この藤枝市の取組みです。「藤枝型公共経営方針」と題して、体系的にこれからの時代の自治体経営のあり方を整理して、「予算・組織・人事」を機能的に連携させている実態でした。これって半ば当たり前かのように思えますが、実際はそこまで連関させて取り組めていないのが実情ではないかと思うんです。「市政の元気は、まず市役所から」という考えのもと、市役所職員を市の財産=人財と位置づけ、日本一の職員づくりを目指しているということです。広報も「戦略的広報」という言葉を使っている点がとても私自身親和性を感じました。「メディア(記者)と仲良くなれ」というのは原則ですね。

 

ちなみに、この藤枝市の北村市長は昨年のマニフェスト大賞(第12回)で最優秀マニフェスト推進賞(首長部門)を受賞されていました(これ、私も失念してたんですけど、そうだったんですよね…)。これは藤枝市の新公共経営・人づくり改革が評価されたものです。

 

 

(引用)https://www.youtube.com/watch?v=M3YaVhzTP3U 2018年10月21日時点

 

 

藤枝市では、私が今小金井市で提案している「キャリアデザイン支援」を具体的に取り組まれています。キャリアデザインシートをもとに、スキルアップ支援から資格取得支援、配置・異動まで連関させているということで、この点についてもっと詳しく知りたいところです…。

 

 

 

 

 

<この分科会での気づき(メモ)>

 

◯採用が最も重要である(組織が求める人材の明確化と、それに合った人材を確保できる手段を。合わない人材はたとえ目標人数に達していなくても採用すべきではない)

 

◯評価は育成とセットで(評価結果を単に処遇反映させるためのものではなく、なぜその評価になったのかの丁寧なFBによる納得性の向上と、研修などへ繋げる育成のフローの構築が重要)

 

◯予算・組織・人事を機能連携させる(組織の目的を実現させるため、その方向性に沿って最適な予算と人材配置を追究する仕組み)

 

◯その他(明石市)「専門職採用の強化(弁護士、福祉職、学芸員、障害者、司書等)」、「シティセールス力向上の研修(若手職員対象)」

 

◯その他(藤枝市)「スペシャル・ジェネラリスト」、「自治体法務検定の積極的活用」、「女性活躍推進会議(フジエンヌ)」

 

 

(引用)藤枝市『スペシャル・ジェネラリスト』イメージ図「http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/shisei/keikaku/SH017/1447731247545.html(2018年10月21日時点)

 

 

 

 

先進事例をみると、小金井市の現状にため息ばかり…。ただし、それだけまだまだできることがたくさんある、という風に捉えています。ご意見よろしくお願いいたします。

 

 

 

【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-4004−5927
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。ご面識のない方でも併せてメッセージを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。