もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

厚生文教委員会の報告第3弾です。

 

所管事務調査の「子どもの人権と教育環境について」に関連して、学校教育施設整備費について調査しています。以前から「小金井市の住民一人あたり教育費」は、多摩26市の中で最低であることが議会内では周知の事実となっていますが、その内容を細分化して分析したいと思い、部局から資料を提出してもらいました。私が自分で調べていた範囲で「施設整備」に関する経費がかなり少ないのではないか?とわかっていたのですが、比較するとそれが明確になりました。

 

◯多摩地域の自治体で比較すると、明らかな「差」

 

 

経年で比較しないとわからないため、3カ年における決算額を表にまとめてもらいました。

「維持補修費」はその名の通り、学校施設(小中学校施設)の維持・管理に要する経費のことで、修繕などの費用も含まれています。「普通建設事業費」は小中学校の改築などの建設事業に要する費用です。工事請負費、設計監理委託料のほか、新たな資本形成に関係する補助金や人件費などもここに含まれるとされます。

 

◯「維持補修費」について

  • 26市平均の65~77%
  • 近隣市平均の47~59%
  • 類似団体平均では75~90%

 

◯「普通建設事業費」について

  • 26市平均のわずか10~20%
  • 近隣市平均の9~30%
  • 類似団体平均の15~32%

 

上記のように、幅は年度によって少し動きがありますが、多摩地域の他の自治体とこの部分で比較すると大きな差があることがよくわかります。

 

「維持補修費」にも他市と比較してお金をかけられていないことは残念ですが、やはり大きな差をうんでいる「普通建設事業費」に関しては、小金井市は平成20年度あたりまでに耐震改修工事をすべて終え、それ以降今に至るまで大規模な施設整備に関する計画を作っていないために投資的経費を使えなかったともいえます。

 

 

◯他市では、学校施設整備の方針や整備計画があり、計画的に改築など進めている

 

例えば、立川市では保全計画や学校施設整備計画など、公共施設全般のみならず学校単位での施設整備の考え方を整理し計画的に進めています。武蔵野市でもいま「武蔵野学校施設整備基本計画」を策定中であることが見受けられます。既に考え方を整理して建替えや改築、複合化など多摩地域の自治体でも色んな動きがみられています。小金井市はその点、遅れていると感じているのです。

 

小金井市では公共施設等総合管理計画を昨年度策定したことを受け、個別計画を策定することになっています。学校施設もそれに該当するため(そもそも文科省から学校施設の長寿命化計画を策定するようにも言われている)、H32年度までに一定の考え方と方針が整理されるものと理解しています。

 

 

◯市全体設計との整合性も必要

 

しかし一方、公共施設マネジメント全体の考え方の中で、小学校区をコミュニティ区と位置付け学校施設の複合化を図る考え方もあります(現段階では私はそれがいいと思っています)。学校施設は市全体の公共施設床面積の約6割を占めるため、個別計画をつくることは必要なのですが、大きな市の考え方と整合性を取らなければなりません。ある意味、ここの整理が将来の小金井のまちのあり方をつくる重要な骨組みだと思っています。

 

 

◯学校施設整備に関する基金は積み立てられていない

 

そしてもう一つ必要なことは、「基金を積み立てる」ことです。今、小金井市は学校施設整備に関する基金は一応存在しますが、ほとんど積み立てられていません。ここも、計画的に今からやっておかないと「財源がない」という話になってしまいます。いま、庁舎と福祉会館にフォーカスされがちですが、私は学校施設と公共施設全体設計のほうにも注目し色々と指摘・提案をしていきたいと思います。今のままで「お任せ」ではいい形になりそうにありませんから・・・。

 

 

 

今回は大きな項目での「差」が際立った訳ですが、まだまだ個別研究ができておりません。ここに大きな課題があることが分かったものですから、もう少し他市の研究を進めつつ、ちゃんと学校施設整備へ必要な投資ができるよう取り組んでいきます。

 

 

【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-7006-8964
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。ご面識のない方でも併せてメッセージを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

shirai106さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります