そもそも「障害」って何だっけ?→「障害者等研修フォーラム(DET)」を受講しました | もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

今日の午前中はこれに参加してきました。「障害者等研修フォーラム(DET)」。

 

 

これはイギリス生まれの研修で、1990年代後半から障害者差別禁止法の推進のために発展したものだそうです。やはり欧米は早いですね(というか日本が遅いんですよね…)。当事者による当事者目線に立った視点で障害というものを考える、ワーク形式の研修です。

 

 

特徴として、DETのパンフレットに以下の3点が記載されてあり分かりやすいので引用させていただきます。

 

特徴①ファシリテーターとの対話、視覚教材とグループワークを活用したワークショップ

特徴②障害当事者がファシリテーターを担います

特徴③「障害は周りの環境をみんなで変えていくことで解決していける」という意識の変革をもたらせます。

(引用)DETパンフレット

 

 

差別解消に向けて単なる「周知」のためのパンフレット配布で終わるような国ではありませんね、しっかり法に沿った国づくりに向けて人材育成をした上で広めていくという取り組みがさすがです。で、その研修を受けてきました。

 

残念ながらスライドなどはお見せできません。

 

単なる「障害とは」という講義を受けるのではなく、投げかけられた障害に関するテーマについて考え、グループで意見交換をしながら自ら答えを出していくというやり方です。

 

そもそも、「障害」って何なの?

 

こういうことを改めて日常やシーンに照らし合わせると、自分ゴトにしやすいですよね。とても素晴らしい研修でした。

 

 

こういう研修は職員、議員、をはじめ地域に関わるいろんな主体の方を対象にやるといいですよね。あっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

素晴らしい研修、ありがとうございました。研修で終わらせるのではなく、学校や地域の現場で起こっている差別について具体的に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-7006-8964
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。ご面識のない方でも併せてメッセージを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

shirai106さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント