もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

12月1日からはじまった小金井市議会平成29年第4回定例会が22日にその幕を閉じました。審査結果など、ご報告できていないことを整理して共有いたします。

 

 

最終日(22日)の小金井市議会最終日の進行予定は以下の通りです。最終日にしてこれだけの進行が予定されており「最終日は早めに終わるでしょ」という安易な予想はやはり覆されることになりました。結局、最後の議会報編集部会(市議会だよりの編集会議)を終えた時間は19:40頃。最後まで気が抜けないのが小金井市議会ですね…。

 

 

▶主な議案・陳情書採決結果

 

<議案>

「小金井市生産緑地地区に定めることができる区域の規模に関する条例」、「小金井市自転車等の駐車秩序に関する条例の一部を改正する条例」、「小金井市都市計画税条例の一部を改正する条例」は全会一致です。賛否が分かれた議案は主に2つ。まずは、その1つめをご紹介いたします。

 

 

○地上権設定契約の合意解除に係る和解について(議案第70号)

 

これは、旧福祉会館跡地の市が保有する「地上権」を土地所有者である宗教法人と合意解除するための議案です。合意解除として金額1億6,000万円が設定されており、この金額の妥当性が問われていました。9月段階では先方から提示された金額のみで市は不動産鑑定も行わず合意しようとしていたことに対して、市議会から反発があったことからその議案を取り下げました。市はそれ以後独自に2者の不動産鑑定を実施し、上記金額で合意する議案を提出してきた訳です。

 

この賛否は悩みました。確かに、市議会からの指摘・要望を受け市は2者の不動産鑑定を実施し、金額の算定根拠を明確にしたことで合意解除することに踏み出せます。ただ、総務企画委員会などで指摘されている「そもそも地上権の売却の可能性も調査していない」ことから、市民等から監査請求がなされています。

 

迷った挙句、私は賛成の立場を取りました。その理由は、当初から市長の独断で事務を進めてきたそのプロセスには問題がある(売却の可能性も調査し総合的に判断するべきだった)とはいえ、現在の条件下で最も市民にとって不利益にならない最善の選択肢を取るべきだという判断です。

 

【採決】賛成多数

賛成18

自民・信頼④、共産党④、公明党④、民進党③、こがおも①、改革連合①、こが明日①

反対4

市民自治②、情報公開①、生活者ネット①

退席1

市民会議①

 

 

続きはまた次回。次は、補正予算での「市歌制定」に関する論戦についてご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= 
https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-7006-8964
■こがおもWebサイト= 
http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。ご面識のない方でも併せてメッセージを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

shirai106さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります