一般質問通告しました。→これからの幼児教育・保育のあり方/東小金井をもっとおもしろくするために | もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

2月21日から市議会定例会がはじまります。本日が一般質問通告の締め切りなので、朝イチに提出してきました。

 

 

<平成30年第1回小金井市議会定例会/白井亨の一般質問>

 

1.これからの幼児教育・保育のあり方について  

▶ 「子育て環境日本一」を実現するための施策を進めていく根拠はどこに  

▶ 民営化議論が財政論優先で示されているが、子どもの権利の視点は  

▶ 現状の幼児教育・保育施設への市の関わり方における課題について  

▶ 幼児教育・保育推進のビジョンを策定し、包括的に子どもの育ちの支援へ取り組もう 

 

【質問意図】

市の責任において幼児教育・保育施設は子どもの最善の利益を考えられたものであるべき。子育て支援に関するニーズの多様化と社会状況の変化もあり、今後さらにより良い子どもの育ちの支援を実現するためにも、長期的・包括的な方針が必要ではないか。 

 

 

2.東小金井をもっとおもしろくするために必要なこと  

▶ 市が考える東小金井の役割・位置付け・まちのコンセプトは  

▶ 区画整理後に北口エリアはどんな特色があるまちになるのか  

▶ まちづくり事業用地の今後の活用を考えるにあたって  

▶ 南口エリアが今の商店街の特性を維持しながら発展させていくためにできること  

▶ 東小金井のエリアマネジメントの視点を/それを具体化させるために必要なことは 

 

【質問意図】

東小金井は都市計画マスタープランで「副次拠点」と位置付けられているが、中央線上および小金井市内でのポジショニングやまちづくりの特徴は具体的に示されてはいない。東小金井駅の今の良いところを残し、コモディティ化しないための方策を考えたい。

 

 

 

まだ未確定ですが、私の出番は一般質問2日目・2月28日(水)の10:00〜となることが濃厚です。内容について、ご意見があればよろしくお願いいたします。

 

 

 

 【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-7006-8964
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。ご面識のない方でも併せてメッセージを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

 

shirai106さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント