小金井市医師会主催・地域包括ケアシステム構築に向けての勉強会&意見交換会に参加してきました。 | もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

今日は19時から小金井市医師会主催の「地域包括ケアシステム」に関する勉強会&意見交換会に参加してきました。

 

 

小金井市医師会からお声掛けがあったもので、大勢の議員が参加してました。前医師会長であり小金井市地域包括ケアシステム研究会代表でもある斎藤先生から「小金井市の地域包括ケアシステム構築に向けて」のお話があり、続いて同研究会の武市氏から「地域包括ケアシステム“小金井モデル”構築に向けて」と題した現状分析と他市事例の紹介がありました。

 

 

小金井市は要介護認定率が多摩地域でも高いのですが、認定者は軽度(要支援1・2)の方が多く、介護サービス利用率は高いが1人あたりの給付額は低い、という特徴があります。

 

 

ただし、リアルな在宅医療を担当している医師の話によると、重症化してから重度の認定を受けるケースが多いと感じており、医療にかかっていない潜在的な要介護者はもっといるのではないかという指摘もなされていました。医療・介護機関にかかっていない場合は把握もできず孤独死を迎えてしまうこともままあるといいます。

 

 

医師会としてこれまで多職種連携も含め取り組んできましたが、どうも行政側のイニシアティブが感じられないという点が一つの大きな課題であるようです。これは、議会でも感じてきたことですね…。

 

2025年を迎えるにあたり、小金井市という地域の実情に対応した地域包括ケアの仕組みづくりを、どのように構築していくのか?(何を目指すのか?)

(何度この質疑をしたことか…涙)

 

 

このような意見交換もキッカケに急いで作っていかねばなりません。医師会側とこのような場を持つことはかつてなかったとベテランの議員の方もおっしゃっていましたが、とても意義深い会でした。斎藤先生からも「定期的にやりましょう」と言っていただいているので、本当にありがたいですね。

 

 

 

【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-4004−5927
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。ご面識のない方でも併せてメッセージを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

shirai106さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント